Scorpionも更新完了!

先週の夏期休業中はお客様にご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでした。
さっそく日曜から来客2件に出荷でドタバタと、束の間の現実逃避モードでございました^^;

そんな中、新作への入替えと価格改定も夜な夜な進行中で、今日もScorpionが更新完了です。
これで好評を頂いている『逆バズーカ』割引の適用も、今日現在で残りThorとHJCだけとなりました!
両メーカーも順次更新作業に取り掛かりますので、それまでは『逆バズーカ』の合言葉をお忘れ無く。

さて、そのScorpionですが、新たに加わったのは新グラフィックが数種類だけです。
写真にあるブルーのグラフィックはRシリーズのミディアムレンジ、EXO-R710 Fuji。
Fujiって富士山の事だと思うのですが、青い色目以外には関連性を見出せません(笑)
銭湯の壁面みたいな富士山を外国人の感性で描けば面白いのに・・・何故か色違いで黄色もあります^^;


20160823_1.jpg


次はR710の下に位置するエントリーモデル、EXO-R410から2グラフィック。
まず初めに赤いグラフィックがKonaで、他に色違いで紫がラインナップされています。

Konaと言えば、以前アフリカバイクって自転車が欲しかったんですけど、見事にどうでもイイ話ですね。

20160823_2.jpg


R410にもうひとつ、Convoy。コンボイはトレーラーを引っ張る、あのコンボイかな?
初めてアメリカに行った時、フリーウェイでギンギラの巨大なコンボイから、
画に描いた様なマッチョなドライバーが片腕出してるのを見て、妙に感動した事を覚えてます(笑)

こちらもコンボイを連想させるものは皆無ですが、画像の他に蛍光イエローの計2色がラインナップ。

20160823_3.jpg


最後はダートヘルメットのエントリーモデルとなるVX-35にFinnexシリーズが追加。
Finnexって調べても解りませんでした。単なる造語なのか、気持ち女性っぽいグラフィックで、
画像のピンクの他に、蛍光イエローとシルバーの全3色から構成されています。

最近は他メーカーでもピンク色のダートヘルメットが人気ですが、男性の方も多く注文されていますね。

20160823_4.jpg


とまぁ新作はこれだけなのですが、僕がビックリしたのはココからなんですね・・・。
なんとレーシングモデルのハイエンドシリーズ、EXO-R2000が大幅プライスダウン!

もう以前購入頂いたお客様には平身低頭せざるを得ないレベルでして、
円高による価格見直しも加わり、画像のバウティスタレプリカが40000円。
ソリッドカラーなら36500円で、おまけに全てダークスモークシールドが付属しています。

このプライス、仕上がりから考えると当店でブッチギリのコストパフォーマンスです!
僕も本気で欲しいのですが、バウティスタレプリカでアメ車ってのも何だか妙だし、
ひとつハデハデなTagger DesignのEnsenadaいっとくかな?ちょっと悩んでみます。。。

20160823_5.jpg


そうそう、同じRシリーズのダートモデル、EXO-R70も大幅プライスダウンです!
こっちはグラフィックモデルで26500円と、VX-35から7000円しか違いがありません。
VX-35もバランスの良い商品ですけど、正直7000円差ならR70をお勧めしときます。

20160823_6.jpg


ところで、大幅値下げがRシリーズなのは何故?思いのほか売れなかったのかな?
個人的には改定前の価格でも相応以上の作りだと思いましたが、モノが同じなら安いに越した事は無いですね。
ま、ヘルメットの性能も大事ですけど、当店のお客様は大半がデザイン重視で選ばれてる気がします。

性能一番なら国内メーカーに限りますし、敢えて海外メーカーを選ぶならデザインは外せない要素でしょう。
かくいう僕も、未だHJCのBen Spiesレプリカを手放せ無いのは露骨にアメリカンなデザインなので(笑)
内装が僕の頭に合ってるという事もありますが、この点はScorpionもイイ勝負だし、今回の値下げ、本当に悩みます・・・


ご注文はこちらから → Scorpion

スポンサーサイト
Scorpion | 2016/08/23 23:34
 | ホーム | Next »