果たしてアリゾナバイクウィークとは(最終回)

まだアリゾナの話してるのかって感じですが、ようやく今回でオシマイです^^;
というか、前回で既にカリフォルニアへ戻って来ているので、大した話では無いのですが、
今回1000マイル走ってみて感じたのは、思いの他アメリカの道も楽しいなという事・・・。

確かに一部の区間以外、真っすぐな道を延々走る感じで間違い無いのですが、
それがまた雄大な景色と相まって、人生について(笑)色々考える時間を与えてくれた気がします。

なので、走りながら是非日本のお客さんにも経験して欲しいなと思った次第です。
確かにアメリカと言えば最も身近な外国のひとつだとは思いますが、
いざ現地でハーレーを借りて走るとなると・・・慣れた方以外は身構えてしまいますよね?

流石にアリゾナ行きとかは簡単にお勧め出来ませんが・・・、
例えばラスベガスでマシンを借り、ブログでも紹介したラフリン経由でオートマンへ行き、
そのままランチでも食べてラスベガスに戻ってくるなんてコースだと日帰りで楽勝です。
ラスベガスを出れば交通量も少なく、アリゾナ州に入れば夢のノーヘルライドだって体験出来ます!

いやぁ、ラスベガスまで行くのはちょっと・・・という場合なら、ロサンゼルスを出発地にし、
早起きしてロングビーチのスワップミートへ行ってお宝探し(もちろん日本までの配送も手配します)、
午後からは少し南のサンティアゴ・キャニオンにあるCook's Cornerというバイカーズバーでランチなんてどうですか?

という事で思い立ったが吉日、帰国する朝、早起きしてCook's Cornerに行ってみました。
ロングビーチに寄らなければLAXから60マイル、1時間ほどの丁度いい距離感です。

平日の早朝だったのでお店も閉まっているし、ちょっと曇り空で写真写りがイマイチですが、
ココをクリックして写真を見て頂ければ実際の雰囲気も判ると思います。

20180606_1.jpg

20180606_3.jpg


もちろんこのコースは一例で、例えばベンチュラ方面にあるカマリロのアウトレットへ行ってみるとか、
パームスプリングスのロープウェイに乗る、ただひたすらPCH沿いを流すなんてのもアリでしょう。

そう言えば10年ほど前、マリブから山側入るワインディングロードを走った記憶があるのですが、
途中のレストラン、Rock Storeだった様な・・・?記憶があいまいですが、ここらへんも良さげです。

ただ、ロサンゼルス市内のフリーウェイは殆どの時間帯で渋滞に嵌ってしまい、
運転も荒っぽいので、あまり走り慣れていない方は疲れてしまうかも知れません。
なので、僕の一押しルートはやはりラスベガスからオートマンでノーヘルかな?(笑)

という感じで、もし興味がある方が居れば、遠慮なくお声掛け下さい。
もちろん僕が案内する訳ではなく、現地在住の信頼出来るガイドを紹介する形になるので、
ロサンゼルスへ旅行する機会に、1日か2日だけ軽く走りたい。なんて感じでもOKです。
※旅行会社では無いので、最低限、行き帰りの飛行機はお客様で手配して頂く事になります。

学生さんの卒業旅行に組み込んで貰ったり、お仕事ついでに1人でフラッと体験ライドも可能ですが、
ガイドを付けるという性質上、人数が少なくなると単価が上がってしまいます。
なので、出来れば人数は最大3人くらいまでで、大型バイクを緊張感無く乗りこなせる事が条件です。

とにかくハーレーには興味が無くても一度はバイクでアメリカを走ってみたい!
そんな気持ちさえあればきっと満足して貰えると思うので、
いつものバイク仲間と時間が取れそうなら是非検討してみて下さい!

来年のアリゾナバイクウィークでもいいなら僕もお付き合いしますよ?(笑)

スポンサーサイト
カリフォルニアの話 | 2018/06/06 22:19