FC2ブログ

日曜日は熊本へ!

朝5時に起きて、電車とバスを乗り継ぎ、伊丹空港から熊本へ向かいました。
機内には階段で直接乗り込む訳ですが、綺麗なCAさんに迎えられ少し大富豪の気分を味わえます(笑)

さて、小一時間ほどで熊本空港に到着、そこからタクシーで20分ほど走るとHSR九州に到着!
微力ながらサポートさせて頂いている全日本MXライダー、横山遥希選手の開幕戦を観に来ました!

20190418_1.jpg


遥希君は今年からパーク神戸レーシングチームに移籍し、年明けから単身神戸で生活中。

僕の自宅からも30分ほどなので、オフ中に食事をしながら色々話を聞きましたが、
昨年以上に充実した体制に加え、IA1の新井選手とも練習を共に出来るとの事で期待が高まります。

この日も決勝ヒート直前まで汗だくでトレーニングするストイックさ!まさにアスリート!

20190418_2.jpg


これが今年のマシン、Kawasaki KX250。ゼッケンも一新し386番になりました。
え?メリケンオンラインのステッカーがどこにも見当たらないけどって??

遥希君には許可を貰っていましたが、自分としては個人的に応援したい気持ちが大きいので、
ブログやインスタにアップさせて貰えれば十分とお断りしました。カッコいいステッカーも無いし(笑)

20190418_3.jpg


普段は笑顔の優しい青年だけど、レース前のスイッチが入ると途端に集中した雰囲気が漂います。
アルパインスター製の派手なウエアは走っていても直ぐ見つかります!

今回はこの蛍光イエローと赤白バージョンの組み合わせ。

20190418_4.jpg


ヒート1はドライコンディション、ヒート2は終始雨模様のマディコンディション。

去年は勢いがあり過ぎて転倒・・・なんて場面が多く、冷や冷やしながら観ていたけど、
今回は素人の僕が見ても判るくらい終始安定した走りで、見事両ヒート共に1位フィニッシュ!

シーズンオフでのトレーニングが確実に効いているとの事でした。
このレベルになっても練習なんだな・・・と改めて感心。

20190418_5.jpg


そう言えば開幕前にリクエストされていたアチェルビスのフロントとサイドプレート、
表彰台に立ったらお金は要らないよって伝えてたけど、それ以上にいいレースを見せて貰いました。

20190418_6.jpg


次は第3戦の広島に家族で応援に行くので、また闘志みなぎる走りを期待しています!

20190418_7.jpg


その他 | 2019/04/18 23:37

Speed and Strengthの新作は・・・SS900だ!

この週末は絶好のツーリング&お花見日和だったのでは無いでしょうか?
うちの子供達もお友達家族と花見をしていた様ですが、僕はフツーに仕事でした(T T)

さて、今日は久しぶりにSpeed and Strengthの新作ヘルメットをご紹介します!
SS900、数字の順番通りSS700の少し上位に位置するモデルです。

もともとSSは全体的に安価な価格帯で商品を展開しているわけですが、
その中でも米国定価が$109.95と、エントリークラスど真ん中になります。

デザインは全体的に凹凸の少ないスッキリした感じに仕上がっています。

20190407_1.jpg


正面から見ても、癖の無いどっしり安定感のあるシルエットです。

20190407_2.jpg


対する後ろはダクト周りがゴチャっとしています(笑)
フロントダクト入口と比較し、出口の開口部が大きい気もしますが・・・逆よりマシって事で。

20190407_3.jpg


ひとつ気になったのがチンバーにあるベンチレーション。

くシールド内側に空気を流す曇り止めが一番の狙いなんでしょうけど、
ダクトが上方向にしか開いて無く、果たしてこれで綺麗に空気が流れるのかな?

20190407_4.jpg


トップダクトも開閉方法は同じ、小さなシーソー型スイッチでON/OFFとなります。
見た感じワイドに取り込むデザインですけど、内部の空気導入口はかなり小さいです(笑)

きっと速度を出せば風圧でイイ感じの流れが出来るんでしょう!

20190407_5.jpg


内装素材は至って普通ですが、着脱式のノーズガードとチンカーテンが標準装着されます。

この辺りの装備面は以前ご紹介したScorpion EXO-R320と同様で、
米国での定価など、価格的にBELL Qualifierとバッティングするのも一緒です。

20190407_6.jpg


20190407_7.jpg


当然SS900も各部のサイズを計測してみましたので、Mサイズで前述した2モデルと比較してみましょう!

Scorpion EXO-R320 ... 奥行き342mm 幅259mm 高さ267mm 重量1465g
BELL Qualifier ... 奥行き349mm 幅254mm 高さ256mm 重量1490g
S&S SS900 ... 奥行き354mm 幅253mm 高さ262mm 重量1440g

パッと見た感じの通り、Qualiferより天地に長く、R320よりスリムといったところです。
重量は最も軽量ですが、重心位置によっては大差なく感じるかも知れません。

なお、SS900はR320同様にM以下L以上の2シェルなので、最大シェルサイズのXLになると・・・

Scorpion EXO-R320 ... 奥行き355mm 幅267mm 高さ272mm 重量1575g
BELL Qualifier ... 奥行き366mm 幅257mm 高さ267mm 重量1614g
S&S SS900 ... 奥行き367mm 幅263mm 高さ266mm 重量1530g

まぁ重量以外はドッコイドッコイですかね(笑)

しかしながら、3モデルで質感を比較すると、R320>Qualifier>SS900になり、
特にR320とSS900を比べた場合はワングレード分くらいは違いを感じます。

ただ当店での販売価格ではSS900が2000円以上安いので、トータルで見ると良い勝負かな?

最後に気になるフィット感(SSは全体的にタイトなので)ですが、僕がMサイズを試した限りQualifierと同程度、
国内メーカーと比較すれば半サイズほど小さめ、ただし形状は前後に長いオーバルといった感じでした。

これが2XLでも同じ傾向なのか気になりますが、取り敢えずサイズシール貼り間違えた?
と思ってしまう程の極端なフィット感は影を潜め、一安心といったところです。


ご注文はこちらから → Speed and Strength

Speed and Strength | 2019/04/07 23:47

新元号って気になりますか?

いよいよ明日4月1日のエイプリルフールに新元号が発表されますね!
ぶっちゃけ書類に買いたりする時は西暦のほうが使いやすい気もしますけど、
『自分、ほんま昭和やな!』(意訳:貴方って時代遅れね・・・)と言われるのは密かに気に入ってます(笑)

それはそうと、今年の3月は例年になく毎日忙しい日が続いて有難い限りだった訳ですが、
花粉症の暴れっぷりも半端無く、そこに蓄膿(去年気付きました)も加わってティッシュが大活躍しました・・・。

数メーカーから新作も出たりと、お伝えしたい事は沢山あるのですが、
取り敢えず生存確認的な意味も込めて米国SIMPSON製の特注キーホルダーをご紹介します!

最初に販売を始めたのは10年以上前になりますが、地味に売れ続けるロングセラー商品です。
今回追加でオーダーする際に新色としてシルバーを手配してみました。

20190331_1.jpg


実はこれ、SIMPSON製の4点式シートベルトにあるリリースタブを加工したものなんですね!
本来はもう少し長くて裏面にマジックテープが付いてますが、キーホルダー様に仕様変更しました。

20190331_2.jpg


2輪車の場合、金属製のキーホルダーだとステム周りが傷だらけになるので、
ラバーや布系の柔らかいものが好まれると思います。

僕も毎日使うキーホルダーに5年以上使ってますが、未だ破れ等も無く現役。
今回シルバーの1本がリング無しで届いたので、自分で縫って新たに耐久テストします(笑)

20190331_3.jpg


順に見て頂ければお判りですが、何故か赤色だけロゴの書体や長さが異なります・・・^^;
この辺はメイドインテキサスなので次回ロットから統一される事を期待!

20190331_4.jpg


こちらのキーホルダー、今のところヤフオク1本990円にて販売していますが、
シルバーを追加したのを機に、2本目から100円ずつディスカウントさせて頂く事にしました。
例:3本買って頂くと、990円+890円+790円という具合、色は同色でもOKですが4本目以降は全て790円。

ヘルメットに関しては『下取りでのサイズ交換システム』など、他の業者さんに色々真似されてますが、
流石にこのキーホルダーは唯一無二のオリジナルで販売し続ける事が出来そうです(笑)


ご注文はこちらから → ヤフオク出品一覧

パーツとか | 2019/03/31 18:22

Lucky Daves LD88209TGO 1982-2000 FXR

このLDロゴが輝くFXR、先日ヤフオクでLucky DavesのFXR用シートを落札されたお客様のマシンです。
ご丁寧にシートのインプレも送って頂いたので、許可を得た上でご紹介したいと思います。

---ここから---

早速取り付け朝からひとっ走りしてきましたので、簡単なインプレを。

取付は何の問題もありません。非常にしっかりしており、縫製・裏の止めも高品質です。
座った感じは、腰回りのサポート感がスバらしい!
座面も広く表皮の問題か非常に滑りにくく、とにかく快適です。
以前はラペラのスムースシートをつけていましたが、
それに比べると前側が広いせいで若干足つきは悪くなりました。
まぁ気にするレベルじゃないですけどね。

非常に満足できる買い物でした。ありがとうございました。

---ここまで---

うーん、まさに絶賛ですね!ラペラも扱っているので微妙な心境ですが(笑)、
以前からLDのシートは高品質だと書いていましたので、それが裏付けされた様で嬉しいです。

色々な角度から撮影して下さいましたので、検討されている方はポジションなどの参考にして下さい。

惜しむらくは直接連絡して頂ければ、あと数千円はお安く買って頂けた事でしょうか・・・^^;
在庫しているパーツなども当店の公式サイトで購入出来る様に検討します!

※余談ですがチラッと写っているTBRのComp-S Exhaustもお安くご提供出来ます(笑)

20190318_1.jpg

20190318_2.jpg

20190318_3.jpg

20190318_4.jpg


ところで丁度このシートを発送した先週末、
他のお客様からFXR純正の横開きに対応しているか問い合わせがありました。

今夜にでもLucky Davesへ確認するつもりでしたが、この点についても親切に画像を送って頂きました!

お客様の解説によると・・・

1枚目の様に跨って右側にヒンジ部分の逃げがある。

20190318_6.jpg


2枚目にある4箇所のボルトはヒンジとロックを取り付けるためのもの。

20190318_5.jpg


3枚目、シート前方の差し込みも横開きにした際、車体に干渉しない高さ。

20190318_7.jpg


4枚目の後部固定用ステーはリベット留めでは無いので、横開き時は取り外せる。

20190318_8.jpg


という感じで、細部に亘ってシッカリした作りである事がお判り頂けると思います。

もちろんシート以外のパーツ類も全てお取り寄せしますので、
興味のある方はLucky Davesの公式サイトでチェックしてみて下さいね!

パーツとか | 2019/03/18 22:24

BELL Moto-9 FLEX Fasthouse WRWF Matte/Gloss White/Red/Black

長い!タイトルが長すぎるぞ!

と言う事で、昨年7月にSeasonal Lineとしてリリースされ、
当店がストック分としてオーダーしていたMoto-9 FLEX Fasthouseが入荷しました!

もう8ヶ月前の話なので、僕も注文した事を忘れかけていましたが・・・(笑)

デラックスヘルメットバッグから取り出すと、マットホワイトに派手なグラフィックが想像以上にカッコいい!
レギュラーモデルとしてラインナップされているブラックバージョンとは一味違う仕上がりです。

20190304_1.jpg


白・黒・赤の3色しか使っていませんが、存在感は半端無いです!

20190304_2.jpg


Fasthouseの赤文字はややグロスっぽくプリントされ、ホワイトとのコントラストが美しい!

20190304_3.jpg


真上から見るとこんな感じで・・・

20190304_4.jpg


ブラックのバイザーも付属していますので、ダークな気分の時はこちらにチェンジで(笑)

20190304_5.jpg


あと、Fasthouseと言えば、先日おっきな傘を2本買って、1本は自分用に使っているのですが、
残り1本余っているので希望される方が居ればコミコミ4000円でお譲りします!

ただ・・・雨が殆ど降らないカリフォルニアのメーカー故か、作りは気絶するほどチープです^^;
僕が使っているものは5回目くらいで途中の関節が2箇所も粉砕骨折しました・・・(T_T)

流石に勿体無いので、近いうち修理する予定ですが・・・この点は予め覚悟してて下さい(笑)

20190304_6.jpg


もちろんMoto-9 FLEXはそんな事ありませんのでご安心を。
なお、この限定モデル、メーカーでも在庫ゼロなのでFasthouseフリークの方は是非ご検討下さい!


ご注文はこちらから → BELL Helmet

BELL Powersports | 2019/03/04 23:19
« Prev | ホーム | Next »