FC2ブログ

100% Barstow Goggles

最近はダート用のヘルメットを車種に関係なく、ストリートで被っているライダーを良く見かけます。
ロード用と比べ軽量なモデルが多いし、口元にも余裕があって被りやすいからかな?

個人的にもシャープなシルエットが多くてカッコいいと思いますが、そうなると必要になるのはゴーグルです。

僕もチョイ乗りする時はオニールのトライアルメットを被ってますけど、
夏の夕方とかにメガネをかけ忘れ、飛んで来たカナブンと正面衝突でもした日には大惨事です(^^;

という事で今回は人気の100%からカジュアルスタイルにピッタリのBarstowシリーズをご紹介します!

100%のBarstowは毎年モデルチェンジされ、今まで当店でもヤフオクやAmazonには出品していたのですが、
中々好評なので今回は当店のウェブサイトでも専用ページを設け、少しでもお安くご提供出来る様にしました!

ちなみに2021年モデルは下記の8グラフィックで、その内の左上から5種類は当店在庫品として即納可能です。

20210118_1.jpg

Barstowはグラフィックによって直ぐに完売してしまい、去年も何モデルかはメーカーでも早々に生産終了となりました。
今年もDeusなどはかなりの数を在庫していますが、暖かくなると一気に注文が増えますので、
もし2021年モデルで気になるものがあれば今の内にゲットしておいてください。煽ってる訳ではなくて本当に人気なんです。

もちろん100%のレース用ゴーグルも殆どお取り寄せ可能ですので、ラインナップはこちらから確認して下さい。

僕は100%のサングラスも使っているのですが、これがまたイタリア製で中々お洒落なんですよね!
ウエアやサングラスも手配出来るものがあるので、イイなと思う商品があれば先ずはお気軽にお問い合わせを!


ご注文はこちらから → 100% Barstow

スポンサーサイト



パーツとか | 2021/01/18 23:40

トランポ用のアイテムとか

レースをされている方だとバイクを自家用車に乗せて運ぶ事も多いと思います。
当店でも昨年秋ごろからアメリカで購入したバイクが何台か届き出しているのですが、
毎回仮ナンバー取って陸送会社のデポから自走で走らせるのも効率が悪いので、
いつも商品の引き取りで使用しているバンをトランポとしても使う事にしました。

雨が少ないカリフォルニアとかだとロングベッドのピックアップに積めばイイのですが、
日本だと使い道が限定されるのでハイエースとかキャラバンみたいな箱バンが便利ですね。

そこで早速バイクを積むためのラダーレールを探してみたのですが、意外と耐荷重に不安が残るものが多く、
どうせならとMade in USAの頑丈そうなのを販売テストもかねて仕入れてみました。

メーカーはQUADBOSSというところのもので、名前でも判る様に元々はATVやUTVに特化した会社です。
2輪向きも数種類ラインナップされていて、幸い置き場もあるので今回は頑丈そうな一本モノを選びました。

20210107_6.jpg

サイズは12"(約30cm)x89"(約226cm)で、耐荷重は750lbs(約350kg)ほどになります。
形状も底を擦り難いアーチ型で、同じスペックで二つ折りバージョンも選べます。

幅33"(約84cm)で耐荷重1500lbs(約450kg)と、写真のラダーを横に3本並べた様なタイプも悩みましたが、
これだとバイクを積んだ後のラダー置き場に困るので、フルサイズのピックアップ向けかも知れません。

20210107_7.jpg
ずり落ち防止のタイダウン付きで、痛みがちな黒い滑り止めも補修部品で売られてます。

ちなみに写真の1本モノは国内での送料が割高になるので30000円ほど、
同じスペックの二つ折りバージョンは28000円でお取り寄せ可能なので、興味がある方はお問い合わせ下さい。
※何れも国内外送料無料、消費税・関税込です。


そしてもう一点、これは絶対必要という訳ではないのですが、
大事な商品を少しでも安全に運べる様、ホイールロッキングシステムも購入しました!

20210107_1.jpg

これまた50ドルくらいの安価なタイプから300ドルするヘビーなタイプまで相当な数が売られてますが、
やはり折角購入するならと、Made in USAで現地でも評判の良いCONDOR製を選びました。

重く分厚い段ボールを開け、無骨で頑丈なパーツをチャチャっと組み立てれば完成です!
キャッチ部分は6段階に調整可能で、ホイール径が15"から22"、タイヤ幅も80mm-220mmまでカバー出来ます。

20210107_2.jpg

早速試しに自分のソフテイルをフロント側からセットしてみました。

もちろんトランポで使う場合はこの状態からタイダウンで左右方向に引っ張る必要がありますが、
後ろ向きにリアタイヤ側からセットすると、ガレージ内での保管用としても使用出来ます。

20210107_3.jpg
※フロントでも自立しますが、左右の負荷が変な部分に掛かりそうなのでリアが無難だと思います。

このロッキングシステム、兎に角作りが頑丈で、普通に使ってる限りで不安を感じる事は先ず無いと思います。
万が一の事があると文字通り本末転倒になるアイテムなので、『安物買いの銭失い』だけは避けたいですね。

20210107_4.jpg

なお、こちらの商品は重量がかなりあるため、コミコミで55000円ほどになりますが、
トランポとガレージでの保管用、両方で安心を買うと思えばそれほど高く無いと思います。

20210107_5.jpg

あと、当店のツイッターやインスタを見て頂いている方はご存知かと思いますが、
肝心のバイクも近々レアなのばかり2-3台届きますので、こちらも追々ご紹介していきます!

パーツとか | 2021/01/08 00:46

マニア垂涎のFXRPが手に入ります!

FXRP、ハーレーダビッドソンに興味がない方はピンと来ないかも知れませんが、
簡単に言えば94年で絶版(厳密にはその後少し再販されましたが)になったFXRという車種のポリス仕様です。
現行車種でも似たようなフェアリング付けてるバイクを見かけますが、それの原型がこれで、
オリジナルのフェアリングだけでも、綺麗な状態なら数十万円といった価格で取引されています・・・(^^;

もちろん白く塗っただけのなんちゃってポリスバイクでは無く、本物の払下げ車両というのがミソ。
オネエチャンのお尻で良く見えませんが、右側なんてベースとしてもレアな最終94モデルのフルチューン仕様です!
ちなみに左側は89年のほぼオリジナル(エンジンはやり直してます)で、こちらも普通にヨダレもの。

更に!4枚目の画像で真ん中に写っている茶色いFXR、極僅かしか生産されなかったカラーとかで、
オリジナルペイントのまま同オーナーが所有しており、これまた購入可能です。

写真はアメリカのHot Bike Magazineに載った時のものですが、全て同じオーナーの所有で、
今回は当店独自のコネクションにより、何れの車両も入手可能な状態にまで話が進んでいます!


ポリスの2台は一番下に当店でスペック表を起こしましたので、クリック→拡大で確認して下さい。
94に至ってはAIP Speedというカリフォルニアの信頼出来るショップが組んだS&Sの111ciエンジンが乗っちゃってます(^^;
もちろんブレーキやサスペンション周りもやる事無いレベルで、後にも先にもこんな車両は先ず手に入らないと思います。

ブログでは公開出来ませんが、ポリスの2台については概算での価格を出しています。
ただ、茶色い車体はオーナーも相場が読めない様で、こちらからオファーする必要があります。

まだ公に売りに出してませんので、これは本当に欲しい!!という方は遠慮なくお問い合わせください。
お店や会社のエントランスなどに飾っておくだけでも相当目立つと思いますので、ハーレー好きな社長さん1台如何でしょう?


20200717_1.jpg


20200717_2.jpg

20200717_3.jpg

20200717_4.jpg

20200717_5.jpg
パーツとか | 2020/07/17 23:55

Patrick Racing Billet Cylinder Head & Billet Cylinder Kit

タイトルでお気付きかと思いますが、またパーツのお話です。すみません・・・。
ご紹介したいヘルメットの画像も用意して準備万端でしたが、今月はずっと忙しくて気が付くと月末になっていました。
ご注文を頂けるのは有難い事なのですが、もしやキャッシュレス還元終了前の駆け込みなのかも・・・なんてビビってます。

ちなみに前回ご案内したEdelblock製Performer Headは無事落札され、現在はバイク屋さんで組み込み作業中です。
20年ほど前の車両、距離も10万キロ近く走っているとの事で、オーナー様の愛を感じますね!

で、今回は更にギラギラしたド派手アイテム、Patrick Racing製、ビレットヘッドとシリンダーのセットです!

こちらも何かのタイミングで使おうとカリフォルニアに保管してましたが、予定変更につき手放す事にしました。
既に昨夜ヤフオクに出品していますが、新品未使用品としてはかなり割安な金額設定にしています。

適合はハーレーダビッドソンのエボリューションエンジン、92-99年式用。
ヘッドの品番はBT2で間違いないのですが、シリンダー側が不明で、
ボアとストロークから計算した限りはBC2、スタンダードから10%アップの88ciになると思います。

商品は現在も販売中ですので、詳細をお知りになりたい方はパトリックレーシングの公式サイトからチェックして下さい。

なお、こちらはエンジンケースも要加工となりますので、費用はマシンショップ様にご確認願います。

20200624_1.jpg

20200624_2.jpg

20200624_3.jpg

20200624_4.jpg


余談ですが、Edelblockはエボ用の新品ヘッドを何点か見つけているのですが、価格が折り合わず保留にしています。
もし興味がある方がいらっしゃれば可能な限りで交渉しますので、是非当店までお問い合わせ下さい!

あと、またブログの更新が遅れない様、次回は今月中にアップする事をココに宣言します!(笑)

パーツとか | 2020/06/24 22:22

Edelblock Performer #1602

久しぶりにブログ復活!前回いつアップしたのか確認すると1ヵ月も経ってました・・・もちろん生きてます(笑)
当店もコロナの影響はしっかり受けてますが、その割に何故か非常に忙しく、気が付くと嫌な梅雨が目の前に。。。

幸い生活に困窮するほどの落ち込みは無く、ここ数ヵ月ほど6歳の次女が生まれた頃の水準で推移していて、
当時は適度に時間もあって、家庭と仕事のバランスが上手く取れてたな・・・などと少々センチメンタルになってました(笑)


さて、気を入れ直して今月から新商品の紹介などしていこうと思ってますが、
その前にちょっとレアなハーレー用アイテムが手に入ったので、先にこちらをご案内します!

こちら、Edelblockのエボリューションエンジン用シリンダーヘッド、#1602 Performerです。
Edelblockは四輪で有名ですし、特にアメ車好きの方はロゴに見覚えもあるかと思います。

同社は既にハーレーから手を引いていて、このヘッドも生産時期が短く、今では見つける事自体が非常に困難ですが、
今回はたまたま現地で発掘した出物を、カリフォルニアのロングビーチにある、Branch & O'Keefe Coでリビルト。

詳細はアップしてるレシート(価格は秘密)を見て頂くとして・・・
大まかには圧縮比を10.5:1まで上げ、JE Pistonの+0.20"専用オーバーサイズピストン(新品)、
Branchでボアアップ&ホーニング済みの純正シリンダー、AndrewsのEV59カムシャフト、
KPMI製バルブスプリングと強化バルブ、Edelblock製のマニフォールドと新品ガスケットが付属しています。
※気になるマニのガスケット類は写真の新品以外に予備を1セットお付けします。

現地でFXRに組み込む予定でしたが、路線変更により思い切って放出する事にしました。

レア度が高く価格が付け難いため、ひとまずヤフオクに出品してます。
Branchも知る人ぞ知る大御所マシンショップですし、キット内容からしても高くは無いと思いますが、
暫くして入札者が無ければ現地で処分するかも知れません。

興味がある方は家族の給付金かき集めてでもゲットして下さいね!(笑)

20200604_1.jpg

20200604_2.jpg

20200604_3.jpg

20200604_4.jpg

20200604_5.jpg

20200604_6.jpg

20200604_7.jpg

20200604_8.jpg

20200604_9.jpg

20200604_10.jpg

20200604_11.jpg

パーツとか | 2020/06/04 14:10
 | ホーム | Next »