ReadyRampのサイズを測ってみました!

一見普通のラダーレールだけどベッドエクステンドの役目も果たすReady Ramp、
最近またお問い合わせを多く頂く様になったのですが、ずばり殆どがハイラックスユーザーの方なんです。

どちらにしても、この記事を興味深く読まれる方は既にご存じだと思いますが、
ReadyRampはコンパクトとフルサイズの2種類あり、それぞれにブラックとシルバーが用意されています。

最も多く頂くお問い合わせは車種毎の適合についてなのですが、
公式サイトによれば、テールゲート内寸127-137cm迄がコンパクト、152-162cmでフルサイズとなっていますね。

当店でも今まではそのようにお伝えしていたのですが、先日引き取りに来られたお客様のご要望で、
事前に各部のサイズを測ってみましたので、ブログで公開しておきます。参考にして下さい!

まずは売れ筋のコンパクトからいってみましょう!
この折りたたまれた状態の左右ヒンジ外側で約117cmあります。

20180617_1.jpg

20180617_2.jpg


次に左右の足を直角に曲げてベッドエクステンドする状態が約127cm。
おっと、ReadyRampが言う『コンパクトはゲート内寸127-137cm』と一致しますね!

20180617_3.jpg

20180617_4.jpg


そして次が左右に折れた脚の長さ、約58cm。
ただし、片側は荷台に引っ掛けるベロがついていますので、その分長くなります。

20180617_5.jpg


最後は天地方向の高さ、約37cm。これはフルサイズも同じになります。
後述する数値とは誤差がありますが、僕の測り方が甘かっただけです^^;

20180617_6.jpg




そして次がフルサイズ。
その名の通りタンドラなどおフルサイズピックアップトラックに対応します。

まずは折り畳まれた状態、ヒンジ左右で約144cmで、
コンパクトと比べて30cm弱長くなります。

20180617_7.jpg

20180617_8.jpg


そして両足を直角に曲げた状態で端から端まで約153cm、
これもReadyRampが言うところのゲート内寸152cmからに合致します。

20180617_9.jpg

20180617_10.jpg


足の長さは約57cmですが、これもコンパクトと同じはずなので、
1cmは誤差という事で気にしないで下さいね!

20180617_11.jpg


高さは約36cmでコンパクトと1cm誤差がありますが、まぁだいたいその辺という感じで・・・。

20180617_12.jpg


ReadyRampの公式サイトではゲート内寸に+10cmの余裕が記載されていますが、
これは片側の足を5cmほど広げて対応できますよという事です。

付属品はラダーを車体に固定するタイダウンベルトと取扱説明書のみ。
以前もお伝えした通り、最新モデルは完成品になり組み立ての手間(と部品の欠品)から解放されました。

価格については、この記事を書いている時点でコンパクトが48000円、フルサイズが51000円です。
大型なので発送はヤマト便、故に代引きは利用出来ず、振り込みかクレジットカード決済でお願いします。

何れにしてもAmazonやヤフオク価格は手数料分乗せてますので割高になっています。
このブログを読まれた方は当店のサイトから直接お問い合わせ下さい!

スポンサーサイト
パーツとか | 2018/06/18 00:19

Big Al's Cycles Dyna Saddle Bag Kit

このワイルドなサドルバッグ、昨年秋に訪問したBig Al's Cycleの商品なのですが、
恐らく国内で扱っているところは少ないのでは無いでしょうか?

え?もちろん当店では取り扱い可能です!

20180407_6.jpg


ツウな方は見ただけでお判りかと思いますが、バッグ自体はPelicanのハードケースを使用しています。
Pelicanのバッグなどは当店でも何点か販売していますが、これもまたコンスタントにご注文を頂く人気ブランド。

ハードケースに似た質感で塗装されたフレームに収まり、良い雰囲気を醸し出しています。

20180407_7.jpg


そのサドルバッグ、目敏いお客様から早速ご注文を頂きました!
例の如く数週間ほど待ち続け、Pelicanの段ボールに少々強引な形で入れられ到着。

高額商品ですので、慎重に検品開始・・・。
付属品が妙に少ない気がしましたが、最終的にはこれで問題ありませんでした(笑)

20180407_1.jpg


車体側の取付部分はこんな感じです。

20180407_2.jpg


Pelicanのバッグは1430 Protector Top Loader Caseというモデルで、
詳細はコチラから確認して頂けます。

内寸は約340x140x290(mm)といったところですが、見た目より容量は少ないとの事でした。
このバッグ自体は単体で安く手に入りますので、破損した場合でも心配無用です。

20180407_3.jpg


取説も一応ついてはいますが・・・コピーし過ぎで辛うじて判読出来るレベル(笑)

20180407_4.jpg


あとはハーレー純正のステー2本とトルクススクリューが4本ほど。
意外なところでMade in U.S.A.をアピールしてますが、基本的に全てアメリカ製です。

20180407_5.jpg


こちらのバッグ、早速何件かのオファーがあり、某ディーラー様からもご注文を頂きました。
ただ、納期が非常に流動的(手造りなのが理由だとか・・・)なので、
ご希望の際は最低でも4週間、場合によってはその倍ほど見て貰えれば助かります。

納期が異常に長い商品などは、僕がオーダーを忘れているんじゃないのと思われがちですが、
本当に信じられないくらい適当なので、この手の商品に関しては当分胃薬が手放せそうにありません・・・

パーツとか | 2018/04/08 19:24

Westcoast Tbarなんて如何でしょ?

去年の秋、サンフランシスコ界隈のハーレー系ショップを回った話は以前ブログでもお知らせしましたが、
その際に時間の都合で行けなかったハンドルバー屋が、今回ご紹介するWestcoast Tbarです。

また機会があればSHOPへ行こうと思っていたのですが、たまたま先日お客様からオーダーを頂いたので、
せっかくのタイミングだという事で当店でも2本だけオーダーしてみました。

どちらもWestcoast Tbarがお勧めしてくれた商品で・・・

上に見える、脚が曲がったタイプが2015年以降のRoad Grideに合う12インチのMX TBar。
WCB1232 Westcoast Tbar 12 inch MX-Tbars Powdercoat Black (RG15)
43500円(送料・消費税込)

で、下のストレートタイプがDyna等に合う汎用性のある10インチのMX Tbarです。
WC222 Westcoast Tbar 10 inch MX-Tbars Powdercoat Black
40000円(送料・消費税込)

商品の詳細は商品名をクリックして頂ければ公式サイトで確認出来るのですが、
書いてる事が良く判らないという方はメールにてお問い合わせを。

この2本は近日中にヤフオクへ出品予定ですが、その際は上記価格に手数料分を上乗せしますので、
出来るだけ安くゲットしたいという方はお早めにご連絡下さい。

20180321_1.jpg

20180321_2.jpg

20180321_3.jpg

20180321_4.jpg


ちなみにWCB1232のRoad Gride用は12インチまでならストックのワイヤー類が使える様です。
お客様から教えて貰いました(笑)




もちろん公式サイトに掲載されている商品は全てオーダー可能です。
今回の場合で約4週間ほど掛かりましたが、例によって納期には余裕を持ってご注文下さい。

パーツとか | 2018/03/21 21:13

USヨシムラのセール始めました!

なにやら今年に入って円高傾向が続いていますね。
前にも書いた気がするのですが、当店では1月と6月ごろに為替レートの見直しをするのですが、
年始めは未だ112円前後だったので、去年と同じ価格のままスタートしています。

ところが、このブログを書いている時点では既に1ドル105円40銭くらいで、実に7円も円高。
しかしながら、逆に1~2か月で110円台に戻る可能性もあるって事なので、
ヘルメットに関しては暫く価格を据え置いて様子を見たいと思います。

ただ、パーツ類の一部は比較的リアルタイムに近いレートで計算出来るので、
せっかくの機会という事で、手始めにUSヨシムラのセールをしたいと思います!

取り敢えずお取り寄せ品については全商品、普段の価格から10%OFF。
エキゾースト類は高額商品が多いので、割引額も大きめになりますヨ!
※複数個割引は適用外ですが、購入履歴としてはカウントします。

肝心のラインナップはUSヨシムラの公式サイトをクリックして確認してください。

時々英語も良く解らないし、商品の見方も難しいというお声を頂くのですがご安心を。
まずトップページ左にある『Select Vehicle』をクリック。
プルダウンメニューが出てくるので、ATVやらDirt、Roadなど希望のジャンルを選び・・・
右側のメーカー、モデル、年式と順番に選択して、最後に赤い『SHOP NOW』で決定!

あとは希望のエキゾーストをクリックすると詳細ページに進みます。
各ページの下にドルで定価が書いてありますが、その近くにSKUという番号が見えるので、
そちらをお問い合わせフォームからお伝え頂ければ24時間以内にお見積りと納期をお送りします。

納期は現地に在庫があれば約10日前後。バックオーダーの場合は大凡の時期をお伝えします。
価格についても恐らく国内最安値になると思いますが、他で安い金額があれば遠慮なくお知らせ下さい。
もし好評だったら他のエキゾーストメーカーや高額なパーツも追加したいと思っています。

なお、セール期間は1ドル108円にタッチするまでとします。
え?普段の価格が判らないから本当に10%OFFなのか疑問?

確かにおっしゃる通りですが、当店はそんなセコい事しませんので信用して下さい(笑)

パーツとか | 2018/03/02 21:28

ダイナのエンジンマウントでお悩みの方・・・

カリフォルニアのサンバーナーディーノ(僕はコテコテの日本人なのでサンベルナンディーノと言います)に、
BIG BEAR PERFORMANCEというハーレーのカスタムパーツ屋さんがあるのですが、
今回はダイナでウイリーしまくるお客様から、そこのオリジナルエンジンマウントをご注文頂きました。

そう、既に当ブログでもお馴染、横浜でAKMバイクコレクションを営むスタントライダー暮石氏です(笑)
最初はスチール製のを手配するつもりでしたが、欠品していた事もあり新作のアルミ製を勧められました。

で、ソコソコ待たされてやっと届いたマウント、検品がてら早速チェック!

一見すると金属加工屋のオヤジ(僕の知り合いにも居ます)が趣味で作った様な雰囲気ですが、
色々考えられた結果の商品らしく、アメリカではしっかり特許も取得しています。

詳しくは後ほどリンクを貼る動画で確認して頂ければと思うのですが、
エンジンとのマウント部分をアジャスタブル(長穴加工されてる部分)にした事で、
取付が容易、且つドライブトレイン側とのアライメントを正確に出せるのが売りです。

20180221_1.jpg


更にフレーム側とのマウントを左右2か所に増やし、接続部にはハーレー純正のラバーを入れ、
高速域で発生する恐ろしいウォブルも始末出来る、まぁイイ事尽くしなエンジンマウントでございます。

もっとも、価格が少々高目という以外に、何かマイナス面もあろうと思いますが、
そこは暮石氏に体を張って検証して頂き、結果が出てから改めてお伝えしようと思っています^^;

20180221_2.jpg


こちらの動画がエンジンマウントの簡単な説明で・・・




こっちが取付作業と、実際の効果って感じです




折角なのでCHPのテストライダーがブルブル震えてる動画も・・・




あと、BIG BEAR PERFORMANCE自体は他にも渋いパーツを色々リリースしているので、
興味がある方は是非当店までお問い合わせ下さい。ただし納期には余裕を持って。。。

パーツとか | 2018/02/22 02:14
 | ホーム | Next »