FC2ブログ

日本車用のCorbin3連発!

ここ最近のCorbin、急に2週間ほどで届く様になって、仕様まで完璧で逆に恐怖を感じてます(笑)
いつ元のCorbinに戻るか判りませんが、検討中の方は是非今のタイミングで!

暫くシートはハーレー用ばかりでしたけど、もちろん日本車用だってお手の物です。

と言う事で一発目は久々のFleetliner Saddlebags、Honda Gold Wing Valkyrie用。
このサドルバッグに関してはかなり待たされましたが・・・多分担当者が忘れてたっぽいです・・・。
※全ての画像はクリックで拡大します。

何度かお伝えしている様に、Corbinのサドルバッグは基本的にプライマー仕上げのみ受け付けています。
どうしても!と言われる場合に限りCorbinで塗装させてますが、
残念ながら仕上がりに関しては理由の如何を問わず、一切の保証が出来ません。

今はちゃんとしているかも知れませんが、『色そのもの』を間違えるという前科が何犯もありますし、
塗装が必要なパーツは塗装屋さんで色合わせをするのがベストだと考えている為です。

逆に言えば塗装以外で問題になる事は(納期以外)皆無なので、安心してオーダーして頂けるかと思います。
某ハーレー屋さんに聞いたところ、Corbinのファイバー製品は(アメリカ製としては)仕上がりも良いとの事でした。

20190524_1.jpg


ヒンジ部分なんかにもCorbinの刻印が入ってたり・・・。

20190524_2.jpg


ロック部分にはCorbinとUSAの文字が。

20190524_3.jpg


こんな感じの裏面に・・・

20190524_4.jpg


頑丈そうなステーで取り付けます。

気になるお値段ですが、諸々の費用全て込みにしまして、スーパーカブ110より少し安い位です。

20190524_5.jpg


そしてお次はシート、Yamaha FZ-09用のGunfighter & Lady(タンデム仕様)です。
FZ-09用はコンスタントにご注文を頂きますが、純正シートの出来がイマイチなのかな?

20190524_6.jpg


大人っぽい仕様は以下の通り。ロゴがさり気なくミディアムシルバーなのがポイントです。
Seating Panel : Black Natural Leather
Side Panel : Asphalt Vinyl
Welt : No Welt
Stitching : Black
Logo : Medium Silver

20190524_7.jpg


なんとなくの裏面。

20190524_8.jpg


シートの2点目は、これまたヤマハで、Roadliner用のHollywood Solo Saddle。
何故ハリウッドの名前が冠されているのかは解りません。Corbinの人も知らないかも(笑)

20190524_9.jpg


この艶っぽい仕様は以下の通りです。
Seating Panel : Black Leather"Mercedes"
Side Panels : 'Alligator' leather, Black
Stitching: Diamond Stitching
Stitch Color : Black
Logo : Black

20190524_10.jpg


シートパネルのブラックレザーに"メルセデス"とありますが、これは単なる呼称です。
サイドをアリゲーターの型押しレザーにして、ブラックのステッチとロゴで締まりのある仕上がり。

20190524_11.jpg


こちらも何となくの裏面。

20190524_12.jpg


こうして見ると、やはり黒を基調にしたシートが多いですね!
それでも刺繍やサイドパネルにアクセントを入れるだけで一気にカスタムシート感が出ます。

また目が覚める様なカスタムシートもお待ちしていますので、
最近仕上がりスピード絶好調のCorbinシート、ひとつ検討してみては如何でしょうか?



シートのラインナップ等、詳細はコチラ→Corbin Official Site

スポンサーサイト



Corbin | 2019/05/24 13:04

味のあるCorbin三連発!

またブログの更新が遅くなりました・・・。
実は、今まで隣の傾いたマンションを借りて倉庫代わりにしていたのですが、
近くに古い一軒家が安く売りに出てたので、酔った勢いで購入してしまい・・・

で、その引っ越し期限が先月末だったのですが、通常業務もドタバタで殆ど死にかけていました。
引っ越しもママ友の息子にバイト代奮発してやっと終わらせたのですが、
広さは倍くらいになったものの、勢いで仕入れると大変な事になるので、ジワジワ増やしていきたいと思います。

さて、今日は珍しい感じのCorbinシートが3点届いたので早速ご紹介します!
とは言っても、2点は当店の販売品になるので、ほとんど宣伝です 笑

20180701_1.jpg

まず1点目。
僕が小学生のころ、近所の悪そうなお兄ちゃん達が乗っていたバイクについてた様なシート。

ただ、今日届いたのはホークII用とかではなく、08-17のH-D Softail用のPassenger Pillion。
お客さんにオーダーを頂き、僕もCorbinの公式サイトで確認しながら、
てっきり枕みたいな四角いシートのつもりで打ち合わせをしたのですが。。。

届いてみるとこんな感じの見事なジャパニーズ三段シートスタイル・・・
直ぐCorbinに連絡し、『サイトに載せてるシートと違うんじゃね?』と聞いたところ、
あれはハーレーの純正シートだよとアッサリ返され目が点になりました。

確かに画像をペラペラめくっていくと三段シートが出てきたのですが・・・紛らわしいわ!!

お客さんに事情を話、超特価で打診してみたのですが、遠慮気味に購入を辞退されました。
これは当店にも責任があるので、全額返金させて頂き、セール品として販売する事にしました。

なお、価格は現在のレートでコミコミ41200円ですが、取り敢えず37000円で如何でしょう?
※多少の追加値引きも検討しますので、興味がある方はドシドシご連絡下さい!マジでお願いします。

20180701_2.jpg


そう言えば今回の入荷分から裏にMade in USAのステッカーが貼られ、
シリアルナンバーっぽい数字も記載される様になりました。トランプ大統領が喜びそうですね。

昔は製造責任者の名前も入ってたのですが、無くした理由は何となく解るのでスルーしときます。

20180701_3.jpg


次はYamaha XSR 900用のGunfighter & Ladyです!
色分けが特徴的ですが、赤いタンクカラーに合ってくれる事を祈ってます。

実はこちらも少しミスがありディスカウントさせて頂き事なきを得たシート、、、
オーダー時の仕様はこちら。

*Front Seating Panel : Black Bomber Jacket
Front Side Panel : Asphalt Vinyl
Front Seat Stitch : Tuck n' Roll
Logo : White
No Welt

Rear Seating Panel : Tomato Red Vinyl
Rear Side Panel : Tomato Red Vinyl
Rear Seat Stitch : No Stitch
No Welt

20180701_4.jpg


同じくアメリカの国旗がはためいています、、、

20180701_5.jpg


基本的には仕様通りなのですが、タックロール風で頼んだステッチが縦に入ってます (T_T)
普通タックロールって横向きじゃないの?念のため現地に確認したらイエスとの事で・・・

少々特徴的な色なので、セールにしても簡単には売れないだろうと半泣きでお客さんへ連絡しましたが、
快くOKしてもらい本日発送させて頂きました。ステッチは拘られた部分だと思うので申し訳ないです。

20180701_6.jpg


そして最後、当店でも人気のBMC Corbin。06-17のDyna用、Widowmaker Saddleです。
これは少し前にBMCのインスタで見つけた仕様そのままでオーダーしました。

何でも新作のブラックパイソン(レザー型押し)って事でしたけど、前からあった様な気もします。
サイドパネルは恐らくカーボン(レザー型押し)だと思われますが、正確には判りません。

20180701_7.jpg


Widowmaker Saddleは装着している方も少ないと思うので、
人と同じでは満足出来ない、ワイルド・アット・ハート好き(古い?)な御仁におススメです!

20180701_8.jpg


なぜか裏にUSAフラッグが見当たりませんが、間違い無くCorbin製なのでご安心を。
こちら現在のレートでコミコミ61100円です。もちろん仕様違いのカスタムも承ります!

20180701_9.jpg


といった感じで、アメリカ製の三段シートに肝を冷やした1日でしたが、
もちろんフロントサドルも同じ仕様でオーダー出来ますので、酔った勢いでのご注文、お待ちしています。



シートのラインナップ等、詳細はコチラ→Corbin Official Site

Corbin | 2018/07/01 22:00

やっぱりCorbinか、それとも・・・

Corbinは僕が今の仕事を始めた当初から扱っているメーカーなので思い入れもあるのですが、
最近はちょいちょい別のメーカーのシートもオーダーを頂くようになりました。。。
今日はそんなお話です。

それでも取り敢えずCorbinから(笑)
こちらはBMW R nine T用のGunfighter Saddle。いわゆるシングルシート。

仕様については以下のとおり。
Seating Panel : Black Carbon Fiber
Side Panels : Black Grabber
Welts : Black Grabber
Tail Section : Black Grabber
Seat Panel Stitch : Light Silver (Double Line)
Corbin Logo : Red

テールセクションの太めなステッチは標準仕様なので、不要な場合は要ご相談で。

20180530_1.jpg

20180530_2.jpg


あとシートパネルのBlack Carbon Fiber、レザーが廃盤になってビニールでの対応が続いていましたが、
ちょうどこのシートが納品された頃からカーボンパターンのレザーも復活しています。

画像を拡大すると良く判るのですが、ビニールはあまりカーボンっぽく無いので、それが復活の理由かも・・・^^;

20180530_3.jpg



で、タイトルでも匂わせた通り、お次はCorbinとは異なるメーカーのシート。
正確にはメーカーというよりショップかな?いや、やっぱりメーカーか・・・(謎)

カリフォルニアのオーシャンサイドにあるLucky Davesというパーツ屋さんのオリジナルシートで、
06-17のダイナ用、タックロール仕上げのブラックシートにゴールドのロゴでご注文を頂きました。

他にもFXRやBagger系、Sportster用もラインナップされていて、
シートカラーやステッチも何種類か選べますので、興味がある方は上記リンクをチェックしてみて下さい。

20180530_4.jpg

20180530_5.jpg


Corbinと比べ裏地も付いていたりと、細部まで丁寧に作られていますし、
かと言ってペラペラの大量生産感も無く、トータルで見ればかなりコスパは高いと思います。
※後述しますが、このシートもMade in USAで一つ一つ手作りなのです。

シートエンドの『ベロ』ひとつ取っても、ちゃんと説明タグ付きで内側に折って梱包されていました。

20180530_6.jpg


あと、今回のお客様からはオリジナルのTバーバッグもご注文を頂きました。
ウエア類も含め全てオーダー可能ですので、気に入ったアイテムがあれば是非同時にご注文下さい。
※その分送料が安くなってお買い得です(笑)

20180530_7.jpg



ところで、このLucky Davesオリジナルのシート、
もちろんお店のオーナーが夜なべして手作りしてる訳じゃありません・・・。

下の写真は昨年秋の渡米時に某シートメーカーを訪問した際のものですが、同じロゴが見えますよね?(笑)
この訪問記、ブログにアップするのをスッカリ忘れていたのですが、今回のシートを見て思い出しました^^;

20180530_8.jpg

この某シートメーカー、品質管理も行き届いている感じで、かなり好感が持てました。
ぶっちゃけ形状を見れば直ぐ判るのですが、折角なので近日中に記憶を辿ってブログでご紹介しようと思います!

Corbin | 2018/05/30 19:24

Corbinのオーダー方法(裏技編)

今回ご紹介するCorbin Seatも前回と同じくハーレーダビッドソンの09-18年式ツーリングモデル向け、
ヒーター付きのClassic Solo Saddleと50's Style Passenger Pillion、
そしてOvalbac Standard BackrestにSlim Trunkpadといった豪華4点セット!

グリーンとブラックの珍しいカラーリングなのですが・・・
実は素材や色の配分、細部の仕様について当店は全く判っていません(笑)

なぜか?

取り敢えず完成した画像を見て下さい。
検品もSolo Saddleだけ開封してあとはビニール越しにチェックしたのみ。

そういえば最近デジカメを買い替えたので、一部の画像はクリックで拡大するようアップしてます。
写真の腕前はド素人なんですけど・・・前よりは詳しく見て貰える様になったと思います。

20180313_1.jpg

20180313_3.jpg

20180313_4.jpg


で、お客様から、車体のカラーともバッチリでしたと送って頂いた画像がコチラ。
確かにグリーンの色目が妙にマッチしてます・・・

20180313_5.jpg

20180313_6.jpg


それはそうと、最初の仕様が判らない理由ですが、元になったシートはこれなんですね。
『この画像から座面のアシックスマークみたいなのを抜いて、後はざっくりで構いません』
なんていう、僕の胃を気遣ってくれた様な、素敵なお客様からのオーダーでした。

ちなみにこの元デザインですが、Corbinのカスタムシートをメインに手掛けている、
北カリフォルニアのbyrdcoopcustomsというショップのものになります。
公式サイト:https://www.byrdcoopcustoms.com/
インスタ:https://www.instagram.com/byrdcoopcustoms/

20180313_7.jpg


こちらからはByrdcoopではなくCorbinへ直接オーダーするのですが、
『何月何日のインスタと同じ様な仕様で』と言って頂ければ基本的には問題ありません。

ただ、今回のシートもステッチの入り方とか、ピリオンのデザインが若干異なっていたりするので、
100%完璧に同じシートを希望される場合は事前にお伝え下さい。

参考までに今回の4点セットだと複数個割引を適用したりで、コミコミ20万円は切ります。
興味がある方はジャンジャンお問い合わせ下さいね!

Corbin | 2018/03/13 23:08

CorbinのClose Versionってご存知ですか?

今日は久しぶりにCorbinシートのご紹介です!
モデルはハーレーダビッドソンの09-18年式ツーリングモデル向け、
Classic Solo Saddleと50's Style Passenger Pillion、さらにOvalbac Standard Backrestの3点セット!

今回は中々派手な仕様ですが、実は全てビニール素材で仕上げています。
ちなみにアメリカだと『ビニール』は通じず、『ヴァイナル』ってな感じで会話します・・・^^;

仕様の詳細は以下の通り。
Panels : Silver CF Vinyl
Side Panels : Gray Partners Vinyl
Stud Bands : Gray Partners Vinyl
Welt : Orange Vinyl
Stitching : Orange
Logo : Orange
Studs : No Studs

20180207_1.jpg

20180207_2.jpg


50年代風のパッセンジャーピリオンとバックレストも同じ仕様ですが、
バックレストのフィニッシュはプラス$66のクロームプレート仕上げ。

20180207_3.jpg


バックレストはフロントシートの後ろに刺して使います。
生地の質感ですが、クンクンと匂いを嗅がなければレザーと見分けは付きません。

使い込んでいくとレザーとは違う雰囲気になりそうですが、
ビニールにしか無い色目もあるので、この辺りは悩みどころですね・・・。
もし良かったらオーナー様に数年使用後の画像とか送って頂けると嬉しいです。

20180207_4.jpg


ところでこのシート、車体に取り付けたら下の写真みたくなるのですが・・・

20180207_5.jpg


こちら上下に並べた写真、何が違うか判りますか?そう、フロントシートの形状が全然違いますよね!
下側のシートはCLOSE Solo Saddleといって、標準仕様より2インチ(6cm弱)前に出る形状なのです。
あと、太もも部分のエグれも大きめになっているので、結果的に足付きも良くなります。

このCLOSE仕様、ちょっと天地に厚ぼったくなってしまいますが、価格は標準モデルと同じなので、
ハンドルバーが遠かったり、足付きでお悩みのライダーにはお勧めです。

20180207_6.jpg


それにしても最近また寒い日が続いていますね!
僕なんて自転車に乗って子供達を幼稚園に送るだけでテンション下がりまくりですが、
それでもガンガン走り回りたくなる様な派手なシートが近日中に3点ほど入荷予定なので、
こちらも到着次第改めてご案内しますね!どうかお楽しみに!

Corbin | 2018/02/07 22:54
 | ホーム | Next »