FC2ブログ

Fly Racingの2019年モデルアップ完了!

各メーカー、着々と2019年モデルへ入れ替えが進んでおりますが、
つい先日、Fly Racingも全て新作へと更新が完了しました!

去年までのFly Racingはモデル構成が少し煩雑で、違いも解り難かったのですが、
今年は一転してスッキリしたラインナップになっています。

先ずはトップモデルとなるコンポジット素材を採用したF2 Carbon Mipsシリーズ。
全グラフィックでMipsを採用し、米国での定価も大幅ダウン、よりお求め易い価格になりました!

パッと見た感じ仕様はそのままかと思いきや、シェル構成も3シェル4EPSから2シェル3EPSへダウン、
密かに全面改良(コストダウン?)されています。

正直なところ、あまりオーダーを頂かないモデルですが、実物は軽くてカッコいいんですよ!

20180915_1.jpg


そしてF2 Carbonの次が軽量ポリマー製シェルのToxin Mipsシリーズ。
こちらはEmbargoというグラフィックとSolidカラー1色のみのあっさりしたラインナップ。

Toxinも全てMipsが採用されていますが、ところでポリマーって何でしょ?
Wikipediaで調べてみたところ、
ポリマーとは『複数のモノマーが重合することによってできた化合物のこと』・・・

・・・らしいですが、要は素材を表す言葉では無い様です^^;
シェルの材質として良く出てくるポリカーボネイトもポリマーらしいし、
多分ポリカーボネイトなんでしょう!笑

20180915_2.jpg


それよりも次のグレード、同じ軽量ポリマー製シェルのEliteとはどこが違うのか?
Eliteは定価ベースでToxinより一気に$60ほどお安くなっています。

仕様表を見る限りではMipsが無くなり、バイザースクリューが樹脂製になるくらい?
ですが、画像を見比べるとマウスピースが一体成型?になったりと、細かい部分で異なります。

凹凸の少ない面の出し方が今風で、Eliteのほうがスマートな感じもしますけどね!

20180915_3.jpg


そしてFly RacingのエントリーモデルにしてロングセラーなKineticシリーズ。
前述したEliteより定価で$30ほどお安くなり・・・仕様も殆ど変わらずお得な感じがしますが・・・

これ、Fly Racingの商品全てに当て嵌まりますが、見事に価格相応な品質差がありまして、
Kineticはダクト周りのバリがバリバリ残っていたり、誰が見ても廉価版と判る仕上がりです(笑)

気分的にはガンガン使ってボロボロになったらアッサリ買い換える!
みたいなアメリカっぽい大量消費型モデルだとお考え下さい^^;

20180915_4.jpg


ところでKinetic以外のヘルメットにはプラス$10ほどでCold Weatherシリーズがラインナップされています。
これは読んで時の如く、下の画像にある様なブレスガードとプラグキットが付属していて、
極寒時やスノーモビルなどでの使用を前提にした寒さと戦う人用モデルなのです。

ちなみにToxinとEliteのプラグキットはもう少しショボイですが、
別で買うと結構しますので、グラフィックに拘りが無ければ隠れたお買い得品です。
※実際当店でもコンスタントにオーダーを頂いています(もちろん冬期に)。

20180915_5.jpg


他には専用シールドが付いた定番のTrekkerもラインナップされていますが、こちらは昨年と全く同じ。

独特で垢抜けないデザイン(個人的見解です)のFly Racingですが、フィット感も極端な欧米人向けでは無く、
F2 Carbonなんて他メーカーの同価格帯より質感も高いし、何より軽量で被り易そうです。

もちろんゴーグルやウエア類も全てお買い得価格で手配出来ますので、
興味がある方はジャンジャンお問い合わせ下さい!


ご注文はこちらから → Fly Racing

スポンサーサイト
Fly Racing | 2018/09/15 23:27

ひっそりとFly Racingに新作登場

いつの間にかFly Racingが新作を投入していたので、今回はこちらをサクッとご紹介します!
手元の2017年カタログにも載って無かったので完全にノーマークでした^^;

まず数年前にマイナーチェンジをしたTrekker。今でも根強い人気があります。
ここにきてグラフィックモデルを追加。あと2年くらいは売るつもりなのでしょう。

カラーは2色、左がMatte Grey/Hi-Visで、右がWhite/Grey。
完全に僕の主観ではありますが、Fly Racingらしく日本人受けしないデザイン(笑)

更に画像ではマットにしか見えないWhite/Grey、本当に艶有りなのか不安です^^;
そう言えば、最近はメーカーを問わず全体的にグロス系の注文が増えて来ました。
確かにマットフィニッシュは手入れも大変だし、加水分解が起こると悲惨ですからね。

20170514_1.jpg


そして、次が完全な新作として登場したToxin(毒素って意味らしい)
エントリーモデルのKinetic系より少しだけ価格アップ、それでも米国定価は$159.95とお買い得。
Kineticとの大きな違いはCoolmax製の内装、リベットやスクリュー類が金属製になる事かな?

あと、全体的にガチャガチャしたデザインが多いFly Racingの中では落ち着きがあります。
全部で7色、赤と青、緑が入った3点がグロスで、あとの4点はマットフィニッシュ。
ここでもグロスの赤と青が艶々してて気になります。

20170514_2.jpg

Fly Racingは他メーカーに比べ、価格と質感が見事なまでにマッチしているブランドで、
Kineticなどは細部の仕上げが結構雑で、検品中もガッカリすることがシバシバ。
その代わり?補修部品はビックリするくらい細かく設定するお客様想いなメーカー(笑)

未だ現物を確認していないので断言は出来ませんが、写真だと角が取れた今風の造形で、
ToxinはFly Racingのエントリーモデルとしてベストな選択になる気がします。


ご注文はこちらから → Fly Racing

Fly Racing | 2017/05/16 23:31

レアなFly Street Helmetをチェック!

今更なのでインフォメーションにも書いてませんが、ゴールデンウィークも張りきって営業中です。
それにしても凄い勢いで円高が進行してますね。お客様がお得感を感じられるので良い事なのですが、
たった数か月で15円も動くと、こちらの価格がそれに追いつかず割高感だけ残ってしまいます・・・。

ただ、当店の様な吹けば飛ぶような零細商店は、何かと柔軟に対応出来るのも強みなので、
夏ごろになってまだ105円前後をウロウロしている様なら再度の値下げも検討致します。


さてさて、話をタイトル通りに戻し、今日は珍しいヘルメットをご紹介します。
Fly RacingのStreetシリーズ、Tourist Helmet Vista Flat Black/Silver、XLサイズ。
いつもお世話になっているお客様からのオーダーでしたが、
残念ながらサイズ感が合わず返品となってしまいました(涙)

どうでしょ?パッと見た感じでは3/4とフルフェイスの中間みたいな感じですが・・・。

20160503_1.jpg


シールドを上げてみると、少々大袈裟サイズのブレスボックスが現れました!
根元がベコっと凹んでいる様に見えますが、これは仕様です。

20160503_2.jpg


下側には大型のチンカーテン。マジックテープで端っこを固定出来る様になっています。
ん?何やら左右にレバーの様なものが・・・

20160503_3.jpg


このレバーをガチャリと操作すると・・・誰もが気付いていた通りチンバー部分が取り外せます!
Flyの説明文ではRemovable Jawと呼んでいますが、まぁどっちでも良いでしょう。

ブレスボックスの上端はスポンジ状の素材になっていて、お肌に優しくフィットします。
チンバー裏の黄色いステッカーには、安全を保証するものではない旨が記載されていて、
寒冷時期や荒天時に役立ちますってのが売りの様です。なるほど、それでツーリスト。

20160503_4.jpg


Flyは色々と気が効くメーカーなので私もお気に入りブランドの一つなのですが、
今回も例にもれず、チンバー着脱部分の穴を埋めるゴム製のパーツが付属していました。
大雑把なアメリカ人がソコを気にするんだなって感じ(笑)

20160503_5.jpg


あと、当店も届いてから気付いたのですが、写真のスモークシールドが1枚付属していました。
更に後ろ側に見えるのは着脱式のバイザーで、これはシールドと入れ替えての装着です。

お客様からはオプションのダークスモークシールドもご注文を頂いていましたが、
先に気付いていれば無駄な出費を防げましたね・・・申し訳無かったです。

ちなみに別売りシールドは前述したダークスモークとクリアのダブルレンズのしかありませんが、
付属のシールドは少し色目が薄く、単体で取り寄せ出来ない幻のシールドという事になります(笑)

20160503_6.jpg


今回の個体はXLサイズ、シェルの構成は不明ですが、フル装備状態で1605g。
そこからチンバーを外すと1463g、さらにシールドをバイザーに替えると1372g。

20160503_7.jpg

気になるフィット感ですが、普段Mサイズの私も試着してみましたが、XLで全体的に少し余裕あり。
恐らくLがジャストっぽいので、欧米人型の頭でワンサイズ大き目がベターといったところでしょうか。

で、本題ですが(笑)、このTourist Helmet Vista Flat Black/Silver、当店通常価格16400円のところ、
お取り寄せ品の返品という事で20%オフのコミコミ13100円でご提供致します。
しかも別売りのダークスモークシールドは不良在庫間違い無しなので超特価1500円(涙)
是非一緒に買って下さい。お願いします(笑)

近日中にヤフオクへ出品しますが、先日から落札手数料が値上げされたので、
上記価格の10%増しでの掲載となります。ご希望の方は是非メールにてお問い合わせを!

Fly Streetのアイテムについては下記リンク先から確認頂けます。
もちろんウエアを含め全てお取り寄せ可能ですので、こちらもチェックしてみて下さい。


商品の一覧はこちらから → Fly Street

Fly Racing | 2016/05/03 23:35

Fly Racing Trekker、まさかのマイチェン

先週末から娘の幼稚園も春休み、すっかり生活のリズムが狂い気味な花粉症の僕です。
SIMPSONのオーダーキャンペーンも終わり、今日はS&SのSS2400をご紹介するつもりだったのですが、
Fly Racingから届いたTrekkerが密かにマイチェンされていてビックリ!予定を変更して渋々残業中です。

つい先日届いたFly Racingの2015カタログには今まで通りの写真が掲載されていたのですが、
何故このタイミングで仕様変更?これがあるから迂闊にストックするとエライ目に遭うんですよね^^;

まぁ変わったと言っても細かい部分ばかりで、モタードスタイルなシェルそのものに違いはありません。

20150323_1.jpg


まず僕が最初に気付いたのが化粧箱。お客様にはどうでも良い部分ですが、
前の箱は紙が薄いのか作りが弱く、数個重ねるにはコツが必要だったので結構うれしい改良点(笑)

それはさて置き、機能面で目立つのはバイザー形状と可動式ベンチレーションの意匠変更です!
特にベンチは爪で操作するしか無かった小さなポッチから、確実に操作出来るタイプになりました。

20150323_2.jpg


どれも形状自体は同じなので、パーツで販売されるならダクトだけ入れ替える事も出来そうです。
もし旧モデルでベンチ部分に不具合が出たら検討してみて下さい。

クドいくらいプリントされていたFlyのロゴが減って、前面ダクト横に小さくモデル名が入りました。
代わりに内装の生地がロゴだらけになりましたが、これは前よりイイ感じです。
今まではオプション扱いだったバイザーレス用のコンバージョンキットも付属します。

え?変更点を旧モデルと比較して見たい?機能的には新型が確実に上なので昔の事は忘れましょう。。。
どうしても見たい方はグーグル先生にお願いして下さい^^;

20150323_3.jpg


と、ここまではまぁ許容範囲だったのですが、良く見るとシールドに後付け感のあるストッパーが!
確かに旧型は個体によってシールドの閉まりが甘かったです。でもまたシールド注文し直さないと・・・

まだ試してはいませんが、旧モデル用のシールドを新型に使うのは問題無さそうです。
逆はシールドにビス止めされたパーツがアイポートラバーに干渉するかも知れません。

※シールドについては新旧で互換性がありませんでしたので、注文の際はご注意下さい。

何れにしても旧モデル用のシールドはMSR Xpedition用としてストックしますのでご安心を。
もしやMSR Xpeditionのモデルチェンジも時間の問題なのかな?確認しておきます。

20150323_4.jpg


とまぁ旧モデルのネガを潰し、正常進化した感じの新生Fly Trekkerですが、
メーカー希望小売価格もシッカリ$10.00アップ、当店でも1000円の値上げと相成りました。

なお、ストック分の旧モデルは涙の叩売り価格でセール品コーナーでご案内中です。
その差4100円ですので、シールド買ってもお釣りが来ますよ!えーい、もってけドロボー!!


ご注文はこちらから → Fly Racing

Fly Racing | 2015/03/23 22:32

Fly Racing F2 Carbon Dragon Alliance...

Fly Racingのダート用ヘルメットでは、最上級グレードにFormula MXが存在していますが、
スクリューがチタン製だったり、豪華なヘルメットケースが付属していたりと付加価値を高めたモデルで、
スペックと価格のバランスが良いF2 Carbonが実質的なトップグレードだと思っています。

Formulaより$100.00ほど安いF2ですが、素材はFormulaと同じカーボンファイバー系のコンポジットシェル。
っていうか、良くみれば形も全く同じで、後述するOPパーツの品番も同じなんですよね^^;

20140215_1.jpg


写真のモデルは2014 Limited EditionとなるDragon Allianceですが、
本当に限定なのかは2015モデルが発売されるまで判りません(笑)

以前も書いた気がしますが、Fly Racingというメーカーは見事な程に価格と作りが比例していて、
Kinetic辺りはベント周りのプリントがベロベロだったりしますが、F2なんて全く別物な仕上がりです。

20140215_2.jpg


このDragon Graphic、写真では少しドギツイ感じに見えますが、実際は中々カッコイイです!
おや?何やら見慣れないタグが付いていますが・・・何々?NEON COLORS FADE(蛍光色は色褪せます)

どの程度色褪せるのかは使ってみてのお楽しみですが、正直なメーカーの姿勢が垣間見えます。
いっそ白黒くらいまで褪せたら1個で2度楽しめると思うのですが、どうでしょう?特許取れないかな?

20140215_3.jpg


フラッグシップモデルに相応しく、重さもSnell M2010を取得して1469g(Sサイズ)と軽量です。
SHOEIのVFX-W(Mサイズ)が1500g前後との事なので、重さだけ見れば優秀でしょう!

20140215_4.jpg


ちなみにFly Racingでは考え得る殆どのパーツがOPで設定されています。
下の写真はその一例ですが、上から順にカーボンファイバー製のベントウイング、
スノーユースなどで役立つブレスガードに、同じく通気口を塞ぐコールドウェザープラグキット。

定価では、ベントウイングは$29.95、プラグが$16.95、ブレスガードは$9.95と良心的。
もちろん全てお取寄せ可能ですが、国内発送に定形外を使用すればコストも抑えられます。

20140215_5.jpg


本来ならば細かいパーツ類も全て掲載したいところなのですが、
コストアップを避けるという意味もあり、当面はお問い合わせ時に対応させて頂いております。
もちろんスノー専用モデルやMTB用ヘルメットなどもラインナップされていますので、
Fly Racingファンの方はオフィシャルサイトからご確認下さい!お安くご提供させて頂きます!

そうそう、F2 Carbonは新作のTrey CanardとAndrew Short Replicaも追加しました。
これまたイイ感じのグラフィックなのでファンの方は要チェック!


ご注文はこちらから → Fly Racing

Fly Racing | 2014/02/15 17:59
 | ホーム | Next »