FC2ブログ

3泊4日1000マイルの旅(後半)

ラスベガス2日目、目的だったイベントは前日にクリアしてしまったので、観光ツーリングに切り替えます(笑)
キングマンやラフリンは2年前に走ったので、そこはスルーし今回は王道のフーバーダム見学!

20191028_1.jpg


第31代大統領の名前が冠されたこのダム、何でも日本中のダムを全部合わせても負けない総貯水量だとか・・・
僕は高所恐怖症なので出来るだけ空を見ながら歩いた訳ですが、それでも規模の大きさに圧倒されます!

20191028_2.jpg


ちなみに写真でも見える巨大なアーチ橋、日本の大林組が施工に大きく関わった様です!
そういう事ならと、橋の歩道部分も空を見ながら歩いて来ましたけど、怖すぎて殆ど記憶にありません・・・。
※下の写真が橋の側道から撮影したもの・・・男性なら解ると思いますが、○玉がビリビリ痺れます!!

20191028_3.jpg


ベガスまでの帰り道に、ボールダーシティという小さな町で昼ごはんを食べました。
ここはとてもイイ感じの雰囲気で、何となく選んだレストランも安くて美味しかったです!

路肩からバイクを出す時、入れ替わりでハーレーに乗った女性ライダー2人に場所を譲ったのですが、
良く見るとかなりお年を召された方で・・・恐らく60歳半ばくらい?しかもド派手なストリートグライド^^;

大音量でJourneyのDon't Stop Believin'を鳴らしながらノリノリで唄ってました。
やっぱりアメリカ人、半端無いです。何か効いてたのかな?(笑)

20191028_4.jpg


このダイナ、道端で売りに出てました。。。日本に持って帰ると高く付きますけど、かなり安かったですよ!
気になる方はアメリカの国番号付けて電話してみて下さい!(笑)


20191028_5.jpg


更に夕方、伝説の日本人メカニック『ヒロ小磯氏』が在籍している、レッドロックハーレーダビッドソンへ行きましたが、
何と3分くらいの差で閉店してました(笑) 日曜は17時閉店なんですって・・・閉めるの早くね?

20191028_6.jpg


そんなこんなでラスベガス2日目もあっと言う間にカジノタイムとなり(笑)、
辛うじてトントンで遊ばせて頂き、翌朝にはロサンゼルスに向けて出発しました。

宿のあるガーデナまでは約280マイルほどなんですけど、距離の感覚が麻痺してるので、
ほとんど意識を失ったままスロットルを回せるようになりました^^;

20191028_7.jpg


ちょうど到着した時点で1600マイル(約2500キロ)、大きなトラブルも無く、
気付いた限りではパイプのヒートガードを止めるバンドが1個吹っ飛んだくらい。
エンジン・ミッションに至ってはオイル滲みひとつありませんでした。

敢えて小型のフェアリングを選んだ効果なのか、ハンドリングも非常に軽快で、
国産メーカーからでも全く違和感なく乗り換えて頂けそうな仕上がりです。
(先日久しぶりに自分の現行ソフテイル乗りましたが、スムース過ぎて拍子抜けしました・・・)

翌日はエンジンとミッションを組み上げてくれたK平氏のところでオイル交換と最終チェック。
フロントフォークを少し調整して無事にミッションクリアです!!

20191028_8.jpg


K平氏が身長170cmとの事でしたので、試運転に出掛ける動画をアップしてみます。
慌てて撮影したので時間は短いですが、跨った雰囲気やバッサーニの音質などをチェックしてみて下さい。




最後に、今回のバイク製作と試運転の旅にパートナーとして深く協力して頂いたトーランスのK氏に感謝!
K氏とは今後も色々なプロジェクトを計画していますので、機会があれば(許可が出れば)ご紹介したいと思います。


なお、バイクは年内には日本へ到着し、予備検査を取った状態で販売する予定です。
金額はまだ未定ですが、日本で同じ事をするより100万円前後は安くなる筈です。(お店によると思いますが・・・)

以下が大まかな仕様となります。
重ねてになりますが、一番のポイントはこのまま車検をクリアし、K察の目などを気にせず堂々と乗って頂ける点です。
興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい!バイク屋さんの委託販売も歓迎です!

1997 Harley Davidson Road King

フレームオフし、タンクと前後フェンダー、サイドカバーはグロスブラック仕上げ

フレーム、エンジン、各カバー類、トランスミッション等は
グロスブラックとキャンディブルーでパウダーコートフィニッシュ

エンジン:ツインカム88を95ciにボアアップ
ピストン:Wiseco
カム:Screamin Eagle 203 cam
カムプレート:Screamin Eagle
オイルポンプ:Screamin Eagle

ミッション:純正5速(5速3000rpmで時速約110キロ、3000rpm巡航での燃費はリッター18km前後)

セッティング:TTSで実測89HP(American Speed and Machineでセッティング)
※慣らしセッティングの3000rpm縛りで500マイル、その後本セッティングで1000マイル試運転済み

エキゾースト:Bassani 2:1 pipe

ホイール:Performance Machine
Front Merc wire wheel 21x3.5
Rear Merc Wire wheel 18x3.5

タイヤ:Avon Cobra

Performance Machineのパーツ
Mirror, Grip, Fuel Cap, Air cleaner, Saddlebag Latch

Joker Machineのパーツ
Driver & Passenger Floorboard, Brake Pedal, Shift Pegs

ハンドル回り(身長170前後の方でジャスト)
FM Moto bar & Kraus Moto 8" Pullback Riser(グロスブラック仕上げ)

フェアリング
JD Customs Front Faring

ライティング
LED Headlight, LED Front & Rear Turn Signal

シート:Saddleman Step Up Seat(ブルーのカスタムステッチ)

メーター:Dakota Digital Speedometer

駆動系:チェーンコンバージョン済み

前後ブレーキキャリパー:Performance Machine
Front & Rear 4 Piston Caliper

細かいパーツなど忘れている部分も沢山あると思いますので、随時修正していきます。
正確に計算していませんが、上記の新品パーツだけでも日本で買うと軽く100万円以上はすると思います。

当店がバイク屋じゃ無いので保証を付けるのが難しいところですが、この点も少し検討してみます。

スポンサーサイト



ハーレーダビッドソン作ってます | 2019/10/28 11:25

3泊4日1000マイルの旅(前半)

さて、怒涛の慣らし運転と本セッティングを終え、金曜の昼前にロサンゼルスを出発、
ハーフウェイランと呼ばれるイベントに参加するためフレズノへ向かいました!
※ハーフウェイというのはロサンゼルスとサンフランシスコの中間という意味らしいです・・・知らなかった^^;

フレズノまでは渋滞の405号を抜けて5号線から99号に入り、北上する事250マイル弱。
フリーウェイが退屈過ぎたので、途中でバイクの直進安定性もチェックしてみました。

時速70マイルまでは至って快適、80マイルを過ぎると風圧との戦いが始まり、
90マイルではヘルメットの微振動に悩まされ、100マイルなんて5分が限界(笑)

身長170cm前後の方に合わせて作ったので、少しフェアリングが低かったのかも?
休憩した際にスクリーンの角度を立ててみましたが、気持ちマシになった程度かな?

ただ、マシンは時速100マイルでも鬼の様に安定していたので、まずはひとつ合格点です。

20191024_1.jpg


何だかんだで結局フレズノに着いたのは夕方、そこからホテルにチェックインして軽く晩ご飯を食べ、
肝心のイベント会場に行くと『本番は明日だよ』みたいな雰囲気に・・・^^;

辺りをウロウロしても、盛り上がっているエリアがある訳でもなく、仕方なくホテルへ戻ろうとしたその時!!
レアブリードMCのオジサマ達に捉まり、テキーラを一気飲みさせられるという謎のハプニング発生(笑)

悪そうなのが駐車場でたむろするのは世界共通なんですね・・・。
ツアーパックから取り出したテキーラを大き目の紙コップにドバドバ注がれて死ぬかと思いました。

みたいな絵がコチラ↓

20191024_2.jpg


翌朝、若干の頭痛を伴いながら起床し、ホテルで軽めの朝食を取ったら直ぐにベガスへ出発です!
黒人達からは『は?1泊して今からベガス?お前ら何しに来たんだよ ガハハ』みたいな・・・(笑)

朝のフレズノは思いっきり初冬の雰囲気で、気温も10度を少し超えた程度、
昨日来たフリーウェイをガタガタ震えながら南向きにぶっ飛ばし、記憶も無いままベーカーズフィールドへ到着!

軽く休憩してココから58号でバーストーに向け西進する訳ですが、
この辺りで時間も昼過ぎ、気温も20度は超えて快適なツーリング日和といったところです。

初めて走る58号は雄大な景色にちょっとした高速コーナーありと、かなりお気に入りのルートになりました。
相変わらず爆走中で撮影する余裕も無かったため、画像はグーグルマップでご覧下さい(笑)

結局このままベガスまで直行、その距離ざっと400マイル、
昨夜のテキーラが効いていたのか(しつこい?)流石に疲れましたね・・・。




ラスベガスには2年前にも来た『VEGAS Bikefest』が最大の目的だった筈なんですが、
会場入りした時間も遅かったせいか、コレは!!といった目新しいバイクも無かった気がします。

20191024_3.jpg


そんな中で気になったのがこのダイナ。日本製のパーツやオフロードパーツの使い方が面白い!
アリゾナのKruesioriginalsというビルダーです。

20191024_4.jpg


結局この日もホテルにチェックインし、気が付いたらカジノでスロット回してました(笑)
翌日は丸一日予定が無かったので、たまには観光客気分で近場ツーリングへ出掛ける事に決定!

もう一回だけつづく・・・


ハーレーダビッドソン作ってます | 2019/10/24 20:39

何度走ってもアメリカは広い!

空から見るとそうでも無いんですけどね・・・

20191017_1.jpg

今回の渡米、1日に到着してから8日のフライトまでひたすらバイクに乗っていた気がします(笑)

昼前にLAXに到着したその足でバイクへ跨り、慣らし用セッティングでCook's Cornerまで往復したり、
夜中にフリーウェイをグルグル周回して何とか400マイルに到達。時差ボケなんて気にしてる暇ありません^^;

3000rpm縛りだと70マイルしか出せないので、ペースの速い夜中のフリーウェイは結構苦痛なんですよね。

20191017_2.jpg


翌日も普通に起きて(これが一番キツイ)、もう一度フリーウェイを周回し500マイル到達!
そのまま本セッティングを出しに渋滞のフリーウェイ405を抜けPalmdaleまでひとっ走りしました。

実はココでトラブル発生!新品のチャージングシステムに不具合がありセッティング出来ないと・・・。
急遽Uberで近くのハーレーディーラーへ行き、純正の新品を一式ゲット、
オーナーのDrew達が頑張ってくれて夕方に無事終了!イイ人ばかりで本当に助かりました・・・涙

しかし新品が500マイルで壊れるとかどういう事??
メーカーかは書かないですけど、100ドルほどセーブしたつもりが逆に高くついちゃいました。




ちなみにTC88改めボアアップTC95エンジンはSEのカムだけ入れて89馬力でした。
DrewもTCは100ci前後が一番乗りやすいし、パワーも十分だと言ってくれたので95ciにして良かったかな。

この時点で既に自分の現行ソフテイルのドノーマルM8エンジンより乗り易くてショックを受けてます(笑)
僕がスロットルバイワイヤの制御に違和感を感じるからかも知れませんけど・・・。

20191017_3.jpg


翌日は完成したバイクに各所へMade in Japanのお土産持ってお礼に走りました。

LAで一級の腕前を持つ老舗のペイント屋さん、小物から融通を効かせてくれたパウダーコート屋さん、
そして組み付けをしてくれたThee Candy Shop・・・ココは迫力あり過ぎて記念撮影も顔が引き攣ります(笑)

その中でも特に外装の塗装は仕上がり抜群だと思います!実際工場には凄いマシンが何台も入庫してたので。。。
エンジン周り、塗装関係はココで名前を出せませんが、勿論オーナーになって頂く方には全てお伝えします。

さぁ、翌日の金曜からは試運転の旅です!
果たしてLAまで無事に戻って来れるのか!?(もう日本に帰ってますが)・・・つづく。

ハーレーダビッドソン作ってます | 2019/10/17 13:26

ついに完成しました!

思えば2ヶ月前、LAX近くのスタバでコーヒーを飲みながら思いついたこの企画。
日本人・メキシコ人・黒人、沢山のスペシャリストに助けてもらい遂に完成しました!

最近このネタが続いてますが、嬉しいので画像だけアップさせて下さい!笑

今朝も朝早くから慣らし用のセッティングを済ませて貰いました。
写真を見てるだけで手放すのが心苦しいんだけど、1000マイル走るとどうなるんだろ・・・^^;

20190929_1.jpg

20190929_2.jpg

20190929_3.jpg

20190929_4.jpg

20190929_5.jpg

20190929_6.jpg

20190929_7.jpg



ハーレーダビッドソン作ってます | 2019/09/29 12:13

もうすぐ完成なので来週渡米します。。。

6月末の渡米時に発案したハーレーをフレームから作る計画・・・いよいよ完成間近です!

今日の時点で写真の状態まで仕上がっているので、今週末にはシートとフェアリングが着いて走れる状態になり、
土曜にLA郊外にあるダイノショップまで積車で運び、一先ず慣らし用のセッティングを出して貰います。

で、僕も今週頭に飛行機のチケットを取ったので、来週1日から1週間渡米し、じっくりテストライドして来ます!
現地に着いてからは木曜までに500マイルの慣らしを終え、もう一度ダイノショップで本セッティング、
金曜・土曜と試運転を兼ねてフレズノのイベントに向かい、日曜はラスベガスのイベントに寄って週明けLAへ戻ります。

また渡米中か帰国後にマシンの詳細を一覧にしてご案内しようと思いますが、
新品のパーツもかなり組み込み、エンジンやミッション、塗装や組み付けにも相当手間が掛かっています。
あと一番のポイントは、日本で登録すると以後は車検の事を気にせず、ずっとこの状態で乗れる事ですね!

バイクは暫く現地に置いておくつもりなので、追加のカスタムなどもお受け出来ます。
冷やかし半分でも構いませんので、また興味がある方は遠慮なくお知らせ下さい。


20190926_1.jpg

20190926_2.jpg

20190926_3.jpg

20190926_4.jpg

20190926_5.jpg

20190926_6.jpg

20190926_7.jpg

ハーレーダビッドソン作ってます | 2019/09/26 11:22
 | ホーム | Next »