Speed and Strength SS3000 Light Speed

Speed and Strengthの新作、SS3000 Light Speedが届きました!
何かとお世話になっているS&Sのサポートライダー、暮石さんが今期のイベントで使用されます!

米国定価$249.95、ファイバーグラス製シェルにギミックゼロのシンプルなモデル。
印刷に間に合わなかったのか、カタログの掲載画像が『絵』だったりと色々心配でしたが、
パッと見た感じスマートにまとまっていて期待値が高まります。

20160426_1.jpg


S&Sの他モデルにも共通しますが、天地に細く前後に長い形状で、
このSS3000に関しては特にチンバー部分の高さが特徴的。100mmくらいあったかも?

20160426_2.jpg


テール下部の逆スポイラーみたいな部分、何か効果があるのか、それとも単なるデザイン?
前傾姿勢時の浮き上がり防止っぽい気もしますけど・・・細かい事は気にしないでおきましょう(笑)

20160426_3.jpg


シールドは最近良く見るセンターロック式。ブレスデフレクターも標準装着されてます。

上方向へテンションが掛っていて、SSマークのシルバー部分をプッシュすると軽く跳ね上がります。
シルバー部分は金属では無く、若干チープなプラスチックのメッキ仕上げ。どうか割れません様に。

20160426_4.jpg


シールドピボットにカーボン柄、レーシングマシンっぽくプリントされたスペック一覧と共に、
ちょっとしたアクセントになってます。このピボットプレート、何やら妙な形のビスで固定されてます。

シールドの着脱はワンタッチで慣れれば一瞬ですが、前側の爪が嵌り難いので要注意。
ここにも三角のメッキパーツが見えますね。何かのボタンっぽく見えますが飾りです。

20160426_5.jpg


内装は何に例えれば良いのか・・・余り見かけないタイプのフィニッシュで好感触。
チンカーテンと共にプリッと張ったレザー調の仕上がりがグッド!

チークパッドに見えるSSロゴ入りの赤い帯はエマージェンシー用のプルタブ。
事故の際はここを引っ張って内装を外し、着脱時の頭部へのダメージを減少させます。

20160426_6.jpg


そのチークパッド部分を取り外した写真がこちら。ネック部分と一体になっていました。
縁にパイプ状のフレームが入っていて、先端に針金みたいな部分が見えるかと思います。

20160426_7.jpg


チンカーテンの根元、下の写真で言うと左上辺りに先端を固定する筒があり、
そこを起点に、フレームをアンダーモールへ切られた溝へ嵌め込んでいく様に取り付けます。

もちろん一般的な固定ホックも下側に2箇所、差し込むタイプが上側に1箇所あります。
通信デバイス用のスピーカーポケットも確認出来ますね。

20160426_8.jpg


米国での定価は少し違いますが、独断と偏見でバッティングしそうなBELL Vortexと比較してみました。
同じXLサイズを定位置から撮影してみるとシルエットの違いが一目瞭然!

ポリカーボネイト製シェルでSnell取得済みのVortexが丸っこい形状なのに対し、
ファイバーグラス製シェル、DOTのみのSS3000はモアイ見たいに縦長。シールド面積も広めです。

被ってスマートに見えるのはSS3000ですが、このあたりは好みもあるので参考程度に・・・。

20160426_9.jpg

20160426_10.jpg


軽量を謳っていたSS3000、XLとは言え、実際に計測すると1796gと結構重いです(笑)
ただ、実際に被ってみるとそれほど重量を感じませんでしたが、コレには後述する理由がありました。

ちなみにVortexは同じXLで1850gほどあり、被った感じもズッシリきます。。。

20160426_11.jpg


恐らくその違いの一つがシールドの重さ。SS3000はシールド単体で200g近くありますが、
対するBELLは130g弱と60g以上の差がありました。写真でも見るからに分厚いです。

シールド位置も決して低くありませんが、重心位置が分散して重く感じ無いのか?
他のヘルメットにも言える事ですが、一概に重量だけでは被り心地まで判断出来ないものです。

そう言えばBELLの新型Starも分厚いシールドでしたし、もしかすると基準が厳しくなったのかも。

20160426_12.jpg


とまぁ、こんな感じで全体的な仕上がりは満足出来るのですが、やはり重量が気になるところ。
メーカーから公開されている重量とは相当かけ離れているので、Mサイズあたりでは全然違うかも。

基本的に、どのメーカーも重さはスモールシェルを公表値としているので、
SS3000のシェル構成についても確認してみます。3シェルなら嬉しいですけど・・・。

※追記
SS4000及びSS3000はS, M-L, XL-2XLの3シェル構成で、
後日入荷したLサイズでは重さ1590gと僕のHJC RPS-10と大きさも重さも同程度になります。
ただしフィット感はLサイズでギリでしたので参考にして下さい。


更に軽量を謳うSS4000も控えていますが、こちらもタイミングを見てご紹介したいと思います。


ご注文はこちらから → Speed and Strength

スポンサーサイト
Speed and Strength | 2016/04/27 19:43

Speed and Strengthも新作投入!

安心して下さい!生きてますよ!(笑)
と言いながらも、あの事故から数日、元気なのをイイ事に少々無理をし過ぎた様で、
チェックアウト日の朝、ホテルで荷造りをしている時、変な体勢から左胸に激痛が走り悶絶・・・
ヒーヒー言いながらも何とか帰国、速攻でレントゲンを撮ると肋骨が2本ポッキリ折れていました。

きっと事故でヒビでも入っていたのでしょう。肋骨は折れても痛くないと聞いてましたがガセでした^^;
それにしても帰りのフライトでANAの乗務員さん達が親切な事・・・連絡くれればヘルメット半額にしますよ(笑)

と言う事で、暫くは体を庇いながらモタモタした仕事っぷりになりそうですが、何とか頑張りたいと思います!
色々と目新しい情報もあるのですが、今日はSpeed And Strengthの新作案内をば。

ここから下に3点の写真、最近のS&Sで最も売れ筋となっているSS1600・・・ではありません。
見た目全く同じですが、インナーシールド機能を省いた廉価モデル、SS1310の登場です!

ぶっちゃけ目の黒い日本人はインナーシールド必須って訳でもないと思いますので、
好評を得ているSS1600のシルエットはそのままに、お求め易くなったモデルと言えましょう!

上から順にQuick And The Dead(3色), Bkack Heart(3色), Solid Speed(2色)のラインナップ。
今日現在の価格比で、グラフィックモデルがSS1600から-4000円、ソリッドは-5000円と大幅ダウン!

もちろんシールドもSS1600と共通なので当店的にも在庫が増えず助かります。
っていうか、モデル名のSS1310ってのはどうにかならなかったのかな?せめてSS1650とか・・・

20160131_1.jpg

20160131_2.jpg

20160131_3.jpg


あとここから下の2モデルはカラーの追加分です。
前述したSS1600 Cruise Missileとこれまた人気のSS700 Hammer Downにホワイトが仲間入り。

判り難いかも知れませんが、両方ともマットフィニッシュです。
マットは黒だと指紋とか目立ってアレですが、その点ホワイトは余り気にしなくても良さそうかな?

20160131_4.jpg

20160131_5.jpg


SS1310は近日中に何点かのグラフィックを当店のストック品に加えたいと思いますが、
意外な事にマットホワイトは他社からも殆ど発売されておらず・・・こちらは少し需要を確認させて下さい。

あと新作として、コンポジット素材で少々高額モデルとなるSS4000とSS3000もリリースされていますが、
こちらは発売時期が遅れる可能性もあるため、出荷時期が確定次第アップしたいと思います。

別メーカーとなりますが、次回のブログもテンション上がる新作をご紹介します!乞うご期待!


ご注文はこちらから → Speed and Strength

Speed and Strength | 2016/01/31 23:50

暮石御大が登場!!

少し前の記事になりますが、いつもお世話になっているS&Sサポートライダー暮石さん、
Speed and StrengthのFacebook公式ページで紹介されました!パチパチ~♪

S&SからもCBR600F4iとハーレーのXL1200S用に2種類のラッピングデータを提供させて頂き、
今年はメインマシンをハーレーとして精力的に活動されています!

当店からも今年のイベント出演予定をお知らせしておきますので、
お近くの方は是非足を運んで頂き、僕の代わりにウイリーの練習方法を教えて貰って下さい(笑)

9月12日 日産自動車学校
9月22日 幕張メッセ、ネクストオートショー
10月12日 スパーカーフェスティバル
10月17日 バイクブロス祭り
10月25日 ナップス山梨

20150912_1.jpg


詳細は上の画像をクリックして頂き、8月29日の記事で確認して頂けます。
中々のイイね数ですので、この勢いでS&Sの公式サイトかカタログへの登場を期待しています!

引き続き(捕まらないほうの)露出には自信があるという方、ご連絡をお待ちしております。

Speed and Strength | 2015/09/11 13:09

Speed and Strengthも新作投入!

前々回のO'Nealに続き、Speed and Strengthも2016年モデルをアップ完了しました!
基本的に各モデルに入れ替えは無く、グラフィックのみの追加・廃止になるのですが、
未確認ながらSS2200が生産中止な雰囲気ですので、こちらは現在メーカーへ詳細を確認中です。

今回追加になった新しいグラフィックは、未だ人気衰えずなSS1600に3種類、
Cruise MissileのMatte Charcoal/Red、American BeautyにMatte Pink、
Solid Speed(要は単色)としてMatte BlackとGloss Blackの2色が加わりました。

SS1600のCruise Missileは色とサイズによって春過ぎから長い間バックオーダーが続き、
お客様には随分とご迷惑をお掛けしました。この場をお借りして改めてお詫び致します。
※米国でも人気なのか、既に一部カラーとサイズで再度欠品が発生しています・・・^^;

20150808_1.jpg


上のMatte Charcoal/Redは当店のストック品リストに入れるべくオーダー済みで、近日中には入荷します。
あとAmerican Beautyもパラパラご注文を頂くのですが、こちらは今のところお取り寄せのみで対応です。

20150808_2.jpg


いま写真を貼り付けながら気付いたのですが、ソリッドカラーのMatte Blackはメーカーを問わず人気なので、
こちらも近いうちストック品として手配したいと思います。Gloss Blackは受注状況を見て要検討・・・。

20150808_3.jpg



あとはSS700に写真のHammer Downというモデルが仲間入りしました!
これ、個人的には結構イイ感じのグラフィックだと思うのですが如何でしょう?

カラーもRed, Yellow, Blue, Greenと国内4メーカーを意識したラインナップに加え、
女性向けのPinkとオールマイティなMatte Blackをプラスした全6色となっております。

取り敢えずMatte Blackをストック分として手配しましたが、別に僕がBuellだからスネている訳では無く、
メーカーカラーってのは意外と想像通りに出ないもので、少し様子を見て考えたいと思います。
ちなみにこの手のカラーバリエーションの場合、GreenかBlueが良く出ます。あとはRedかな?

20150808_4.jpg


新グラフィックは意外と少な目でしたが、恐らく年度途中にも追加投入されるものと思われます。
それより当店のストック品がかなり生産中止になってしまったので、現在セール品コーナーにて超特価放出中(T_T)

もちろんモデル自体は2016年も継続されるので、グラフィックが気に入ればかなりお買い得!
地獄の様な暑さも盆明けくらいから落ち着きそうですし、この機会に是非S&Sをご検討下さい!


ご注文はこちらから → Speed and Strength

Speed and Strength | 2015/08/08 15:47

S&S SS2400とBELL SX-1

今日から4月ですね。3月も本当に忙しい毎日で、日が変わってから帰宅する事もしばしば・・・
まぁ夜中まで頑張ったところで、翌日にキッチリ反動が来るので良し悪しなんですけどね。
今月は月末に渡米予定なので、出来るだけ体力を温存しておきたいところです(謎)

さて、今日はSpeed and Strengthの新作SS2400 Dogs Of Warをご紹介します!
写真を見ての通り、SS2400はSpeed and Strength初のダート用ヘルメット。

とは言っても米国定価で$99.95-$119.95のエントリーモデルのみ。
この価格帯のダート用メットではBELL SX-1が当店の売れ筋モデルとなりますが、
さて両者にハッキリした違いはあるのか?偶然にもマットブラックの単色モデルが同じ定価。

20150401_1.jpg


ご覧の通り、見た目は至ってオーソドックスなダートヘルメットです。
エアインテークはチンバー以外に額部分にもありますが、後ろ姿を良く見て頂くと・・・

おや、空気の出口がありませんね・・・。これは前面もV-MAXも真っ青のダミーダクト?
いえ、入口は本物だし、どのみち風はガンガンに入るので、きっと何処からか上手く抜けるのでしょう!

ちなみにBELL SX-1にはリアダクトが付いていますが、こっちも限り無くダミーに近い構造です^^;
潔くツルツルのにしたS&Sのデザイナーを褒めてあげてたいと思います(笑)

20150401_2.jpg


内装もシンプルな作りで、ワンタッチ式のチンストラップが如何にも街乗り仕様?
チークパッドには緊急用取り外しタブが付いていますが、ちゃんと機能するかは。。。

各部の質感はSX-1と大差無く、どちらもチョイ乗りやウイリーの練習には必要にして十分です。
っていうより、定価$100.00前後の設定では色々と限界に近いのかも。

20150401_3.jpg


余りにもSX-1に良く似ているので両者を並べてみたところ、案の定バイザーが同じでした。
シェルは細かい部分が異なりますが、きっと同じ工場で作っているのでしょう。

20150401_4.jpg


じゃあ重さも同じかと思いきや、Mサイズ同士では60gも違い(SS2400のほうが重い)がありました。
20~30g位は個体差の範囲だと思いますが、内装の素材などが影響しているのかも知れません。

20150401_5.jpg

気になる販売価格ですが、マットブラック同士なら今のレートでSS2400が2000円もお安くなります。
この価格帯での2000円は結構大きいので、60gの重量差を考えてもお買い得でしょう!

ただ、SX-1が全色同価格なのに対し、SS2400のグラフィックモデルは最大でプラス$20.00。
SS2400 Tapout Motoだとその差500円になるので、この辺はお好みで選んで頂ければ・・・

そうそう、掲載スペースの都合で当店のサイトにはアップしていませんが、
SS2400の兄弟モデルとしてユース専用のSS2300があるんです。
もちろん全色オーダー可能ですが、何故かこっちにはリアダクトが付いているんですよね(笑)


ご注文はこちらから → Speed and Strength

Speed and Strength | 2015/04/01 23:13
 | ホーム | Next »