Fly Racing Trekker、まさかのマイチェン

先週末から娘の幼稚園も春休み、すっかり生活のリズムが狂い気味な花粉症の僕です。
SIMPSONのオーダーキャンペーンも終わり、今日はS&SのSS2400をご紹介するつもりだったのですが、
Fly Racingから届いたTrekkerが密かにマイチェンされていてビックリ!予定を変更して渋々残業中です。

つい先日届いたFly Racingの2015カタログには今まで通りの写真が掲載されていたのですが、
何故このタイミングで仕様変更?これがあるから迂闊にストックするとエライ目に遭うんですよね^^;

まぁ変わったと言っても細かい部分ばかりで、モタードスタイルなシェルそのものに違いはありません。

20150323_1.jpg


まず僕が最初に気付いたのが化粧箱。お客様にはどうでも良い部分ですが、
前の箱は紙が薄いのか作りが弱く、数個重ねるにはコツが必要だったので結構うれしい改良点(笑)

それはさて置き、機能面で目立つのはバイザー形状と可動式ベンチレーションの意匠変更です!
特にベンチは爪で操作するしか無かった小さなポッチから、確実に操作出来るタイプになりました。

20150323_2.jpg


どれも形状自体は同じなので、パーツで販売されるならダクトだけ入れ替える事も出来そうです。
もし旧モデルでベンチ部分に不具合が出たら検討してみて下さい。

クドいくらいプリントされていたFlyのロゴが減って、前面ダクト横に小さくモデル名が入りました。
代わりに内装の生地がロゴだらけになりましたが、これは前よりイイ感じです。
今まではオプション扱いだったバイザーレス用のコンバージョンキットも付属します。

え?変更点を旧モデルと比較して見たい?機能的には新型が確実に上なので昔の事は忘れましょう。。。
どうしても見たい方はグーグル先生にお願いして下さい^^;

20150323_3.jpg


と、ここまではまぁ許容範囲だったのですが、良く見るとシールドに後付け感のあるストッパーが!
確かに旧型は個体によってシールドの閉まりが甘かったです。でもまたシールド注文し直さないと・・・

まだ試してはいませんが、旧モデル用のシールドを新型に使うのは問題無さそうです。
逆はシールドにビス止めされたパーツがアイポートラバーに干渉するかも知れません。

※シールドについては新旧で互換性がありませんでしたので、注文の際はご注意下さい。

何れにしても旧モデル用のシールドはMSR Xpedition用としてストックしますのでご安心を。
もしやMSR Xpeditionのモデルチェンジも時間の問題なのかな?確認しておきます。

20150323_4.jpg


とまぁ旧モデルのネガを潰し、正常進化した感じの新生Fly Trekkerですが、
メーカー希望小売価格もシッカリ$10.00アップ、当店でも1000円の値上げと相成りました。

なお、ストック分の旧モデルは涙の叩売り価格でセール品コーナーでご案内中です。
その差4100円ですので、シールド買ってもお釣りが来ますよ!えーい、もってけドロボー!!


ご注文はこちらから → Fly Racing

スポンサーサイト
Fly Racing | 2015/03/23 22:32
 | ホーム | Next »