FC2ブログ

ARPってご存じですか?

ロサンゼルスから小一時間ほど、ベンチュラという町にあるレース向けの老舗ファスナーメーカーがARPです。
ファスナーといっても僕がトイレで閉め忘れるやつではなく、いわゆるボルトとかナットの類ですね。
ベンチュラは親切な人が多いイメージで個人的に大好きな街のひとつです。

ハーレーダビッドソンでも純正オプションのスクリーミンイーグルのパーツにセットされていたり、
アメリカの有名カスタムパーツにARPの12ポイントボルトが付属してきたりするので見た事もあると思います。
当店おススメ、Thrashin SupplyのライザーやフットペグにもARPの12ポイントボルトがセットされてますよ!

現地のカスタムショーなどでもARP装着率は結構なもので、実際見た目の雰囲気もかなり変わります!
という事で、当店でも手始めに現行ソフテイル用をキット化して販売する事にしました。

勘の鋭い方はお気づきかと思いますが、明るくライトなハーレー生活を目指す当店としては、
ブラックアルマイトのスチールボルトではなく、ポリッシュされたステンレスのファスナーキットを推していきます(笑)

さて、ここで何点か気になるポイントが出てきます。
ご存じの方も多いと思いますが、基本的にアルミエンジンにステンレスボルトは相性が良くありません。
理由は大きく3点ほどあると思いますが・・・
その1 ステンレスボルトは強度が低くエンジン回りには向かない
その2 アルミとは電位差があり、電蝕でアルミ側が腐蝕しやすい
その3 ステンレスは熱が入った際の膨張率が大きく『カジリ』が起きやすい
といったところでしょうか。

でも大丈夫~!今回ご紹介するARPのファスナーキットは下から2番目のGrade8と呼ばれる素材ですが、
それでも引張強度は150,000psi、鋼製ボルトの強度区分でいうところの10.9相当で、
そこらのホームセンターで売ってるステンレスボルトとは雲泥の差、カバー類には十二分の強度でしょう!

また電蝕についても調べましたが、エンジンに対するボルトの面積が小さいため、さほど影響は無いと思われます。
良くステンレスのシンクに鉄釘を置いたら速攻で錆びた・・・みたいな例が出ますが、面積比で言えば寧ろあれの逆です。

最後のカジリですが、これが一番気になる部分かも知れませんね。
対策として、日本が誇るケミカルメーカー、WAKO'Sさんのスレッドコンパウンドを塗ってもいいと思いますが、
折角なので当店ではARPから販売されるARP ULTRA-TORQUE(0.5oz)をセットでお付けします!

ARPのカタログによると・・・ARP ULTRA-TORQUEをネジ部に塗布する事で、
締め付けトルクの安定化、焼き付き・かじりの防止、錆や腐蝕の防止、などが期待できるとの事・・・。
カリフォルニアなんかとは湿度も違うので一概には言えないと思いますが、これで概ね問題はクリア出来るでしょう!

ハーレー用のARPファスナーキットも現地のパーツメーカーやショップオリジナルとして販売されていますが、
まだ日本では馴染も薄いと思いますので、当店のキットは一工夫してお届けします!
・ボルトは当然ポリッシュ仕上げ、ご希望であれば頭のロゴを削ったカスタムショーバージョンも手配可能!
・安心のARP Ultra-Torqueと、参考にして頂く各部位の締付トルク、締め付け順序を記載した説明書きを同梱!
・あと何といっても価格が安い(はず)!

20200223_1.jpg


今回のキットは現行ソフテイルのナロープライマリーカバー用で、交換部分は写真の黄丸が付いた合計79本。
他にエンジンケース、フェンダーサポート、ブレーキローター、プーリー回りもラインナップさせる予定です。
他モデル用やスチールのブラックアルマイトも検討していますので、ご希望があればお知らせ下さい。

20200223_2.jpg


基本的にトルクレンチさえあればDIYで施工可能なので、少しづつ仕上げていくのも楽しいと思います。
ロッカーカバーだけはタンクを脱着する必要がありますが、もし判らなければメールか電話でお問い合わせ下さい。
出来ればスレッドチェーサーで各ネジ穴を掃除すればより安心なのですが、この辺は個々の判断にお任せします。

20200223_3.jpg


なになに?たかがボルトごときに数万円も出せない?うーん、それもまたごもっともです(^^;
そんな貴方には当店が自信を持ってお勧め出来るオリジナルのARPボルトキットをご用意しました!

20200223_4.jpg


それがこちら、ARPの12ポイントポリッシュ仕様のナンバープレートボルトキットです!
サイズは日本で使われているM6x12mmの短めサイズに盗難防止仕様の特殊ナットをセットしました。
このナットは締付けていくと10N・m前後で上部の六角部分が分離し、その後は専用工具でしか外せなくなる仕組みです。

20200223_5.jpg


外れないと言っても、これくらいのトルクなら頑張れば手持ちの工具で何とかなると思います(^^;
それでも無理な場合、近くの修理工場に持ち込んで頂ければ『ブルッと』一瞬で外して貰えるでしょう!

20200223_6.jpg


ナンバープレートは後ろから常に見られる部分なので、アクセントやナンバーの盗難防止に如何ですか?
もちろん2輪車ならほぼ全車種に取付可能なので、アメリカ好きな方なら原付からハーレーまでおススメです。

ショップやディーラーさんが納車記念にプレゼントされるなんてのもイイと思います。
気になる価格は送料・消費税込みで2200円、これもかなり頑張りましたので是非ご検討下さい!


ご注文はこちらから → Meryken's Choice



スポンサーサイト



パーツとか | 2020/02/24 21:16