FC2ブログ

Corbin → Big Al's → Lucky Daves

このタイトルのメーカーってあまり共通項が無いんですけど、
どれもコンスタントにご注文を頂くので敢えて同時にご紹介しようと思います。

まず当店ではお馴染のCorbinシート。
今回は17年式のH-D ロードグライドに乗られているお客様から4点セットでのオーダーでした。

Corbin Classic Solo saddle, no heat, 2009-2018 H-D Touring models
Corbin 50s style passenger pillion, 2009-2018 H-D Touring model
Corbin Standard Ovalbac backrest
Corbin Trunk Armrest 2014+ HD Tour Pak

仕様はサンフランシスコ界隈の某ショップがインスタでアップしていたのを拝借してと・・・
全部同じ生地に見えますが、クリックで拡大すると微妙な違いに気付いて頂けると思います。

20181130_1.jpg


そして昨夜、装着された画像を頂いたので許可を得て掲載します。
うーん、漆黒のボディにばっちりマッチしていますね!!

20181130_2.jpeg


サドルバッグのガードに干渉して取付に少々手間取られた様ですが、
有りがちな問題ですので、このあたりは試行錯誤して取り付けて頂く事になります・・・^^;

20181130_3.jpeg



少し毛色が変わり、同じくサンフランシスコにあるBig Al'sのオリジナルサドルバッグキット。
前回は半年近く待たされ、届いた3点は即納でお客様の元へお送りしましたが、
今度は当店のストック分として06-17のDyna用が4点が入荷しました。

手作りのオリジナルフレームに、堅牢性と気密性の高さで一目置かれるペリカンバッグがセット!
もちろんペリカンバッグもMade in USA、逆トルクス型のスクリューでフレームにガッチリ固定されています。

20181130_4.jpg


こちらも当店を贔屓にして頂いているお客様の許可を得て装着画像をアップ!
マシンは17年式のDyna Lowrider S、ワイルドなスタイルで俳優さんかと見間違うばかりの渋さ!(笑)

こちらは基本的にポン付け可能な商品ですが、
日本国内では中々入手困難だと思いますので、興味がある方は是非!

20181130_5.jpg



で、最後が南カリフォルニアにあるLucky Davesのオリジナルシート。
上から06-17のDyna、82-00のFXR、04以降のSportster用で、3点全て当店のストックアイテムです。

Lucky Davesのシートはカリフォルニアでの装着率が半端無く(場所によっては3台に1台くらい)、
質感もLDのご近所にある超有名シートメーカー製なので間違いない出来なのです。
前述したBig Al'sがサポートするUNKNOWN Industriesのシートも同じメーカー製の筈ですね。

Lucky Davesも先月の渡米時に訪問したかったのですが、ここは無店舗営業で会う事は叶わず。
電話の声はかなり男前な雰囲気でしたけど(笑)

20181130_6.jpg

20181130_7.jpg

20181130_8.jpg


とまぁ、これからの寒い季節、ガレージのマシンを見ながら色々妄想するのに最適なパーツをご紹介してみました。
当店も気温の低下と共に懐がオサムイ感じになりますので、暖かいご注文を心よりお待ちしております(笑)

スポンサーサイト
パーツとか | 2018/11/30 11:34

遅くなりましたがTuckerの新カタログアップ!

いっときの尋常ではない暑さも治まりつつ、気が付けば8月も終わりですね!
夏期休暇中も沢山のご注文を頂き、遊んだツケを清算するのに先週一杯掛かってしまいました^^;
いろいろとネタは溜めこんでいるのですが、日々の仕事に追われて中々ブログでご紹介出来ません・・・

ところで当店では数年前から米国のパーツディストリビューター、Tucker社のカタログを掲載しています。
トップページの下にあるので気付いて居られない方もいらっしゃるのでは・・・?

と言う事で今日はブログでもご案内させて頂く事にしました。

そもそもパーツディストリビューターって何なの?という疑問もあるかと思いますが、
簡単に言えば数多あるメーカーのパーツを集めた商社みたいな感じでしょうか。
残念ながら米国のパーツ全てを網羅する事は不可能ですが、基本的には安心して使える商品が中心で、
例えばPerformance MachineやKuryakynなどもTucker扱いのブランドになります。

時々紹介している小さなパーツメーカーも個性があって良いのですが、
どうしても納期などが不安定で、こういったディストリビューターのカタログに載る事は難しい様です。
※その点ご理解頂けるのであれば、基本的にはどんなパーツでも手配致します!

さて、本題のTucker社、昨年までTucker Rockyでしたが、最近名前とロゴが変わりました。
下の画像はまだ古いロゴですけど、公式サイトはこんな感じになってます。

前置きが長くなりましたが、当店のトップページと同じリンクを貼っておきますので、
何か興味があるパーツがあれば遠慮なくお問い合わせ下さい。

なお、下の画像ですが、左上から順にストリートパーツ、オフロードパーツ、
ハーレー等のVツインパーツ、最後がヘルメットを含めたアパレル類になります。


20180828_1.jpg 20180828_2.jpg

20180828_3.jpg 20180828_4.jpg


カタログページが少々重いのが難点ですが、最初に目次、最後に索引も用意してますので、
ジャンルやブランド名が決まっていれば比較的簡単に探して頂けると思います。

大人の事情で輸出制限が掛かっているブランドもありますが、その辺は一度お問い合わせ下さい。
なお、お問い合わせ頂く際はカタログページにある6桁のパーツナンバーをお知らせ頂けると助かります。

ビス1本であっても手配可能ですので、秋の夜長にパラパラ捲ってみては如何でしょうか?

パーツとか | 2018/08/28 21:16

こんなの届きましたシリーズ!

今日はBELLの2019年カタログも届き、早速新作でもチラ見せしようと思いましたが、
半年以上お待ち頂いたTRACの特注スイングアームが入荷した喜びが勝りました(笑)

なお、当店のストック品にあるBELLで、グラフィックが廃盤になる商品は在庫限りと表記を切り替えていき、
新作のリリースが始まる頃にはセール品コーナーへ移す予定ですが、
2018年グラフィックのほうが格好良かった様な気もしますので、悩まれている方はお早めに。


それはそうとTRACです。
今年1月にお客様からご注文を頂いたものの、全然届かないので4月の渡米時にTRACまで行き、
オーナーの確約まで得て、やっと届いた商品の仕様がミスっていたという悲しいお話が前回

あれから3ヶ月、ココでは書ききれないほどの労力を駆使し、本日ようやく仕様通りの商品が到着!

ちなみに3点あるのは、無理を聞いて貰う為の手土産代わりに別のオーダーを2本入れたからです(笑)
そもそも仕様ミスったのはTRACなのに、何故かこちらが気を使ってしまう典型的な日本人。

20180806_1.jpg


お客様からご注文を頂いていたのは08-17のDyna用でパッセンジャーペグ用ステー付き。
作り込みに関しては完璧主義のTRACなので敢えて開封せずにお送りしていますが、
w/Pass Pegという文字と共に、しっかりポッコリした膨らみを確認しています!

このスイングアームは装着画像を送って頂けるので、機会を見てご紹介します。

あとの2本の内1本は同じ08-17のDyna用で純正と同じ長さのブラックパウダーコート仕上げ。
もう1本が07-18のRoad Glide用、こちらも純正と同じ長さでブラックパウダーコートです。

どちらもヤフオクで出品していますけど、例によって直接言って頂ければお安くなります。
僕はどちらかと言えば大袈裟な営業トークが苦手なタイプですが、
ことTRACのスイングアームに関しては本当に早いもの勝ちだと思います。マジで大変でしたから・・・。

20180806_2.jpg


続いてのフェアリングは、カリフォルニアにあるAir Techというカウルメーカーの商品です。

こちらは懇意にして頂いている某バイクチューナーの方からご注文を頂きました。
これまた4週間前後と聞いていた納期が2倍ほど待たされましたが、TRACに比べれば可愛いもんです・・・

業販価格なので金額は伏せさせて頂きますが、サイズの割に軽いので思ったほど送料も掛かりません。
もしご希望の商品があればジャンジャンお問い合わせ下さいね!

20180806_3.jpg


そして3点目、こちらもお客様からご依頼を頂いたBMW R nine T用のトップクランプ。
ロサンゼルス近郊のVan Nuysという街に店を構えるOshmoのオリジナルアイテムです。

BMWを専門にしているチューニングショップですが、
こういったマニアックなパーツもお問い合わせを頂ければ可能な限りお安く手配致します。

公式サイトを見る限り、お求め易い価格帯のアイテムも多いので、気になる方は是非ご一報下さい!

20180806_4.jpg


といった感じで、パーツ類もコンスタントにご注文を頂くのですが、
殆どがヘルメットを購入して頂いたお客様からのご依頼なので、車種が幅広く、僕自身も勉強になります。

TRACを引き合いに出してばかりで怒られそうですが、お客様がネットから直接オーダー出来そうな場合でも、
そこからが苦難の始まり・・・そして最後は泣きを見る・・・なんて事が未だ聞かれますので、
その辺のリスク回避に当店を使って頂ければ幸いです。脅かす訳じゃ無く、本当に手強いところも多いです(笑)

パーツとか | 2018/08/07 00:13

ReadyRampのサイズを測ってみました!

一見普通のラダーレールだけどベッドエクステンドの役目も果たすReady Ramp、
最近またお問い合わせを多く頂く様になったのですが、ずばり殆どがハイラックスユーザーの方なんです。

どちらにしても、この記事を興味深く読まれる方は既にご存じだと思いますが、
ReadyRampはコンパクトとフルサイズの2種類あり、それぞれにブラックとシルバーが用意されています。

最も多く頂くお問い合わせは車種毎の適合についてなのですが、
公式サイトによれば、テールゲート内寸127-137cm迄がコンパクト、152-162cmでフルサイズとなっていますね。

当店でも今まではそのようにお伝えしていたのですが、先日引き取りに来られたお客様のご要望で、
事前に各部のサイズを測ってみましたので、ブログで公開しておきます。参考にして下さい!

まずは売れ筋のコンパクトからいってみましょう!
この折りたたまれた状態の左右ヒンジ外側で約117cmあります。

20180617_1.jpg

20180617_2.jpg


次に左右の足を直角に曲げてベッドエクステンドする状態が約127cm。
おっと、ReadyRampが言う『コンパクトはゲート内寸127-137cm』と一致しますね!

20180617_3.jpg

20180617_4.jpg


そして次が左右に折れた脚の長さ、約58cm。
ただし、片側は荷台に引っ掛けるベロがついていますので、その分長くなります。

20180617_5.jpg


最後は天地方向の高さ、約37cm。これはフルサイズも同じになります。
後述する数値とは誤差がありますが、僕の測り方が甘かっただけです^^;

20180617_6.jpg




そして次がフルサイズ。
その名の通りタンドラなどおフルサイズピックアップトラックに対応します。

まずは折り畳まれた状態、ヒンジ左右で約144cmで、
コンパクトと比べて30cm弱長くなります。

20180617_7.jpg

20180617_8.jpg


そして両足を直角に曲げた状態で端から端まで約153cm、
これもReadyRampが言うところのゲート内寸152cmからに合致します。

20180617_9.jpg

20180617_10.jpg


足の長さは約57cmですが、これもコンパクトと同じはずなので、
1cmは誤差という事で気にしないで下さいね!

20180617_11.jpg


高さは約36cmでコンパクトと1cm誤差がありますが、まぁだいたいその辺という感じで・・・。

20180617_12.jpg


ReadyRampの公式サイトではゲート内寸に+10cmの余裕が記載されていますが、
これは片側の足を5cmほど広げて対応できますよという事です。

付属品はラダーを車体に固定するタイダウンベルトと取扱説明書のみ。
以前もお伝えした通り、最新モデルは完成品になり組み立ての手間(と部品の欠品)から解放されました。

価格については、この記事を書いている時点でコンパクトが48000円、フルサイズが51000円です。
大型なので発送はヤマト便、故に代引きは利用出来ず、振り込みかクレジットカード決済でお願いします。

何れにしてもAmazonやヤフオク価格は手数料分乗せてますので割高になっています。
このブログを読まれた方は当店のサイトから直接お問い合わせ下さい!

パーツとか | 2018/06/18 00:19

Big Al's Cycles Dyna Saddle Bag Kit

このワイルドなサドルバッグ、昨年秋に訪問したBig Al's Cycleの商品なのですが、
恐らく国内で扱っているところは少ないのでは無いでしょうか?

え?もちろん当店では取り扱い可能です!

20180407_6.jpg


ツウな方は見ただけでお判りかと思いますが、バッグ自体はPelicanのハードケースを使用しています。
Pelicanのバッグなどは当店でも何点か販売していますが、これもまたコンスタントにご注文を頂く人気ブランド。

ハードケースに似た質感で塗装されたフレームに収まり、良い雰囲気を醸し出しています。

20180407_7.jpg


そのサドルバッグ、目敏いお客様から早速ご注文を頂きました!
例の如く数週間ほど待ち続け、Pelicanの段ボールに少々強引な形で入れられ到着。

高額商品ですので、慎重に検品開始・・・。
付属品が妙に少ない気がしましたが、最終的にはこれで問題ありませんでした(笑)

20180407_1.jpg


車体側の取付部分はこんな感じです。

20180407_2.jpg


Pelicanのバッグは1430 Protector Top Loader Caseというモデルで、
詳細はコチラから確認して頂けます。

内寸は約340x140x290(mm)といったところですが、見た目より容量は少ないとの事でした。
このバッグ自体は単体で安く手に入りますので、破損した場合でも心配無用です。

20180407_3.jpg


取説も一応ついてはいますが・・・コピーし過ぎで辛うじて判読出来るレベル(笑)

20180407_4.jpg


あとはハーレー純正のステー2本とトルクススクリューが4本ほど。
意外なところでMade in U.S.A.をアピールしてますが、基本的に全てアメリカ製です。

20180407_5.jpg


こちらのバッグ、早速何件かのオファーがあり、某ディーラー様からもご注文を頂きました。
ただ、納期が非常に流動的(手造りなのが理由だとか・・・)なので、
ご希望の際は最低でも4週間、場合によってはその倍ほど見て貰えれば助かります。

納期が異常に長い商品などは、僕がオーダーを忘れているんじゃないのと思われがちですが、
本当に信じられないくらい適当なので、この手の商品に関しては当分胃薬が手放せそうにありません・・・

パーツとか | 2018/04/08 19:24
 | ホーム | Next »