Ninja300用のS/OはNinja250にポン付け出来るのか?

タイトル通り、北米仕様のNinja300用のスリップオンマフラーはNinja250に取付出来るのでしょうか?
今回チャレンジしてみたのは、下の画像にあるUSヨシムラのR-77スリップオンです。カッコいいですね。

たまたま近所の飲食店で働く知り合いがNinja250に乗ってて、USヨシムラが気になるという話に。
じゃあパパっと取り寄せて、サクサクっと装着しちゃいましょうって流れになりまして・・・

20170520_1.jpg


実際、パパっと取り寄せて、サクサクっと純正サイレンサーを外すところまでは簡単でした。
ところが、R-77のテールパイプを純正エキパイの山になってる位置(画像の右側が純正エキパイ)で止めると、
タンデムステップに固定するマフラークランプがサイレンサーの前端くらいに来て違和感アリアリです。

最初の画像はNinja300ですが、マフラークランプはリベット位置から指2本分くらい後ろにありますよね?
要するに、もっと前方まで差し込まないとサイレンサーの位置が合わないという事です。

20170520_2.jpg


R-77のテールパイプは純正エキパイの山部分より僅かに細く、ガッチリ止まってしまいます。
そもそもヨシムラのマニュアルによると純正ガスケットは使わないって事なので、
仮に山の奥へ叩き入れたとしても、R-77のパイプ径が3mmくらい広く、話が合いません。

という事でYoutubeでNinja300にR-77を取付てる動画を探し、エキパイが映ってる部分を勝手に拝借しました。
うーん、一目見て判る形状の違い(笑) Ninja300のエキパイには山が無く、最後の数センチを絞ってる様です。

今更ながらオンラインで両車種のパーツリストをチェック。やはり品番が違います^^;
昔乗ってたZRX1200Rは北米仕様のサイレンサーがポン付け出来たので油断してました(笑)

20170520_3.jpg


オーナーと相談した結果、どうしてもUSヨシムラを諦めたくないとの事だったので、
長さと角度を良く確認し、エキパイの山から後ろをグラインダーでカットする作戦に変更しました。
これで取付位置はバッチリ!マフラークランプの問題も解決!

20170520_4.jpg


太さの違うパイプのジョイントは近くの100均で銅板でも買って調整するつもりでしたが、
これがまた何処にも売って無く、応急処置的に1.2mm径の銅製針金を3周巻いて誤魔化します。

20170520_5.jpg


取り敢えず装着したのが下の画像です。オーナーは非常に満足してくれたのですが、
残念ながら僅かに排気漏れしているので(笑)、次週、厚そうな純正ガスケットを入れて再調整。

20170520_6.jpg


なお、このスリップオン、もう1セット在庫にあるので、エキパイカットしてでも付けたい方募集中です。
え?だったら最初からフルエキ買う?まぁそう言わずに、通常よりお安くしときますんで・・・スリスリ

あ、ヤフオクなら3000円もあれば純正エキパイ買えるので、もしカット失敗しても全然大丈夫です(笑)

スポンサーサイト
パーツとか | 2017/05/20 23:43

ペリカンのバックパック

ハードケースやフラッシュライトなどを作っているPELICANというメーカーをご存知ですか?
カリフォルニアのトーランスに本拠を置く会社なのですが、
僕も名前は知っていたものの、ずっとヨーロッパのメーカーだと思い込んでいました^^;

トーランスには僕も好きなデル・アモ・ファッションセンターがあったりと、妙な親近感を感じますので、
多少こじつけ気味ではありますが、ライダーにも需要がありそうなバックパックを4点ほど入れてみました。

20170323_1.jpg


写真の左からS100 Sport Elite Backpack (Orange), S100 Sport Elite Backpack (Black),
U100 Urban Elite Backpack, U160 Urban Elite Camera Packとなります。

20170323_2.jpg


カメラバッグ以外は衝撃や埃などからガードされたラップトップPCの専用スペースがあり、
上部の堅牢なロックによって単独での開閉が可能です。これは何気に便利かも。

20170323_3.jpg


一番手前のカメラバッグはフロント下部にセパレートされたカメラ専用スペースがあります。
前述のバッグにあるPC専用スペースと共に、防水かつ調圧バルブまで装備された優れもの。

20170323_4.jpg


更に細かい仕様は公式サイトで確認して頂けますが、面倒だという方の為に動画も貼っておきます(笑)




ちなみに今回入荷したバッグは全てAmazonで出品していますので、
PELICANとモデル名(S100等)で検索して頂ければヒットすると思います。

出品した際は最安値でしたが、Amazonは競争を煽るシステムなので既に脱落してるかも(笑)
ただ、価格は出品手数料を含んだ割高プライスなので、直接問い合わせ頂ければ10%は安く出来ます。

雨の日も風の日もPCと共に動き回るアクティブな相方へのプレゼントにどうでしょ?絶対喜びますヨ!

パーツとか | 2017/03/24 01:30

E4S Paddock Stand

写真の商品、何だと思います?既にタイトルで書いちゃってますが、ずばりバイクスタンドです。
一体どうやって使うのか?では手っ取り早く動画をご覧ください(笑)

20170314_1.jpg




どうですか?これ1台あれば前後同時にリフト出来るので、
ご自身でメンテナンスされる方には中々魅力的な商品かと思います。
※適合車種は下記のアダプター一覧に掲載があるものに限ります。

詳細は以下の画像をクリックして確認頂けますが、本体の米国定価が約230ドル、
車種別アダプターが約60ドルで合計290ドル、当店の通常販売価格では35000円位と少々高めですが・・・

20170314_4.jpg

20170314_5.jpg


実はこの個体、お客さまからのオーダー分でしたが、輸送中の事故でダンパー部分に凹みが・・・^^;
という事で、代替え品の到着まで数週間ほどお使い頂き、その後に当店が引き取ったものなんです。

多少の使用感や擦り傷は見受けられますが、ダンパー部分を含め、機能面では全く問題ありません。
こちらを超特価コミコミ1万円でご提供したいと思いますので、ご希望の方はマッハでお問合わせ下さい。
セール価格は1台限りなのでもちろん早い者勝ちです!

※早々にご注文を頂きましたので、セール価格でのご提供は終了となります。

なお、アダプターについては別途7000円での販売となりますので、ご希望の際は合わせて車種をお知らせ下さい。

20170314_2.jpg


脚が長く、組み立てると場所を取りますが、コンパクトに分割可能なので収納サイズはこんな感じ。
僕の足も写しているので大体の大きさはお判り頂けると思います。ただしソコソコ重いです(笑)

20170314_3.jpg


もちろん新規でのご注文も承りますが、重量物なので到着時に傷等が見られる可能性は十分あります。
今回の様に大きな傷であれば柔軟に対応しますが、ある程度は許容範囲とさせて頂きますのでご了承下さい。

パーツとか | 2017/03/14 18:10

Made in USAのシートと言えば・・・?

いつもシートと言えばCorbinばかりご紹介していますが、もちろん他のメーカーもお取り寄せ可能です。
例えばこちら、RSDのBMW R nine T用 Check it Seat。入荷日が雨だったので事務所で撮影しました。

ビニールでミイラみたいに梱包されていた為、開封せず素材感だけチェックです。
RSDだとハーレー用はもちろん、今回のBMW以外にトライアンフの一部モデル用もラインナップされています。
全てお買い得価格で手配可能ですので、詳しくはRSDの公式サイトをチェックしてみて下さい。

20160321_1.jpg


実はこのシート、米国Mustang社のOEM商品なので品質に関しては概ね心配無用。
それもあって開封しなかったのですが、個人的には重さも含めて全体的に軽い作りです。

Made in USAを謳い、当然RSDのバッジなんかも埋め込まれていますが、
各部そつの無い作りで中国製の大量生産品と言われても違和感無いような・・・^^;

20160321_2.jpg


安定感のある米国製品なんてのも貴重な存在ですし、興味のある方はこちらから要チェック!
※Mustangは公式サイトに掲載されている殆どの商品がオーダー可能です。

20160321_3.jpg


対するCorbinはと言えば・・・ズシっと重たいレトロな作りで(僕の)イメージ通りなMade in USA(笑)
写真のド派手なシートはDucati 749用で、敢えて全てにビニール素材を採用したカスタムオーダーです。

20160321_4.jpg


イタリア車にはお約束の国旗をあしらったロゴが標準になります。
一部車種では取付に結構な加工が必要だったり、相変わらずな作りではありますが、
どこか味のあるシートで、お尻から常にアメリカを感じたい方にはお勧め出来ます(笑)

20160321_5.jpg


それはそうと、ハーレーユーザーの方には他にも選択肢が沢山ありますね。
当店で扱えるものでも、Le PeraDanny Grayなど(何れもMade in USA)
一先ず既製品のみ、一部取扱不可の車種があったりしますが、興味がある方は是非お問い合わせを!

パーツとか | 2016/03/21 21:52

Elkaのショックアブソーバー

ブログ用に撮った写真を整理していると、まだ未紹介のCorbinシートが2点出てきたのですが、
来週も1点届く予定なので、折角だしこちらもプラスして改めてブログにアップしたいと思います。

代わりに今日は中々レアなアイテムが届きました。
下の画像はサイドバイサイドと呼ばれるUTVの一種で、車種はカワサキ Teryx750。
この車両向けのElka製ショックアブソーバーが、約4ヵ月の時を経てようやく入荷!(汗)

20151114_1.jpg


こちらがそのショックアブソーバー。高そうに見えますが、実際小さい単車1台分くらいします・・・。
フロントとリアを1本ずつ写していますが、もちろん前後左右4本セットです。

これ、Stage4と呼ばれるモデルで、46mmのボディにリザーバータンク、プリロードアジャスターを装備。
ちなみにオーダー時はElka側へ下記のような情報を伝える必要があります。

メーカーとモデル名、年式、フロントジオメトリー、リヤジオメトリー、
ライダーの体重、運転経験(初心者~プロ)、使用目的(ホビー~砂漠)といったところです。

20151114_2.jpg


こちらリザーバータンクにあるコンプレッション(縮み側)の減衰力調整ノブ。
ハイスピード側とロースピード側を個別に調整する事が出来ます。

20151114_3.jpg


こっちがダンパー下側にあるリバウンド(伸び側)の減衰力調整ダイヤル。

20151114_4.jpg


取って付けた様なシールでカナダ製をアピール。ですが質感は中々のものです。
そう言えば僕のマシンもサスに色々と調整機能が備わっていますが、触ったの最初だけ(笑)

20151114_5.jpg


4ヵ月も待って頂いた今回のお客様、実はショック以外にも純正フェンダーやWarnのバンパー、
MSDのFIコントローラーに、Rone Starのサスアームキット等、かなりの数をご注文頂きました。
本当に有難い事ですが、Elkaの納品で一先ず終了。僕もホッと一息です。


ところで下の写真、Teryx750とは全然関係ないRumble ConceptのLEDウインカーなのですが、
ちょっとした手違いで間違って届いたので、折角だしRumble Conceptの宣伝を兼ねてます(笑)

こちらは品番RU39038で、適合は01-06のCBR600F4i、03-12のCBR600RR、04-07のCBR1000RRです。
定価$59.95の商品、ヤフオクに出す前に欲しい方がいればコミコミ6000円でお譲りします。

20151114_6.jpg


てな感じで、ElkaやらWarn、MSDにRone Star Racing、Rumble Conceptと、
今回名前が出たメーカーは全てお取り寄せ可能です。

日本では珍しいATVやUTV用パーツは兎も角、Rumble Conceptはお手頃価格の商品が多いので、
興味がある方はリンク先からチェックしてみて下さい。出来る限りお安くご提供致します!

パーツとか | 2015/11/14 23:59
 | ホーム | Next »