FC2ブログ

Scorpion EXO-R320、BELL Qualifierと比べると・・・

前回のブログでお知らせしたScorpion EXO-R320が早速入荷しました!

ScorpionのRシリーズはインナーシールドを内蔵しないシンプルなフルフェイスヘルメットで、
頂点がレースシーンでも見かけるR2000、次にコンポジットシェルのエントリーモデルR710、
そしてポリカーボネイト製シェル+Snellを取得済みのR420、最後がR420からSnellを省いたR320となります。

当店一番人気のBELL Qualifierと価格帯的に被るので、さっそく両者の比較をしてみる事にしました。

今回比較対象としたのは両モデルのMサイズで、まずはいつものスリーサイズ測定から!
Scorpion EXO-R320 ... 奥行き342mm 幅259mm 高さ267mm 重量1465g
BELL Qualifier ... 奥行き349mm 幅254mm 高さ256mm 重量1490g

何れも計測誤差等ありますが、R320が少し丸っこく、重量は軽めという事になります。

20190121_1.jpg


グラフィックや細部の質感はQualifierより良く出来ている様に思いますね。
トップベンチレーションの開閉スイッチが少々硬めですけど、むしろハッキリ判って良いと思います。

20190121_2.jpg


下がEXO-R320の正面画像になりますが、顎にかけて少し絞り込んだデザインが影響してか、
やや寸胴型のQualifierより幅が目立ちますが、お陰でフィット感ではアジア人向きに思います。
ちなみにこのシルエットはR2000なども同様で、きっとScorpionの方向性なのでしょう。

20190121_3.jpg


ただ、EXO-R320がQualifierより優れているポイントもいくつか見られます。
例えば下の画像にあるノーズガードやチンカーテンが標準で装着(Qualifierは別売り)されていたり、
シーソー型のシールドロッキングシステムもロックと換気モードが付いた上級仕様だったりします。

20190121_4.jpg


20190121_5.jpg


更にこのクラスでは珍しく、チンストラップカバーがスナップで着脱可能なのも好印象。
写真はチンカーテンにピントが合ってますが、ストラップ下に赤いホックが見えると思います。

この部分はチークパッドに次いで汚れる部位なので、取り外して洗えるのはポイント高いですね!
他メーカーではそれなりのグレードでも縫い付けられている事が間々あります・・・^^;
※着脱不可のストラップはビンなどにお湯と洗剤を入れて浸け洗いするとイイですよ。

20190121_6.jpg


参考までに下がBELL QualifierのMサイズの画像です。
こうして見比べるとQualifierのほうがスマートなシルエットに感じますね!

20190121_7.jpg


内装の質感はEXO-R320がメッシュの細かい生地なのに対し、
Qualifierは一昨年のマイナーチェンジで粗めの生地に変更されています。
この辺りは好みによるところが大きいですが、肌触りが良さそうなのはScorpionですね!

20190121_8.jpg


あ、そうそう、まだ少しR320のマイナス面が残っていました。
まずはシェルの構成、Qualifierが下から2サイズ毎の3シェルなのに対し、
EXO-R320はM以下L以上の2シェルになる点。参考にXLサイズのサイズも載せておきます。

Scorpion EXO-R320 ... 奥行き355mm 幅267mm 高さ272mm 重量1575g
BELL Qualifier ... 奥行き366mm 幅257mm 高さ267mm 重量1614g

更にもう1点、R320は交換用のシールドがクリアとダークスモークしか無い事(笑)
これは痛い・・・痛すぎる!流石にミラーシールドもラインナップされると信じています・・・。

取り急ぎトップ画像のMoto FinkとQualifierには設定が無いSolid Whiteが入荷していますが、
自分的には中々おススメ出来る商品だと思うので、近いうちMatte Blackあたりも手配する予定です!


ご注文はこちらから → Scorpion EXO

スポンサーサイト



Scorpion | 2019/01/21 18:29
 | ホーム | Next »