いざ北カリフォルニアへ(その4)

さて再び北カリフォルニアのお話、その4です。
もともと記憶力が悪いので少し急がねばなりません(笑)

翌朝もサンタクルーズのダウンタウンを徘徊し、人気がありそうな店でブレックファスト。
Tofuなる文字が見えたのでオーダーしてみましたが、オイルまみれで豆腐感を見事にスポイル^^;
味は上品な感じでしたけど。。。

20171106_1.jpg


サクッと朝食を済ませ、17番のハイスピードな山道を抜けサンノゼ→サンフランシスコを横目に、
ウィンザーという街にある工業団地の様なところへ到着。約150マイル、2時間チョイの旅です。

その一角にある大きな倉庫の、更に端っこにあるスペースで彼は仕事をしていました。
彼とはTaylor Schultz、前々回ブログで紹介したUnknown Industriesのマシンやヘルメットをはじめ、
雑誌にも頻繁に登場する若手ペインターです!

House of Kolorはカスタムペイントでは有名なアメリカの塗料メーカーですが、
同社が2輪の雑誌に出す広告でも彼が登場しています。

下に見えるのは下処理が終わり塗装を待つSIMPSONヘルメット。

20171106_2.jpg


彼の作品には独特の雰囲気があるので、
雑誌などで似た塗装を見かけたら是非ペインターの名前をチェックしてみて下さいね!

この無造作に置かれたタンクで1500ドルだったかな?安いような高いような・・・。

20171106_3.jpg


『俺の塗ったマシン達を見せてやるぜ!』と説明中のテイラー。
後ろから隠し撮りした彼本人も静かで独特な出で立ちです(笑)

20171106_4.jpg


グリーンとゴールドのUnknownマークが入ったフェアリング。
アメリカでは有名な某凶悪団体のマシンも塗装中でしたが写真撮影禁止だって^^;

この前日にサンフランシスコで開催されたショー向けの作品をずっと手掛けていたとの事で、
残念ながら訪問した日には殆どが出払ってモヌケの殻状態でした・・・残念!

20171106_5.jpg


ちょいピンボケですが、ヘルメットの塗装も数多く手がけている様でした。
1個が大体1000ドル前後で、依頼する際はイメージを伝えて後はお任せって感じが無難そうです。

20171106_6.jpg


日本で人気のSIMPSONだって得意分野。
もちろん当店でヘルメットを注文頂き、そのままテイラーへ送って塗装する事も可能ですよ!

20171106_7.jpg


僕自身、芸術的なセンスは皆無なので、彼の仕事にただただ感心するばかり。
あと、話の途中で彼の持ってるマシンを見せて貰う事になりました。

何でも雑誌に載った事があるデモマシンらしく、ベースは91年式のFXRだったかな?
ちなみに、こんな感じで1台丸々仕上げると5000-6000ドル前後との事でした。

20171106_8.jpg


なお、フレームまでフルメッキされたこのマシン、なんでも買ってくれる人を募集中だとか・・・。
テイラー曰く2万ドルでどうだ?との事でしたが、希望される方が居れば日本までの輸送も手配します!

ちなみに今のレートだと何だかんだ総額で200万円台後半になると思います^^;
もちろん本気で購入を希望されるなら価格も交渉してみますが、
いっそフェアリングやヘルメットも同じデザインに塗って貰えば目立つ事この上なし!!

20171106_9.jpg

20171106_10.jpg


ちょっと異質な感じの訪問になりましたが、以外にもこじんまりした作業スペースで驚きました。
基本的に彼1人で仕事をしている様なので、依頼が集中すると数ヵ月は待つ事になるかも知れません。

ここでもオリジナルロゴ入りのTシャツを貰い、殺風景な工業地帯を後にします。
土曜日と言う事もあり、近くでハーレーのイベントが何件かあったので南下しながら見て回る事に。

L.A.までの帰り道?に寄ってみたラスベガスでのショーの様子と共に次回お伝えします!

ところで、数日後に再びテイラーから『バイクの買い手見つかった?』との連絡があったので、
まだ売れて無ければ足元見て値切れるかも知れません(笑)

スポンサーサイト
カリフォルニアの話 | 2017/11/06 14:12

いざ北カリフォルニアへ(その3)

さて、まだ続く北カリフォルニア編。え?そろそろ飽きてきました?
じゃあ次回は違う話題で一休みして、多分(その5)くらいまで続く予定です(笑)

スッカリお気に入りになったKRAUSを後ろ髪引かれる思いで後にし、次に立ち寄ったのはBig Al's Cycles

オークランドを拠点にするUnknown Industriesというハーレーのスタントチームがあるのですが、
そこの車両を作ったりメンテしているのが、このBig Al's Cyclesなんですね。←多分間違って無いはず^^;

ちなみにUnknown Industriesってこんな感じ。




ちょうど移動中にAKMの暮石さんとインスタでUnknownの話をしていたのですが、
ハーレーのスタントチームとしてはかなり有名みたいです・・・僕は良く判って無かったけど。

お店にの駐車場に車を止めて降りると・・・いきなり金色に輝くド派手マシンと色男が登場!
偶然にもリーダーのNick Leonettiがマシンの調整で来店中でした。

20171024_1.jpg


うーん、普通に立っているだけなのに画になる男で羨ましい(笑)
と言う事でお約束の記念撮影(太めの目線入り)。僕もロン毛のカツラ被ろうかな。。。

ちなみにUnknownの公式サイトで販売されているグッズも彼が全て取り仕切ってる様です。
お金持ちのボンボンっぽいオーラ出てたけど、実際はどうなんだろ?

20171024_2.jpg


余談ですが、このド派手なペイントも前回お話したペインター(その4で登場予定)が手掛けてます。

20171024_3.jpg


それはそうと、Big Al's Cyclesもオリジナルパーツを販売していて、今回当店でも扱える様になりました。
価格もKRAUSほど高くは無いですが、ちょっとミーハーっぽい感じなのかな?

ネットでの販売は禁止って事だったけど、ネットってのがどこまでを指すのか良く判りません(笑)
『まだ日本では売って無い筈だよ』との事でしたが、これも果たして本当なのか・・・^^;

今手元にあるものは少しだけですが、取り敢えず価格を出しておきますので興味がある方は是非!
もちろん他の商品も全てお取り寄せ可能です!
※価格は為替レートによって異なりますので、参考程度にご覧下さい。全商品、送料・消費税込。

関東近郊の方であれば横浜のAKMさんで取付(別途工賃)も可能です。ご希望の際は遠慮なくお申し付け下さい。

Big Al's Cycles High Bar (Kdub High Bend) Black Anodized 21000円
Big Al's Cycles High Bar (Kdub High Bend) Chrome 24500円
Big Al's Cycles Bubba Clamp Kickbacks 8" Black Anodized 46800円
Big Al's Cycles Bubba Clamp Kickbacks 8" Chrome 46800円
Big Al's Cycles Air Cleaner Kit Black/Contrast Cut 36200円
Big Al's Cycles Air Cleaner Kit Chrome 36200円
Big Al's Cycles Points Covers Chrome (Big Al's Cycles Logo) 10500円
Big Al's Cycles Points Covers Black (Big Al's Cycles Logo) 10500円
Big Al's Cycles Derby Covers BAC Logo Black Anodized (Big Al's Cycles Logo) 21200円
Big Al's Cycles Derby Covers BAC Logo Chrome (Big Al's Cycles Logo) 23600円

20171024_4.jpg


お店にいる間も色んな人とマシンが入れ替わり立ち替わり状態でしたが、
金曜の午後だったからか、殆ど喋ってるだけで仕事をしてる雰囲気はゼロ(笑)

この緩い空気が独特の感性を生み出すのかな?それで生きていけるなら最高ですよね!
僕もこんなノリで働きたいけど、きっと1年でお店を潰しちゃう自信あります。

20171024_5.jpg


何台かのマシンを観察したり、オリジナルパーツの説明を受け、
再び100マイル離れたサンタクルーズのモーテルへ向かいました。

帰りにKRAUSのメンバーが教えてくれたイベントへ行こうとオークランドに寄り道したものの、
結局どこでやってるのか判らず仕舞いで、夜のダウンタウンをウロウロしただけ。

今もオークランドは治安が悪い様なので、早々に切り上げて明日に備える事にしました・・・また続く。

カリフォルニアの話 | 2017/10/24 19:39

いざ北カリフォルニアへ(その2)

翌朝、時差ボケと寝不足を日本から持ってきたQ&PコーワゴールドAで誤魔化しつつ、
サンタクルーズのダウンタウンらしき場所でハイカロリーな朝食を頂きました。

リッチな雰囲気のお客さんが多い店で、味は見た目よりコテコテじゃ無く、日本人にも合います。
ビジネスマンらしき人も沢山居て、それぞれが自分のペースで過ごしている感じがイイ。
自分も日本でこんな朝を演出してみようかな?近所のベタな喫茶店で・・・(笑)

20171017_1.jpg
チップと税金入れて$12前後だったかな?これも量を考えると日本より安いくらいかも。


という事で、朝食を済ませて向かうはサンタローザ。
ロサンゼルスに戻ってから知ったのですが、丁度サンタローザを発った日に例の山火事があった様で・・・
不幸にも亡くなられた人達のご冥福をお祈りします。

20171017_2.jpg
フリーウェイ101から580へ、サンフランシスコを横目に再び101へ。130マイル約2時間の旅。


100マイルが直ぐ近所の感覚になってしまったのか、あっという間に目的地のKRAUSへ到着・・・緊張!
※ここからの画像は全てサムネイルでアップしているので、クリックで大きくなります。

20171017_3.jpg


先進気鋭のバイクビルダー、さぞ変わった雰囲気なんだろうと思っていましたが、
至って普通のイケメン兄さんが出迎えてくれました。
遠いところから良く来たね、まぁ工場の中でも見てよって事で奥へ・・・。

入口近くには大きな工作機械が何台か置いてあり、少しお歳を召した方が寡黙に作業中。
何となくKraus本人のお父さんっぽい気がしましたが、すっかり聞きそびれました。

20171017_3-5.jpg


奥の作業場にはバイクリフトが4台ほどあり、ダイナ・ソフテイル・ツーリング系と画になるラインナップ(笑)
ちなみに手前に見えるマシンはKRAUSが手掛けた最初の1台らしく、着いてるパーツも手作り感が満載。

20171017_4.jpg


こちらダイナ。このグラフィックも含め、近くにKRAUSで御用達の有名なペインターが居るのですが、
この日はイベントでサンフランシスコに居るとの事で翌日に訪問。また後日ブログにアップしますね!

20171017_5.jpg


その奥にはソフテイルが。
ソフテイルに手を付けたのは初めてらしく、ブレーキ周りで試行錯誤中の様でした。

20171017_6.jpg


そして手前にはシルバーのタンクに筆記体のロゴ、KRAUSのファーストマシンとメカニックです。
前後オーリンズ+オフ車用のハンドル周りで現在のKRAUSスタイルを作り出しました。

それにしても皆なフレンドリーで商売っ気なんて微塵も感じません。
自分たちが作っているものに対し、絶対的な自信があるからなのでしょうね。

20171017_7.jpg


パーツは殆ど手作りなので、言って貰えればどんな要望にも応えられるよ!との事。
あとでお見せするマシン達を見ればなるほど納得。

そうそう、もちろんKRAUSの公式サイトで販売されている商品は全て当店で取扱可能です!
僕が解らない様な事もKRAUSのスタッフが対応してくれますので、遠慮なくお問い合わせ下さい(笑)

20171017_7-5.jpg


そして、こちらがSatya Kraus本人。写真はIndianにも精力的に手を付けたいと熱く語っている最中。
どこか繊細さを残した魅力的な男で、僕もスッカリ惚れて(変な意味じゃ無く)しまいました。

ちなみに彼が推すブランドはショックがOhlins、ブレーキはBeringer、スイングアームならBrooks、
ホイールがBSTのカーボン、メーターだとMotogadget、みたいに一貫しています。

このマシンとか僕的にドンピシャ!半額だったら借金して買ってしまいそうです(笑)

20171017_8.jpg


そして時間が経つにつれ、どんどん違うマシンを引っ張り出してくれます。
こちらのカスタムマシン、お値段ずばり12万ドル!!

20171017_9.jpg
前後のショックはダウンヒルバイク用を流用しているそうな。


20171017_10.jpg
シートだってお気に入りのレザー屋に特注する拘り。


最後は2階にあるオフィスへ上げて貰い、大切そうに置かれていたマシンを見せてくれました。
スロットルを前側に回すとフロントブレーキが効いてみたり、
スイングアームの上側にショックが内蔵されたりと凝りに凝った1台。

シートは南カリフォルニアのマリブにあるBill Wall Leatherの特注です・・・渋すぎる!

20171017_11.jpg


凄く忙しいはずなのに、突然現れた怪しいアジア人に優しくしてくれたSatya Kraus。
帰り際にステッカーを沢山くれたので、お礼にTシャツと帽子を買ったらTシャツ1枚サービス(笑)

20171017_12.jpg
女の子がエッチな顔してるステッカーがお気に入り。キャッチフレーズはMASTURBATION MOTIVATION

最後に米HOT BIKE誌の表紙を飾ったマシンのエンジンを掛けてくれたので、短いですが動画をアップします。
本来はもっとド迫力なサウンドなんですが、如何せんスマホでの撮影なのでご勘弁を。

[広告] VPS


[広告] VPS


なお、KRAUSのパーツは汎用性のあるものを数点オーダーしたので、入荷次第ご案内します。
本人も日本人の事をリスペクトしてくれていましたが、実際細部まで作り込まれたマシンなど、
日本人が共感出来る部分も沢山ある様に感じました。興味がある方は是非チェックして下さい!

この日の午後編へ続く・・・

カリフォルニアの話 | 2017/10/17 21:15

いざ北カリフォルニアへ(その1)

今回の渡米記は内容も濃く長くなりそうなので、数回に分けてアップしたいと思います!
もちろんお客様にも有益な内容が沢山ありますが、何より僕がハーレーに詳しくなったのが最大の収穫(笑)

と言う事で、いつもの様に羽田の夜間便で出発。いつの間にか0時過ぎだったLAX行きが22時に変更されてます。
日付が変わって直ぐだとスケジュールを組む際に混乱し易いし、色々問題があったのかも知れませんね。

で、9時間ちょいのフライトを経てロサンゼルスに着いたのが水曜の夕方。いつもの安モーテルで仮眠を取って、
翌木曜の朝にはフリーウェイ101番から5番に乗り、CorbinのあるHollisterへ車を走らせました。

実は春に渡米した際、HollisterのJelly'sという怪しい店で食べた朝食が余りに不味くて若干トラウマ(笑)
今回は道中のDenny'sで無難なブレックファストでしたが、それでもJelly'sよりは遥かに美味しい!

20171014_1.jpg
こんな感じの道を300マイルほど、ただひたすら走ります。


そんなこんなで昼前にCorbinへ到着!
当初は予定に無かったのですが、ちょうどBMC Corbinのオーダーが入ったので今年2回目の訪問。
折角ならBig Mikeへ直接オーダーしようとワイロも用意していたのに彼は見当たらず・・・無念^^;

この日もマシンを持ち込んでオーダーしに来てるお客さんが沢山居ました。
仕様をミスられるのは有名な話だろうし、直接来られる距離ならそのほうが手っ取り早いです。
普段は何週間も待たせるくせに、ファクトリーでオーダーしたら大抵その日に完成する訳だし・・・
もしかすると、工場で直接受けたシートを間に入れていくから納期が遅れるのかも。

20171014_2.jpg
味が怖いけど、いつかは併設されているカフェでご飯を食べてみたいです。


Big Mikeは居ませんが、担当の姉さまと工場の中で仕様の簡単な打ち合わせ。
ところでCorbinの近くにはBMCと同じくコラボでオリジナルシートを作ってるショップがあるのですが、
下の写真には偶然そこのお兄さんが写ってます(笑)

20171014_3.jpg
っていうか、BMCも殆どCorbinの中で仕事してる様ながします。


今回もSpeed and Strengthでサポートさせて頂いているスタントライダー、暮石氏のシートをオーダー。
彼は今ダイナでもスタント車両を作っているので、新たにBMCのシートを手配。
合わせてBMCのフロントフェアリングもお買い上げ頂いたので、こちらも色塗りが終わればご紹介します。

20171014_4.jpg
このマシンはスポーツスター、春に作ったBMC Corbinも調子イイ様で一安心です。


で、出来上がったシートがこちら。ダイナ用のThe Wallをベースにシートバックを2インチアップ、
サイドパネル以外は全てアスファルトで滑り難くし、縫い合わせのステッチも全てダブルで仕上げました。

ココだけの話、素材と色は任されていたので、前述したお兄さんが作ってたシートを見てパクりました(笑)

20171014_5.jpg
サイドパネルはラメが入ったシルバー、刺繍も同じシルバーで揃えてみました。



シートのオーダーも終わり、次に向かったのは少し北のMorgan HillにあるKali Protectives
現地の雑誌やSNSで見る限り、北カリフォルニアエリアのハーレー乗りが結構使ってる感じです。

20171014_6.jpg
みんなラフな格好で自由な雰囲気ですが、どこと無く南カリフォルニアより洗練されてる様な・・・


本当は翌日に伺う予定だったので担当者は不在、代わりにエンジニアの方が応対してくれました。
ちなみに彼のお気に入りヘルメットメーカーは、1位がKALI(笑)で、2位はAraiとの事!

20171014_7.jpg
ホワイトボードを使って色々と説明してくれます。


彼には工場を案内してもらいながら色々説明して貰いましたが、
要点をまとめれば、ヘルメットは強度も不可欠だけど、軽い事も同じくらい大切だと。
また、KaliのヘルメットはシェルとEPSを別々に組み付けるのではなく、
シェルにEPSを圧入?してるので隙間が無い。だから衝撃を効率的に吸収出来るという事でした。

20171014_8.jpg
緑の吸盤みたいなのは衝撃を受けた際に力を分散させるためのものとか。最近の主流ですね。


実際に何点か試着してみましたが、フィット感は国内2メーカーとほぼ同等、内装形状も違和感ありません。
各モデルのMとXLを何個かオーダーしてみましたので、質感などチェックして後日ブログでアップします。
今後は当店のレギュラーメーカーとして扱いますので、興味のある方はいつでもお問い合わせ下さい。

20171014_9.jpg
彼のハーレーもダイナで、よく見るとBMC Corbinが付いてます(笑)


20171014_10.jpg
会社の裏にダートコースを作っているんだけど、すぐ裏が警察署でちょっと心配なんだとか。


時差ボケ+寝不足のせいか、ナチュラルハイな感じのまま初日の予定は終了。
少し西に走ったサンタクルーズでイイ感じのモーテルを発見し、
フロントのオバちゃんに近所の美味しいステーキハウスを教えて貰い、明日からの訪問に備えます。

20171014_11.jpg
こじんまりした雰囲気のある街、サンタクルーズ。海岸線を走ると気持ちイイです。

20171014_12.jpg
何故か渡米すると一度は食べたくなる巨大な肉。量で計算したら日本のファミレスよりお得かも。



更に良い出会いがあった2日目に続く・・・

カリフォルニアの話 | 2017/10/14 23:53

そう言えばスーパークロス

前回のブログをアップした際に気付いたのですが、
今年1月の渡米時に観戦したAMA Supercrossの事をスッカリ忘れていました^^;
溜まった仕事と事故の処理でドタバタしていたのもありますが・・・

という事で、ボロボロの体に鞭打ってアナハイムまで行ってきました編。今更ながらスタート!(笑)

まずは開催会場。下の写真がテレビでも時々見かけるアナハイムのエンゼルスタジアム。
スーパークロスの開催日だろうがエンゼルスの選手が垂れ幕でお出迎え。

オレンジカウンティの北西に位置するアナハイム、LAXからでもフリーウェイで1時間弱とアクセスも抜群。
AMA Supercrossは初戦を含め1月に2度エンゼルスタジアムでレースがあり、
他にはカリフォルニアだとサンディエゴのペトコ・パークで2戦、サンフランシスコ辺りでも数戦行われています。

毎年同じスケジュールだと思うのですが、観戦に行かれる際は公式サイトをチェックして下さいね。
僕はアナハイムしか行った事ありませんが、どうやら最終戦のラスベガスが面白いらしいです。

20161004_1.jpg


予選までは観なくてイイかなって事で、夕方に現地へ到着。まだパーキングも空いてました。
ところで以前のブログでも書きましたが、基本的に向こうでは車をバックで駐車する事はありません。
ところがレース開催日のエンゼルスタジアムではバック駐車が目立ちます。何故か?

正解は、レース後に帰りの渋滞にハマらない様、一刻も早く駐車場を出る為とか・・・^^;
アメリカ人もそんな細かい事気にするんだと妙に感心(笑) 実際は言うほど混みませんでしたが、
朝夕のフリーウェイのほうが遥かに酷い渋滞だと思うんですけどね。

20161004_2.jpg


レース開始は日が落ちてからなので、それまでピットの中をウロウロしてみます。
どのチームも手が届きそうな距離にマシンが置いてあり、ライダーも普通にウロウロしています。

スタイル抜群な金髪のお姉さんと一緒に写真も撮れたりしますが、まぁ硬派な僕には関係無いですね。
誰が何号車なのかも良く判らないまま、ひたすら戦うマシン達を観察し続けます。

そう言えばチームによっては日本人らしきメカニックの方も何人か見かけました。
アメリカのダートレース、それも第一線で仕事が出来るなんてカッコいい!

20161004_3.jpg

20161004_4.jpg


スタジアム内でも食べ物は売ってますが、折角のパスなのでThorのブースで食事を頂きました。
食べ放題&飲み放題の日本で言うバイキング形式で、アメリカなら『バフェィ』かな?発音が難しい^^;
係の人が『もっと食え食え』と、次から次へお皿に盛ってくれるのを巧みにかわします(笑)

初めて来た時、Thorのブースで食べたコーンマフィンが凄く美味しくて、
以来、渡米するたびにコーンマフィンミックスを買って帰るんですが、何故か味が再現出来ません。
余談ですけど、アメリカはワンカップの量が日本と異なるので、お菓子を作る時は要注意!

20161004_5.jpg


今回の席は結構上段だった訳ですが、これがまた半端無い高さで、高所恐怖症の僕には軽い罰ゲーム状態。
それでもレースが始まるまで往年の名ライダー(誰か忘れました)がブイブイ走ってみせたり、
セクシー衣装のSupercross Girlがバズーカみたいなのでタオル?を飛ばしたりと飽きさせません。

レース開始間近になると火を噴いたり花火もバンバン上がって、否が応でも盛り上がります!
誰か判らない歌手が生でアメリカ国歌を歌い始めると、日本人の僕も直立不動で緊張状態に(笑)
思わずUSA万歳!と叫びたくなる雰囲気。こういう空気作りが本当に上手な国だと改めて感じる瞬間。

20161004_6.jpg

さて、肝心のレースはKTM Juniorから始まり、250SXのHeat1→Heat2、450SXのHeat1→Heat2、
また250SXに戻ってLCQ、450SXのSemi1→Semi2、450SXのLCQときて、
メインに250SXのRace、続いて450SXのRaceとなります。この間3時間弱ですが、アッという間です。

LCQってのはラストチャンスクオリファイの略で、簡単に言えば敗者復活戦ですね。
後で知った話ですが、今回、450SXのLCQが終わってマシンが1台盗まれてしまった様です。
幸い後にマシンは戻って来た様ですが、どうやらバイクショップによる犯行だったみたい・・・。

レースの動画とかはアップすると怒られそうなので、興味がある方はYoutubeなどをチェックしてみて下さい。
個人的にもダートバイクは普段乗らないし、スーパークロスだって全然詳しく無いんですが、
今回の様にスタジアムで開催される事が多いので、上からレース全景が見渡せて展開が判り易い。
MotoGPとかも迫力はあるけど、ヒュンヒュン!って走り去った後は暫く戻って来ませんから(笑)

そんな感じで、あまりモータースポーツに興味がない彼女や奥様を連れて行っても楽しんで貰えるし、
僕的にはスーパークロスを観に行くだけでも、アメリカまで行く価値はあると思います。
日本からの弾丸ツアーとかもある様ですが、時差もキツイし折角なら1週間くらいは滞在したいところ。
現実的な話、今なら燃油サーチャージも殆ど掛からないので、日系でもエア代は往復10万円切ります。

レンタカーだって1週間借りて精々400ドル、宿は安目のモーテルが1泊60ドル×5日で300ドル。
2人で行けば1人当たり350ドル、3人なら230ドルくらい。食事と諸々の費用が1日50ドルとして250ドル。
頑張れば15万円くらいで済むし、少し贅沢しても20万円以内。学生さんなら借金しても行って欲しい!
ウチで新しいヘルメットを検討されているなら後回しにして、さぁ年明けのアナハイムへレッツゴー!!

カリフォルニアの話 | 2016/10/05 11:09
 | ホーム | Next »