FC2ブログ

もうサイズで悩まない?Speed and Strengthの新作登場!

Speed and Strengthはメーカーからも良い条件を頂いていて、当店でも推しているブランドなのですが、
今年から生産・販売体制が大幅に刷新され、今秋を以て全てのモデルが新型へと入れ替わりました!

ラインナップも簡単明快になり、エントリーモデルのSS900、インナーシールドが内蔵されたSS2100、
フロントオープン構造のSS4100、ファイバーコンポジットシェルを採用したハイエンドモデルのSS5100です。

先行販売されたSS900は当店でも現物を確認していましたが、
紆余曲折あり、ようやくSS2100とSS4100をご紹介出来るようになりました!

まずはSS2100から・・・画像はSolid Speedと呼ばれる単色モデルで、Satin Blackをピックアップ。
サテンブラックの名前が示す通り、一般的なマットブラックより気持ち光沢がある様に見えます!

20191031_1.jpg


全体的にフラッシュサーフェイス化されたデザインで、開口部もアーチ状に湾曲した今時のシルエットです。
マット系は汚れの処理が面倒で、流行りも長くは続かないかな・・・なんて思ってましたけど未だ人気衰えず。

20191031_2.jpg


内装も肌触りの良い起毛素材で、ブレスデフレクターやチンカーテンも標準で装備されていますよ!

あと昨年までのモデルはカラーシールドのラインナップが少なかったのですが、
これも改善され、ライトスモーク・ダークスモークの他、ミラー系もシルバー・ゴールド・ブルーの3色が設定されました。

単色モデル(特にブラック系)は何色のシールドにしても違和感が無いのも魅力ですね!

20191031_3.jpg




さて、もうひとつのモデルがフロントオープンタイプのSS4100。
今回撮影したのはSS4100 LogoのSatin Black、そのまんまSSのロゴ入りですね^^;

もちろん真っ黒仕様のSolid Speedもラインナップされています。

20191031_4.jpg


後ろ姿も中々精悍でカッコいいと思いませんか?

シールド後端で操作するSS2100とは違い、SS4100のインナーシールドは下部のスライドレバーで操作します。
開閉側の両端で軽く固定されるレバーはサイズも大きく、グローブのままでも操作し易くなっています。

なぜ赤色にしたのか気になりますけど・・・(笑)

20191031_5.jpg


チンバー先端の赤いノブを引けばフロントオープン。
もちろんブレスデフレクターとチンカーテン付きです。

20191031_6.jpg

参考までに各Mサイズの実測サイズを掲載しておきます。
SS4100 Size:M 奥行き358mm 幅262mm 高さ266mm 重量1655g (参考価格27000円)
SS2100 Size:M 奥行き373mm 幅255mm 高さ275mm 重量1550g (参考価格24000円)

両モデルとも、この価格帯の商品としては平均的な外形サイズだと思います。

SS2100の奥行きが長いのはリアスポイラー部分だけで20mmくらい飛び出しているからで、
実際に見ると幅もスリム、上から見ると後ろにかけて絞られたティアドロップデザインが渋いです!


また何より驚いたのはフィット感が大幅に改善され、国内メーカーと大差ないものになった点です!
前型はどのモデルもワンサイズ・・・サイズによるとツーサイズくらいタイトで、お客様にはかなりご迷惑をお掛けしました。

当店からもメーカーのプロダクトマネージャーへはこの点を改善してほしいと繰り返し伝えていたのですが、
こういった意見が新作に取り入れられたのだとすれば当店としても嬉しい限りです。

あと、以前のモデルは他メーカーに比べてベンチレーションスイッチのクリック感が甘く、
ここを向上させるだけで随分印象が良くなりますよ!という点も意見していたのですが、
今回ご紹介した両モデルでは感触はもとより、ストロークも大きく、個体差も僅かで相当良くなりました。
※日本人の細かい感覚は参考になると聞いていたので、これも偶然じゃ無いかも知れません(笑)

まだ全体的にグラフィックも少なめですが、今後の展開にも期待したいところです。
もちろんウエア類も全てお安く手配出来ますので、興味がある方は遠慮なくお問い合わせ下さい!


ご注文はこちらから → Speed and Strength

スポンサーサイト



Speed and Strength | 2019/10/31 21:29
 | ホーム | Next »