今年も確定申告を済ませました。

今回はタイトル通り味気ない話なので、興味の無い方はスルーして下さいね^^;

この時期、個人事業主と一部の高給取りな会社員は所得税の確定申告をする必要がありますが、
要は、『去年稼いだ金額を自分で計算して所得税を納めましょう』という、何とも切ないイベントです。

僕の様な『個人事業主』ってのは株式会社みたいな法人以外の自営業者でして、
一般的には家族経営や、それに準ずる規模の事業者を指す事が多いです。
ただ、小規模であっても対外的な信用を重視したり、取引面で法人格が必要になる事も多く、
そういう場合は株式会社にして、代表取締役○○みたいな箔の付いた肩書をゲットする事になります。

ウチの場合は国内取引も少なく、取引上で法人である必要は殆ど無いので、
法人化する可能性と言えば税制面でのメリットが出た時くらいでしょうか。
ただ、その目安になる所得額ってのがイマイチ曖昧で、巷の税理士先生が提案する額と、
周りの経営者に聞く額では3倍くらい差があります。どちらが低いかは推して知るべしですが(笑)


ところで個人事業主の場合、所得税の申告方法には大きく3種類あって、
開業時に白色申告か青色申告(簡易簿記or複式簿記)の中から選択する事になります。

白色申告なんて殆どメリットは無いので、これから個人事業主として開業する方がいれば、
間違いなく青色申告を、出来れば少し頑張って複式簿記での申告をお勧めします!
青色のメリットは色々ありますが、赤字を3年間繰り越せたり、身内の給料がソコソコ認められたり、
更に複式簿記なら65万円の特別控除(簡易簿記は10万円)が受けられるなど特典一杯です。

代表的な控除として、年金や保険料などの各種社会保険控除、もれなく付いてくる基礎控除、
嫁さんを社員にしてなければ配偶者控除などで、全部合わせると結構な額になりますが、
ココに複式簿記を選ぶだけで更に65万円の控除がプラスされます。何とも太っ腹な国税庁様!

と言う事で、例えば売上から経費を引いた額が500万円だったとしても、
複式簿記での青色申告を届けていれば、課税所得は大体300万円くらいになる筈です。

なお、所得税率は累進課税方式という仕組みで6段階に分かれているのですが、
例えば税率が変わる330万円と331万円でも最終的には平等に計算されますので、
決算前に必要無いパソコンを経費で買ってみるなんてのは、何とも本末転倒なのでございます(^^)

肝心の複式簿記については、僕の知り合いでも何だか難しそう...と敬遠する人間が多いですが、
普段の取引が単純なら、中古のノートPCと青色申告ソフト、あとは気合いと少しの勉強で乗り切れます!
もし仕訳の方法が解らなくなっても、近くの税務署へ聞きに行けば万事解決です。
もちろん無料ですし、思っている3倍くらいは親切に教えてくれます(笑)


話は変わりますが、昨年の11月ごろ当店にも恐れていた税務調査がやって来ました。
輸入品のネット販売なんて探られる腹も無いのですが、どうやら別件のついでだった様です^^;

本業の売上や仕入れについては突っ込み処も無く、逆にお褒めの言葉を頂いたくらいですが、
気になる必要経費の解釈も、こちらが想像していた以上に"空気を読んでくれる"という印象でした。
そう言えば帰り際に飲食店で受け取った領収書を沢山メモして帰りましたよ・・・怖いですね~。

あと調査官に聞いた話ですが、毎年数件は"市民からの情報提供"で無申告事業者の調査をする様です。
いわゆる"モグリ"で商売している案件ですが、逆に証拠も無いし何とでも言い訳出来ると思います?
ところがどっこい、そこは国家権力、必殺奥義『推計課税』でケ●の毛まで毟られるそうです(+o+)

まぁ何事も程々にしとけって事なんでしょうが、血税は1円単位まで正しく使って頂きたいものですね。

スポンサーサイト
内輪の話 | 2013/02/23 19:14
 | ホーム | Next »