FC2ブログ

ちょっと珍しい車体届いてます。

2月は季節外れの暖かい週末が続きましたね!
僕も長女と淡路島へプラっと走りに行ったのですが、その際も沢山のライダーとすれ違いました。
※みなさん結構な割合で手を振ってくれて、如何に僕が爽やかなハーレー乗りなのかを再確認出来ました(笑)

それはそうと、以前から言い続けてる販売分のFXRPですが、来週頭にはエンジンが掛かり、そのまま来月頭のフロリダバイクウィークに出展してから日本へ送るため、到着は4月頃になりそうです。

Twitterでは写真もアップしていますが、詳細な仕様はフロリダバイクウィーク後にしようと思ってます。
※エンジン回りも現代っぽくブラックで統一されていて、かなり万人受けする仕上がりです!


さてさて、今回ご紹介するFXRも中々レアな車体です!
1台目は1991年式のFXRT、いわゆるツーリングモデルで、このRTとRP(ポリス)はFXRの中でも人気車種です。

特徴的なフロントフェアリングは、そこそこボロボロでもアメリカで2000-3000ドルくらい、クラムシェルタイプのバッグも綺麗な個体はフェアリングと同じくらいの価格で取引されています。
※相場はこの記事を書いた時点のもので、今後も下がる事は無いと思います。

あと、こちらのバイク、塗装などもかなり良い状態をキープしているのですが、オーディオ類がスピーカー・ハンドルコントロールのスイッチを含め全て完璧に動く稀なコンディションです。

幸か不幸か、LAで回送中にシフターのリターンスプリングが折れて(やや持病)しまい、先日当店の契約メカにより、ミッション全バラで交換しましたが、プライマリー・クラッチ・ミッション周りの程度も非常に良く、かなり丁寧に扱われていたものと想像出来ます。

現状ではサイレンサーが交換されている程度のほぼオリジナル状態ですので、この程度を維持したまま乗って頂けると、今後も金額面でマイナスになる事はほぼ無いとお考え下さい。

恐らくFXRTは指名買いのお客様に限られると思いますので、お探しだった方は是非現車を確認して下さい。
このままでも普通に走りますが、もちろんご予算に応じた納車前整備もお安く確実にお受けします。

20210226_1.jpg

20210226_2.jpg


そして2台目のFXRですが、1999年式のFXR2、ストーンコールドブルーと呼ばれる限定車です。
現在のハーレーにはCVOと呼ばれるメーカーカスタムモデルが存在しますが、何を隠そう初めてのCVOがこのFXR2になります。

1994年にFXRが生産中止になって数年、倉庫に数百本のFXRフレームが余っている事が判り、急遽CVOモデルとして再生産したなんて噂もある様ですが、真偽のほどは定かではありません(笑)
※この話、当店の契約メカに聞いたのですが、フレームが倉庫に数百本も眠ってたとか、アメリカだったら有り得るなと密かに思ってます。


20210226_3.jpg


このCVOはFXR3→FXR4と続くのですが、このFXR2のブルーが270台前後と最も生産台数が少ないレアモデルになります。
もちろんFXR2自体はそこまでレアでも無いのですが・・・何が凄いってこのFXR2は本当にピカピカでして・・・買った僕が一番驚いています(^^;

手を入れている部分も前後ウインカーを取っ払ってHooker製のエキゾーストパイプが入っているくらいと、如何にもお金持ちが数台目に買って見た感が出ています。
CVOの証となる各部のクロームパーツもツルツルキープで、20600マイルという少なめの走行距離も実走値だと思われます。

このFXR2ですが、1999年という高年式のエボリューションモデルでピカピカの限定車と、なるべく手を入れずオリジナルのまま乗りたい方には最高の車体だと思います。

なになに?このブルーが気に入らない?
そういう方は前後フェンダーとタンク、サイドカバーだけ好みの色に載せ替えてしまい、オリジナルは手放す時まで保管しておいて貰えればバッチリだと思います。

20210226_4.jpg

マニアックなFXRTは既に何件かお問い合わせを頂いていますが、如何せん高額なので中々悩まれるところだと思います。
ただ、FXR2に関しては現行のソフテイルが新車で買えるレベルですので、少しでも気になった方は遠慮なくお問い合わせ下さい。

大げさな話では無く、このレベルの車体は今後そうそう見つからないと思います・・・。

スポンサーサイト



モーターサイクル売ります | 2021/02/26 23:11
 | ホーム | Next »