BELLの超お買い得モデル入荷!

いやー、気が付くと8月も終わりですね!夏バテのせいにしてブログもご無沙汰してました・・・汗
次回は10月の頭に渡米するので、出来るだけ2018年モデルに入れ替えておきたいところですが、
この調子ではどうなる事やら・・・でも明日から子供達の幼稚園も始まるので規則正しいリズムで頑張ります!

さて、BELLの2018年モデルの中でも特に気になっていたお買い得モデルが先行入荷!
今回ご紹介するモデル、そもそも今年頭のSeadonal Lineでリリースされていたのですが、
僕がうっかりしていて案内に気付いてませんでした・・・^^;

そのモデルとは、Qualifierの上位モデル、Qualifier DLX、箱まで黒いグラフィック名はズバリBlackout!

他のQualifier DLXは定価$119.95もするTransition Photochromicが標準装着されていて、
Photochromicシールドが不要な人からするとお買い得感の欠片もない組み合わせでしたが、
このBlackoutは通常のクリア以外にダークスモークが付属するというコンセプトぶれまくり仕様です。

ダークスモークシールドを付けた真っ黒仕様は確かICONのAlliance Darkが最初だった気がします。
その次にSpeed and StrengthがSS1310 Under The Radarを出し、当店ではこのBlackoutが最後発。

20170831_1.jpg


それでは具体的にどこが超お買い得なのかを説明しましょう!

まず下の写真はスタンダード仕様のQualifier Matte Black。
すでに超ロングセラーのド定番になりつつあります。

20170831_2.jpg


そしてこちらがQualifier DLX Blackout。
一見して判るのはフロントの額部分に追加されたベンチレーションですね!
あとロゴも濃いグレーで大きさも異なります。

20170831_3.jpg


そして下の画像がスタンダードなQualifierの内装です。
昨年途中ごろからメッシュが粗くなって快適性がアップしたような気がしますが至ってシンプル。

20170831_4.jpg


対するQualifier DLX Blackoutの内装がこちら。
チークパッドなど肌が触れる部分がスエード調で、快適性は兎も角、少なくとも見た感じはグッド!

さらに黄色で印をつけた前方2箇所、オプション設定されているノーズガードとチンカーテン。
定価だと2点で$20弱、当店でも常時ストックしていますが2点で4000円弱するのに標準装備!

20170831_5.jpg


あとは左側面にSenaかCardoの通信デバイスを取付られるポートが開けられていて、
このベースキットも別売りでラインナップされています。

20170831_6.jpg


で、最後に定価$39.95(今のレートで7000円)のダークスモークシールドが付属。

20170831_7.jpg


3点の付属品だけでも1万円以上になるのに・・・なーのーにー!
販売価格は定価で$40アップ、当店でも4000円プラスの超特価!
これで付属シールドを80%で下取りするとスタンダードのQualifierより安くなってしまいます・・・

と言う事で今のところ下取りサービスは検討していません。
いやはや、これは完全に価格設定がオカシイですね(笑)

当店的には大人気だったQualifier Momentumが2色とも廃盤になってショックでしたが、
2018年モデルを追加する暫くの間、このBlackoutがその穴を埋めてくれそうです!


ご注文はこちらから → BELL Helmet

スポンサーサイト
BELL Powersports | 2017/08/31 22:54
 | ホーム | Next »