FC2ブログ

SIMPSON Custom Racing Suit

SIMPSONのレーシングスーツは既製品とカスタムオーダーから選択可能ですが、
どうもカスタムは敷居が高く感じるのか、当店でご注文を頂くものは既製品が殆どです。

もちろん価格も相応にアップしますが、難燃素材を要求されないカート用ならその差僅か100ドル、
SFI .1のシングルレイヤーでは400ドルアップになりますが、欧米の既成サイズって微妙ですから・・・

と言う事で、お客様にご注文を頂いたMTO.24 (Titanium Nomex + SFI .5 RATED)スーツを例に、
オーダーまでの段取りをご説明したいと思います。

まず完成品がコチラ。写真ではその渋さが伝わり難いのですが、
Titanium Nomexは少し光沢がある生地でとても軽量。まさに戦う男のスーツ!ゼニアも真っ青!

20140620_1.jpg


まずご注文に際してはSIMPSONのサイトにあるMTO Suit Designerにアクセス、
素材とカラー、各オプションを決めて頂きます。
これは中々判り易いシステムなので、配色などの間違いを防ぐ意味でも非常に助かります。

また、同時に下の様なオーダーシートもお送りしますので、各部を計測して返送願います。
オーダーシートは英語表記ですが、計測ポイントは絵柄入りなので心配無用です。

後は当店でオーダー用に作り直したシートを最終確認して頂き、メーカーへオーダーするのみ!
ちなみに今回のスペックですと1600ドル弱となりましたが、生地によっては半額近くになります^^;

20140620_3.jpg


20140620_2.jpg


タグには当然Made in U.S.A.の文字が!参考までに、納期は概ね1ヵ月前後といったところです。
写真から生地の雰囲気伝わりますでしょうか?白ベースというのがまたクール!!

20140620_4.jpg


今回はRacer's Deluxe Packageというセットオプションを選択されましたので、
360 Degree arm gussets, Lower back gussets, Straight leg cuff, Full box quiltがプラスされます。

20140620_5.jpg


ところで既製品が立派な箱入なのに、カスタムスーツがビニール袋のみというのは一体?(笑)
これでは余りにも悲惨なので、SIMPSON純正のスーツ用トートバッグを無料でお付けします。

20140620_6.jpg


僕としてはオーダー通りに仕上がるか心臓ドキドキものでしたが、各部を検品して無事に納品完了!
ちなみに身長175cm、中肉体型のお客様向けに作って、重さ1433gでした。

当店の不良在庫になりつつある、定価600ドルのCrossover Suit SFI-5のLサイズが1820gなので、
その差は約400g。価格差が1000ドルだから1ドル0.4グラム・・・いやいや、それは違います。社長。

20140620_7.jpg


この軽量な本気モードのスーツを着ればサーキットでアドレナリン全開!
ペダルやステアリングワークも切れを増し、各コーナーで0.2秒ずつはタイムアップ!
鈴鹿サーキットなら4秒、岡山国際でも2.6秒は縮まります!え?それでも高い??

まぁ満足度はお金で換算出来るものではありませんので、お客様がハッピーになれば全てヨシ!
それより不良在庫のスーツ、誰か買って下さい。バンしか持ってないのに僕が着てしまいそうです。

SIMPSON | 2014/06/20 12:06
« Prev | ホーム | Next »