FC2ブログ

BELL Eliminator Carbonが戻って来ました!

先月の渡米時に被っていたBELL Eliminator Carbon、嵩張るので送る様に手配していたのですが、
今日になってようやく手元に戻って来ました。

Eliminator自体は以前にブログでご紹介したので細かいスペックは省かせて貰うとして、
今回すごく気に入って暫く使おうと思った最大のポイントは何と言っても軽さ!

さっき測ってみましたが、Mサイズで1305gしかありませんでした・・・これはちょっと凄い!
ただ、カーボンでは無いノーマルバージョンでも1365gだったので、その差は60g。

価格差は今の当店販売価格で2万円もあるので、これってどうなんでしょ?笑
ただ、付属のダークスモークシールドは6400円で下取りしていますし、
後述するデラックスバッグも3000円くらいで買い取れる様にするつもりです。

そうなると価格差は1万円。
それを軽さと少し目の粗いカーボン柄に払うと思えば納得出来る・・・かな?

20190717_1.jpg

20190717_2.jpg


その辺の価値観は個人差と言う事にし、実際に被ってみて気に入った点とイマイチな点を挙げてみます。

まず地味に嬉しいのがチンストラップカバーがホックで着脱出来る事。
これ内装を洗う時に凄く助かりますよね。ある程度の金額出して縫い付けてあるとガッカリします^^;

それとストラップ先端の強力なマグネット。
ダブルDリングに通し、適当にぷらぷら動かすとビシッ!と固定されます。超便利!

20190717_3.jpg


対してこりゃイマイチだなと感じた点も何箇所かあり・・・

まずはこのシールドピボット部分。サイズ違いの六角ナットを左右で計4箇所も緩める必要があり、
頻繁にシールドを交換したい人には億劫以外の何物でもありません。

ただ、ここをワンタッチ式にしたりするとコストと重量増につながるので、
割り切った感じが何ともオトコらしいと無理やり納得させましょう。

20190717_4.jpg


第二のイマイチポイントは開閉機構が一切ないベンチレーション。
これ、暑い時期はイイんですけど、雨や寒い時期、コンタクトの人は最悪だと思われます・・・。

しかしこれも重量増を嫌った結果に過ぎないのだと、只ひたすら耐えるのみ!忍耐!

20190717_5.jpg


もう1点はこの凹凸の激しい内装形状。僕なんて髪の長さが3mmくらいしかないのに、
小一時間ほど被っただけで、脱いでみたら完全にトラ刈り風に仕上がっていました・・・笑

だがしかし!バイクに乗って髪型を気にするなど、日本男児として恥ずべき行為!
という時代錯誤な理由で、これまた無理やり納得させれば万事オッケイなのです。

20190717_6.jpg


と言う事でネガティブポイントは全て軽量化のため、
ひいては貴方の快適なバイクライフに繋がる要素ですので、全て見なかった事にしましょう。

でも僕が買った個体、黄色い丸部分のクリアが浮いちゃってました・・・(T_T)
6万円も出してコレ?まぁクリアも軽量化のため極限まで薄く吹いているんでしょう、多分。

20190717_7.jpg


ところで先に記載したデラックスバッグがこちら。
パッとみた感じオシャレな感じなんですが、上面にバカでかい書体でEliminatorって入ってます^^;

取り敢えず後から1円スタートでヤフオクに出してみますので、
その落札価格を元に下取り金額を決定したいと思います。3000円になれば御の字かな?

20190717_8.jpg


とまぁ、どちらかと言えばネガティブ要素が勝るインプレでしたが、色々割り切れる方にはお勧めの一品です。

ベンチレーションに関しては適当なスポンジでも詰め込んだら何とでもなる様な気もします。
内側から穴を埋めるキットが販売されそうな予感もしますが・・・。


ご注文はこちらから → BELL Street Helmet

スポンサーサイト
BELL Powersports | 2019/07/17 20:37