FC2ブログ

夏期休業のご案内とBELLの新作チラっと・・・

お盆前の駆け込みブログと言う感じで、夏期休業日とBELLの新作を同時にご案内します!^^;

今のところ当店は世間一般のお盆期間中は営業予定で、17日・18日・19日あたりに夏期休暇を頂くつもりです。
※天気と家の事情により、休業期間を18日・19日・20日とさせて頂きます。申し訳ありません^^;
この期間中はストック品の出荷と各種お問い合わせの返答が遅れますので、予めご了承願います。

我が家はいつも夏休みに四国方面へ泊まりで遊びに行くのですが、子供が小さいうちにキャンプでもやろうと、
数回分の宿代で元取れるんじゃね?みたいな軽い気持ちで道具を買ったら、意外とお金が掛かって泣きそうです(笑)

なお、いわゆるお盆期間中、帰省などの際に試着や商品の直接受け渡しを希望される事もあると思いますが、
その際は必ず前日までにご連絡をお願いします。最近特に直接事務所へお越し頂いて購入されるお客様が増えましたが、
出たり入ったりも多く、商品の入荷時など、忙しい時は本当にドタバタなので、この点は改めてお願いしておきます。




さて、前回のブログでも軽く触れたBELLの2019年モデルですが、ズバリ完全な新作は写真の2種類のみです。
※画像は全てクリックで拡大しますので、興味がある方は大きな画面で見て下さいね!

ひとつ目がEliminatorという4輪用ヘルメットからインスパイアされたフルフェイスヘルメット。
ファイバーグラス製シェルのゴツっとしたデザインで、おでこにあるハトメ穴が特徴的。
SIMPSON好きの方とかにもウケそうですが・・・さて如何でしょ?価格はBullittと同程度になりそうです。

なお、Eliminatorは謎のM/Lというサイズが追加されていたり、
シールドも専用品となるので、売れ行き次第では、また在庫で悩まされる事になりそうです。。。

20180810_1.jpg

20180810_3.jpg


もう1点の新作はハーフヘルメット。Rogueほどゴツくなく、Pit Bossより重厚な・・・その名もRecon。
写真で見る限りシェルも小さそうですが、定価が$149.95と休めなので多分ポリカーボネイト製かな?
今のところマットブラックとマットオリーブの2色だけですが、これは追加で増えていきそうですね!

20180810_2.jpg

20180810_4.jpg


その他では、ここ数年ロングセラーの座を譲らないQualifierが地味目なカラーばかりに・・・

20180810_5.jpg


紫外線量でクリアからスモークレベルまで色が変わる魅惑のTransitionシールドとセットにされ、
只でさえお買い得感の薄かったQualifier DLXも全てMips仕様で更に価格アップ・・・

20180810_6.jpg


コンスタントにご注文を頂き続けているBullittは良さ気なグラフィックが追加です。

20180810_7.jpg


誰が買うねん!とツッコミがはいりまくりだったPro Starはあえなくカタログ落ちし、
Race Starがフラッグシップモデルへ昇格、右3点が2019年も継続、左3点が新色で追加され計6色に。

20180810_8.jpg


Star Mipsも殆どが居残りカラーになり、左の上2点だけが新色として新たに加わります。
なお、出荷が大幅に遅れていたSRTやSRT Modularは当然のごとく2018年と何も変わらず、
当店では余り人気のないRS-2も僅かに入れ替えがあったのみ・・・。

20180810_9.jpg


対してダートヘルメットはグラフィックが激しく入れ替わりました。
フラッグシップモデルのMoto-9 Flexは新色が7モデル追加!

20180810_10.jpg


Moto-9 MipsもFasthouseやTomac Replicaといった派手なカラーが加わり魅力的なラインナップに!

今回は画像をアップしてませんが、MX-9に至ってはマットブラック以外は全部新色。
MX-9 Adventureもマットブラックとホワイト以外が新色と、ダートヘルメットは勢いがあります!

20180810_11.jpg


で、これら2019年モデルはいつ頃手元に届くのかと言えば・・・ずばり秋も深まりつつある10月末(笑)
なので、当店のサイトに掲載するのは恐らく9月下旬ごろになると思います。

もちろんオーダー自体は受け付けていますが、EliminatorとReconは当店のストック分としても手配していますので、
出来れば現物をご紹介してから決めて頂くのがベターな気がします。Reconなら大失敗は無さそうですけど・・・。

なお、2018年で販売終了のグラフィックも暫くは『在庫限り』として価格据え置きで販売する予定ですが、
新作が届くまで種類が激減してしまうので、メーカー在庫を確認しながら逐一補充するつもりです。
一部モデル以外はグラフィックが違うだけなので、2019年モデルがイマイチ響かなかった方は是非!

スポンサーサイト
お知らせ | 2018/08/11 00:54

こんなの届きましたシリーズ!

今日はBELLの2019年カタログも届き、早速新作でもチラ見せしようと思いましたが、
半年以上お待ち頂いたTRACの特注スイングアームが入荷した喜びが勝りました(笑)

なお、当店のストック品にあるBELLで、グラフィックが廃盤になる商品は在庫限りと表記を切り替えていき、
新作のリリースが始まる頃にはセール品コーナーへ移す予定ですが、
2018年グラフィックのほうが格好良かった様な気もしますので、悩まれている方はお早めに。


それはそうとTRACです。
今年1月にお客様からご注文を頂いたものの、全然届かないので4月の渡米時にTRACまで行き、
オーナーの確約まで得て、やっと届いた商品の仕様がミスっていたという悲しいお話が前回

あれから3ヶ月、ココでは書ききれないほどの労力を駆使し、本日ようやく仕様通りの商品が到着!

ちなみに3点あるのは、無理を聞いて貰う為の手土産代わりに別のオーダーを2本入れたからです(笑)
そもそも仕様ミスったのはTRACなのに、何故かこちらが気を使ってしまう典型的な日本人。

20180806_1.jpg


お客様からご注文を頂いていたのは08-17のDyna用でパッセンジャーペグ用ステー付き。
作り込みに関しては完璧主義のTRACなので敢えて開封せずにお送りしていますが、
w/Pass Pegという文字と共に、しっかりポッコリした膨らみを確認しています!

このスイングアームは装着画像を送って頂けるので、機会を見てご紹介します。

あとの2本の内1本は同じ08-17のDyna用で純正と同じ長さのブラックパウダーコート仕上げ。
もう1本が07-18のRoad Glide用、こちらも純正と同じ長さでブラックパウダーコートです。

どちらもヤフオクで出品していますけど、例によって直接言って頂ければお安くなります。
僕はどちらかと言えば大袈裟な営業トークが苦手なタイプですが、
ことTRACのスイングアームに関しては本当に早いもの勝ちだと思います。マジで大変でしたから・・・。

20180806_2.jpg


続いてのフェアリングは、カリフォルニアにあるAir Techというカウルメーカーの商品です。

こちらは懇意にして頂いている某バイクチューナーの方からご注文を頂きました。
これまた4週間前後と聞いていた納期が2倍ほど待たされましたが、TRACに比べれば可愛いもんです・・・

業販価格なので金額は伏せさせて頂きますが、サイズの割に軽いので思ったほど送料も掛かりません。
もしご希望の商品があればジャンジャンお問い合わせ下さいね!

20180806_3.jpg


そして3点目、こちらもお客様からご依頼を頂いたBMW R nine T用のトップクランプ。
ロサンゼルス近郊のVan Nuysという街に店を構えるOshmoのオリジナルアイテムです。

BMWを専門にしているチューニングショップですが、
こういったマニアックなパーツもお問い合わせを頂ければ可能な限りお安く手配致します。

公式サイトを見る限り、お求め易い価格帯のアイテムも多いので、気になる方は是非ご一報下さい!

20180806_4.jpg


といった感じで、パーツ類もコンスタントにご注文を頂くのですが、
殆どがヘルメットを購入して頂いたお客様からのご依頼なので、車種が幅広く、僕自身も勉強になります。

TRACを引き合いに出してばかりで怒られそうですが、お客様がネットから直接オーダー出来そうな場合でも、
そこからが苦難の始まり・・・そして最後は泣きを見る・・・なんて事が未だ聞かれますので、
その辺のリスク回避に当店を使って頂ければ幸いです。脅かす訳じゃ無く、本当に手強いところも多いです(笑)

パーツとか | 2018/08/07 00:13

Speed and Strength SS1710登場!

久しぶりにSpeed and Strengthの新作が登場しました!
前モデルのSS1700から遠慮がちに10だけ増え、SS1710として新発売です。

2万円前後のモジュラーヘルメットでは、当店だとBELL Revolver Evoが比較対象になると思いますが、
後述する様に外観のサイズや重量ではSS1710が少しスリムになります。

例えばMサイズでの数値を両者で比較すると・・・
Revolver Evoが奥行き343mm、幅269mm、高さ267mm、重さ18480gなのに対し、
SS1710は奥行き358mm(+15mm)、幅260mm(-9mm)、高さ271mm(+4mm)、重さ1720g(-160g)
※SS1710の奥行きはリアダクトが8mmほど飛び出ているので実質的には+7mm程度です。

20180731_1.jpg


モジュラータイプはチンバーが開く構造上、どうしても幅広になりがちですが、
写真でも判る様に、Revolver Evoほどポッチャリ感はありません。たかが-9mm、されど-9mm。

なお、SS1710はワンシェルで全サイズ共通なのですが、Revolver EvoはLサイズからラージシェル。
奥行きと高さは大して変わりませんが、更に幅広になってしまうのでポッチャリ感もアップします。
何より重さが1900g台とヘビー級に昇格するのが痛いところ。。。
※来週にはBELLの2019年カタログが届く予定ですが、Revolver Evoは廃盤になる予感がします。

20180731_2.jpg


SS1710に話を戻しますが、リア最上段のメッシュ、ココがインテークから繋がる部分らしく、
その下の大きくシルバーに光る部分はリフレクター素材の完全なダミーです・・・^^;

また、下段の左右で上下に並んでいるメッシュ部分もダミーっぽい感じ。
ただ、最近では何百万円もする車だってダミーダクトだらけなので、そこはご愛敬?

20180731_3.jpg


内蔵のサンシールドは左側ピボット後部にあるレバーで操作します。
全開・全閉で特にカチっとしたクリック感はありませんが、不安になる様な感触でも無いです。

20180731_4.jpg


チンバーの開閉操作は前方下端の黒いベロを下げてロック解除&オープン。

先端にある曇り止め用のベンチレーションスイッチは小さなポッチを上げ下げする形状。
操作感はイマイチですが、基本的には殆どオープンしたままだと思います。

20180731_5.jpg


トップのベンチレーションはホームベース型の黒いパーツを後ろにスライドする事で開きます。
こちらはガッチリした動きで好感触。大きいのでグローブをしたままでも楽に操作できそう。

20180731_6.jpg


あと、何故かチンバーとヘルメット本体をつなぐピボットパーツ一式が予備で付属しています。
チンバーは重量もあって傷みやすい部品ですし、あれば助かると思いますけど・・・笑

20180731_7.jpg


ココだけの話、まだシールド類はリリースされてませんが(笑)、
当店でも2万円台前半と比較的お求め易い販売価格になっていますので、興味のある方は是非!

またフィット感も近日中にチェックして例のリンク先にアップしておきます!


ご注文はこちらから → Speed and Strength

Speed and Strength | 2018/08/01 00:07

そろそろ2019年モデルの季節です

毎日うだる様な暑さが続いていますが、みなさん体調は崩されていませんでしょうか?
今日、久しぶりにBuellを街中で走らせたのですが、真夏のバーベーキュー並みに後悔しました・・・

さて、そろそろ各メーカーから2019年モデルのカタログが届き始めています。
今手元にあるのはThorとFly Racingなのですが、こちらはリリース時期を見極めてアップします。

ちなみにThorはVergeが廃盤になり、Sector Mipsが新設、あとはSectorのグラフィック変更のみ。
Fly Racingに関しては雑然としていたラインナップが大幅に整理され、選びやすくなっています。
両メーカー共に全くの新作というのは無いので、現行グラフィックをご希望の際はお早めに!

あとはO'Nealも新作が発表されていますが、ココはいつも遅めのリリースなので暫く様子見です^^;
そんな中、Troy Lee Designs SE4 Polyacryliteの新作がオーダー可能でしたのでご紹介します!

ちなみにSE4 Polyacryliteは昨年登場したSE4のエントリーモデルですが、
TLDとしては比較的お求め易い価格帯で、発売からコンスタントにご注文を頂いています。

今回2019年モデルとして4グラフィックが追加されました。画像の上から順に・・・
Jet Orange/Gray, Team Edition 2 Gray, Baja Black, Metric Blackとなります。

20180723_1.jpg
20180723_2.jpg
20180723_3.jpg
20180723_4.jpg

シック目なカラーが目立ちますが、当店的にはTeam Edition 2とBajaがヒットしそうな予感。
在庫で置いてみようかと思うのですが、他メーカーも良さ気なグラフィックがあって悩み中です。

あとTroy Lee DesignsではPolyacryliteの上にSE4 Compostite、SE4 Carbonと並んでいて、
何れも日を追って新作が発表されるかと思います。でも高いんですよねぇ・・・。

なお、新グラフィックを含め、別角度からの画像などは下記リンク先からご確認頂けます。


ご注文はこちらから → Troy Lee Designs


お知らせ | 2018/07/23 23:27

BELL 2019 Spring Seasonal Line

この三連休は相当暑くなりそうですが、
ツーリング等にお出かけのみなさんは十分な休息と水分補給で事故の無いよう楽しんで下さい!

ところで先日の豪雨、本当に大きな被害が出てしまいましたね・・・。
岡山に住む僕の後輩からも、街一面が水没してしまったと悲しい報告が届きました。

お取り寄せ品をオーダー頂いたお客様にも中国地方にお住まいの方が沢山おられましたので、
確認メールをお送りしてから発送しているのですが、未だ連絡が無い方も居て心配しております。

そんな中、今の自分が出来る事と言えば募金くらいしか思いつかないのが情けないところですが、
今はオンラインで簡単に寄付が可能なので、みなさんも少しの待ち時間などでクリックしてみて下さい。

僕はヤフーIDを持っていたので、僅かですがこちらから募金させて頂きました。
例え少しの金額でも何万人と集まれば大きな力になると思います。こんな時こそネットのパワーを利用しましょう!



さて、話は変わりますが、また半年に一度のBELL Seasonal Lineが発表されました!

今回はダートが3モデル各1グラフィック、フルフェイスは2モデル全4グラフィックと少な目です。
ダート用は特に説明する事も無いのですが、フルフェイスは昨年リリースされたばかりのSRT ModularとSRT。

このSRT系の2モデル、カタログに掲載されたのは良かったのですが、実際にリリースされたのはごく最近・・・。
完全な新作だったので、何か不具合でも出たのかと勘ぐってしまいますが。。。

そんな事情から当店でも実物は未確認なので、そろそろ何点かストック品としてオーダーする予定です。
どちらも通常のグラフィックは当店のウェブサイトに掲載済みですので、興味がある方はご確認下さい。

20180714_1.jpg


なお、Seasonal Lineのオーダー締め切りは8月6日、発送は年明け2月の寒さでテンションミニマムな時期^^;
余りにも待ち時間が長いので、ぶっちゃけお客さまからのオーダーはいつも少な目です(笑)
でも、忘れた頃に、『まだ注文可能ですか?』という問い合わせが何件か必ずあります。

当店としてはSRT ModularのRSDとSRT Stealthをストックしようと思いますので、
こちらをご希望の方は年明けの入荷を待って頂き、その頃も気持ちが変わってなければご注文下さい。

20180714_2.jpg
※画像クリックで拡大します。

Moto-9 Flex Fasthouse WRWF ... 65000円
Moto-9 Mips McGrath Replica ... 41500円
MX-9 Mips Twithc Replica ... 23000円


20180714_3.jpg
※画像クリックで拡大します。

SRT Modular RSD ... 46000円
SRT Modular Presence ... 41000円


20180714_4.jpg
※画像クリックで拡大します。

SRT Vestige ... 25000円
SRT Stealth ... 25000円


金額は上記の通りです。希望される方は8月6日までに問い合わせフォームからご連絡下さい。

限定モデルとは言っても、実は通常のラインナップ品と同じ定価設定で良心的です。
そのままシレっと通常品になる事も間々ありますが、その辺はご愛敬という事で。


シーズナルラインのご注文はこちらから → お問い合わせフォーム

BELL Powersports | 2018/07/14 17:13
 | ホーム | Next »