自分用のヘルメット入れ替えました!

もう10年くらい前かな?ホンダが主催しているHMSというライディングスクールがあるのですが、
その鈴鹿コースに足しげく通っていた時期があります。顔なじみも沢山出来て殆ど常連でした(笑)

で、その時使っていたヘルメットがSHOEIのTR-2というトライアル用だったのですが、
また友人に誘われて行く事になり、倉庫からひっぱり出してみると・・・スポンジが崩壊!^^;

後継モデルのTR-3に買い直そうかと思ったのですが、街乗り用に被るのは少し抵抗が・・・。
丁度手持ちのジェットも痛んで来た事だし、何か良いモデルは・・・と物色していると見つかりました!

HJCの新作、IS-33 IIです。フルフェイスもHJCなのですが、僕の頭にジャストフィットなんですよね。
これ、一見するとフツーのオープンフェイスに見えますが・・・。

20151028_1.jpg


ジャジャーン!もれなくワンタッチで着脱可能な黒いバイザーが付いて来るのでした!
これなら普段のチョイ乗り時はシールド仕様、たまの講習会にはバイザー仕様と使い分けられます。

20151028_2.jpg


黒目真っ黒で、個人的には余り必要の無いインナーシールドも内蔵されていますが、
取り敢えず鼻筋の通ったウチの若い衆に被らせてみるとこんな感じになりました。

ポリカーボネイト製のシェルなので決してコンパクトではありませんが、
相当小顔な彼が被ってこのレベルなので、そこまでデカッ!って感じでもないと思います。

それよりこのシルエット、遠巻きに見ると白バイ隊員に間違われそうな?
僕は単車も白色なので、これで近くの2号線を走ると完全にヒンシュクを買うパターンです(笑)
テッチンホイールのクラウンがあれば青い作業服を着て高速道路を走ってみたい!

20151028_3.jpg


それはさておき、当初購入候補だったSHOEIのTR-3はMサイズで1050g前後と激軽です。
対するIS-33 IIのMサイズは・・・バイザー仕様で1315g。うーん、250gは結構な差ですね。

ちなみにシールド(ワイズギアYJ-17にも使えるHJ-17R)に付け替えると1400g位になりますが、
SHOEIのオープンフェイス、J-FORCE IVのMだと1299g、J-FORCE IIIなら1412gなので普通?

TR-3みたいなトライアル用ヘルメットは無駄を極限まで削ぎ落としてる感じですし、
IS-33 IIはインナーシールド周りで100g前後のプラスだと考えればソコソコ頑張ってるでしょう。

20151028_4.jpg


あと余談ですが、後ろのDOTステッカーを剥がそうと思ったら、これが何とも頑固なステッカー。
最近はDOTマークの上からクリア塗装したモデルも多く、米国では剥がすとアウトなのかも?

冗談抜きで爪でカリカリしてると30分以上は掛かりそうですが、
そういう時はクレジットカードなどをスクレーパー代わりにすると瞬殺です!
※マット系で仕上げているモデルはデリケートなので十分注意して下さい。

20151028_5.jpg


ひとつ残念なのが価格で、バイザー付きという付加価値を考慮しても微妙に高い(笑)
僕は自分用なので超特価に出来るのですが、当店の販売価格22500円ならどうかな?

ただ、HJCらしく作りはしっかりしていますので、用途がドンピシャの方にはお勧め出来ます!


ご注文はこちらから → HJC Helmet

スポンサーサイト
HJC | 2015/10/29 11:01
 | ホーム | Next »