FC2ブログ

進化を続けるCH3NO2

US SIMPSONのCH3NO2、当店の取扱商品でもド迫力ヘルメットの筆頭といったところですが、
今まで届く度に小さな仕様変更が施されて来ました。そして今回も例外では無く・・・。

その前に黒系が2個同時に届く事も滅多に無いので記念撮影してみました(笑)
これ、偶然にもサイズは同じでしたが、実は奥が当店特注のメタリックブラックなのです。

20130925_1.jpg
SIMPSON 423 CH3NO2 Black & Metallic Black (Special Color)


メタリックの調合具合は毎回微妙に異なるのですが、これもハンドメイドの証だと思って下さい^^;
ちなみに今回のはCH3NO2に相応しく、少し光沢抑えめで大人な仕上がりとなっておりました。

アップで2枚並べてみましたので、今後オーダーされる際の参考にして下さい。

20130925_6.jpg
こっちが普通のブラックで・・・

20130925_7.jpg
これが特注のメタリックブラックです。


ところで今回の仕様変更ですが、初期ロットのものと比べると数ヵ所ほど異なります。

まず一番目に付くのが右側に追加されたシールド下の大きなスクリューで、
これは以前に白いCH3NO2でプラスされていた、前面フェイスの開閉量を制限するものと同じです。

前回のは言われて気付くレベルの小さなピンで、恐らく破壊するユーザーが多発したのでしょう。
今回からはシッカリした形状で、取り外し可能なスクリューに変更されていました。

20130925_2.jpg
スクリューを外してもピボット辺りが抵抗になり、全開出来そうにありません。


あと、左側のロック金具に以前まであった金属製の鍵みたいなパーツも無くなりました。
仰々しくて格好良かったのに・・・解り易いコストダウンだと思われます(笑)

おっと、マニアの方はお気づきかと思いますが、ピボットも味気ないブラックにグレードダウンです。
以前の個体まではオプションで用意されているシルバーのアルミピボットでしたが・・・。

20130925_3.jpg
フェイスを固定するピボットは片側が偏心していて、ある程度微調整が可能です。


僕が気付いた最後の変更点は、内側に装着されるフィルターシステムです。
本体自体は同じだと思うのですが、固定方法がマジックテープからスナップ式になりました。

20130925_4.jpg


フェイス側ホックはホットメルト式の接着剤で固定されているっぽいので、その内取れてしまうかも?
わざわざグルーガンを買うのも勿体ないので、お持ちで無い方は当店が無償で修理します。

20130925_5.jpg
フィルター自体が重いので、マジックテープよりはマシでしょう。


本気臭がプンプンするCH3NO2、当初の予想以上にオーダーを頂いているのですが、
やはり皆さんドラッグレースで使われているのでしょうか?今の時期ならハロウィンの仮装用とか?

今のところ白か黒系ばかりなので、次回は派手なカラーでのオーダーを期待しています!


ご注文はこちらから → SIMPSON Helmet

SIMPSON | 2013/09/26 06:41
« Prev | ホーム | Next »