カリフォルニアで運転してみよう!その1

前回はカリフォルニアでの運転意識の高さについてお話してみましたが、
残念ながら僕の周りではプライベートでロサンゼルスへ行く人って殆ど居ませんし、
稀に行った事がある人に出会っても、ラスベガスへの中継地点だったりディズニーランドがメインです。

基本的に車が無いと何も出来ない街なので、ツアーで行くと行動範囲が限られるのが原因なのかも。
僕の場合、旅行は現地に溶け込みたいタイプなので何も無いのが逆に楽しいのですが、
車で片道2~3時間ほど足を伸ばせば、現地の人たちが行く様な面白い場所が結構見つかります。

と言う事で、これからLA界隈へ旅行へ行く人に現地での運転についてご紹介したいと思います!
大した話では無いので、現地滞在が長かったり海外出張が多い方は生暖かく見守って下さい^^;

20131031_1.jpg
かなり前の写真ですが、ロデオドライブとか行けば、こんな車も割とフツーに走ってます。


さて、まずアメリカでレンタカーと聞くと右側走行が怖いとか、色々不安な点が出て来ますよね?
確かに僕もそうでした。エアとホテルがセットになったツアーで意味も無くダウンタウンを拠点にし、
DASHとかMetroと呼ばれるバスや地下鉄のDay Passを買っては無駄に時間を掛けて移動していました。

一度位なら話のネタに乗るのもイイですが、その場合は出来るだけ汚い格好でチャレンジして下さい(笑)
男性なら鞄を持たず小さな財布とパスポートだけ、服装も日本でコンビニに行く位にサンダルで十分です。
現地の人ですら一度も乗った事が無いなんてザラ、と言えば大体の雰囲気解りますか?

おっと、また話が逸れました。LAX近郊にはHertzやDollerなどレンタカー会社が沢山ありますが、
英語がイマイチ苦手って方はSAKURAとかの日系レンタカーを選べば何の問題もありません。
金額も普通車なら保険を付けて1週間で$350前後だと思うので、2人で借りれば安いものです。
※自分自身への保険はクレジットカードに付帯してる事も多いので要チェック。

そうそう、初めはナビも付けたくなりますが、正直レンタカー屋にある無料の地図で十分です。
殆どの交差点に道路名が表示されていますし、文字通りフリーウェイは何度でも乗り直し可能。
建物にも目立つように番地が書かれているので、目的地さえ解っていれば何とでもなります。
僕も最初だけナビを付けましたが、データが間違っていて目的地に辿りつけなかったという悪夢が・・・

20131031_2.jpg
赤信号を青に変えながら爆走する急行バス。運転も荒くて痛みも早そう!


さて、いざキーを受け取り出発です。リモコンで集中ドアロックを解除!!
あれ?運転席側しか開きません。どうやら全部のドアが開くと知らない人が乗って来る様です^^;
大抵は2回続けてボタンを押せば全てのドアが解錠出来るので、知っていると相方が安心しますね。

走り出して気になるのが左ハンドル&右側通行ですが、これは交通量が多い道路だと直ぐ慣れます。
でも大型ショッピングモールのパーキングや深夜の交差点(特に左折)などは間違えやすいので要注意!
それより電柱や電線が無く、道幅の広い道路は慣れると走り易いですよ!

次に運転マナーですが、エコなんてどこ吹く風、老若男女問わずシグナルダッシュを会得しています。
車も同様、今年借りたカムリなんて1cmも踏めばスロットル開度50%!?と思えるセッティングで、
もうプリウスだろうがF-150だろうが皆さん青になればもれなくダッシュです。
日本では中々実践出来ない操作なので、慣れてくると寧ろ快感に・・・。

反対に交通マナーは良好。渋滞の合流で隙間をグイグイ詰められる事なんて皆無ですが、
サンキューハザードの習慣も無いので、得意気にハザードを出すと後続車がパニクります。
あとアウトレットモールみたいな私有地の横断歩道でも歩行者優先が徹底しているので、
後ろに車列が出来ようが、歩行者が途切れるまで延々と待ちます。当たり前の事なんですけどね。

20131031_3.jpg
これも10年近く前、お上りさん状態だった頃の写真(笑) 有名人の様でしたが誰かな?

渋滞がなければ近場でもフリーウェイに乗れば良いのですが、最初は下道で雰囲気に慣れてみます。
カリフォルニアで運転していて合理的だと感じるのが、基本的に殆どの赤信号で右折可能な事です。
当然左からの直進車や歩行者には注意が必要ですが、日本とは逆に直進車より先に左折車を流すので、
左方向の信号が変わった瞬間など、前方向からかっ飛んで来る左折車にも気をつけなければなりません。
※No Turn on Redの表示がある交差点は赤信号での右折不可。

うーん、ちょっと話が長くなって来たので続きは次回へ・・・え?こんな話は面白く無いですか?(笑)

スポンサーサイト
カリフォルニアの話 | 2013/10/31 02:13
 | ホーム | Next »