FC2ブログ

25日まで限定のクリスマスセールを開催します!

クリスマスも近くなって来て、今年も終わりといった雰囲気が街中に漂ってきましたね。
みなさんも大切な人へのプレゼント選びは終わりましたか?

僕は子供の頃、滅多に帰って来ないオヤジにゾイド(知ってます?)が欲しいと2年連続で伝えましたが、
クリスマスの朝も音信不通で、独りおもちゃ屋のチラシを眺めた悲しい思い出しかありません(笑)

うちの娘達もサンタさん宛に希望のプレゼントを書いた手紙を出していましたが、
何でも7歳の長女がバービーの彼氏KEN(色気づいてきた?)とクローゼットのセット、
5歳の次女はアイススケートのシューズ(を強引にローラースケートへ変更させました)が欲しいとか・・・

我が家のサンタは既にUS Amazonへ手配済みなので、相当な悪さをしない限りちゃんと届くでしょう。。。



さて、ささやかながら当店でもクリスマスセールと言う名の決算セールを行いたいと思います!
この記事をアップする本日10日から25日の2週間ほど限定となりますが、
当店のウェブサイトとヤフオクで販売している『セール品』を表示価格からオール10%OFFでご提供します!

当店のセール品コーナーはこちら
ヤフオクの対象商品一覧はこちら

ヘルメットに関しては当店のサイトとヤフオクで内容に違いはありませんが、
シートなどの用品類はヤフオクでしか出品していないので是非チェックしてみて下さい。

なお、ヤフオクの出品分は手数料分を上乗せしているので、ウェブサイトからご注文頂ければ15%OFFです。
※ヤフオクで落札された場合は商品発送後に10%分を返金値引き致します。

細かい条件は以下の通りとなりますので、内容を良く理解頂いた上でご注文下さい。
その1 10%OFFの対象は当店ウェブサイト及びヤフオクで出品中のセール品のみ。
※ヤフオクの出品分を当店のサイトからご注文頂いた場合、表記価格から15%OFF。
その2 輸送中の事故や当店のミスに起因するもの以外は返品・サイズ交換不可です。
その3 表示金額は変更しませんので、お振込を希望される場合は当店からの連絡をお待ち下さい。
※代引きとクロネコwebコレクトについては当店で責任をもって割引計算します。
その4 誤って通常価格でお振込された場合は差額を返金しますが、振込手数料はご負担頂きます。

あまり細かい事は書いていないつもりですが、要は普通にセール品コーナーからご注文下されば、
しばらくお待ち頂いた後に当店から割引価格を連絡します。もちろん代引きならそのまま放置で構いません。

ヤフオクに出していたセール価格の用品類も結構あったのですが、ここ数週間でドドっと売れてしまいました・・・。
また、期間内でも新たに商品を追加する事もありますので、チョコチョコ見て貰えれば掘り出し物が出るかも!

それでは皆様の盛大なご注文、心よりお待ちしております!

スポンサーサイト
お知らせ | 2018/12/10 13:14

Corbin → Big Al's → Lucky Daves

このタイトルのメーカーってあまり共通項が無いんですけど、
どれもコンスタントにご注文を頂くので敢えて同時にご紹介しようと思います。

まず当店ではお馴染のCorbinシート。
今回は17年式のH-D ロードグライドに乗られているお客様から4点セットでのオーダーでした。

Corbin Classic Solo saddle, no heat, 2009-2018 H-D Touring models
Corbin 50s style passenger pillion, 2009-2018 H-D Touring model
Corbin Standard Ovalbac backrest
Corbin Trunk Armrest 2014+ HD Tour Pak

仕様はサンフランシスコ界隈の某ショップがインスタでアップしていたのを拝借してと・・・
全部同じ生地に見えますが、クリックで拡大すると微妙な違いに気付いて頂けると思います。

20181130_1.jpg


そして昨夜、装着された画像を頂いたので許可を得て掲載します。
うーん、漆黒のボディにばっちりマッチしていますね!!

20181130_2.jpeg


サドルバッグのガードに干渉して取付に少々手間取られた様ですが、
有りがちな問題ですので、このあたりは試行錯誤して取り付けて頂く事になります・・・^^;

20181130_3.jpeg



少し毛色が変わり、同じくサンフランシスコにあるBig Al'sのオリジナルサドルバッグキット。
前回は半年近く待たされ、届いた3点は即納でお客様の元へお送りしましたが、
今度は当店のストック分として06-17のDyna用が4点が入荷しました。

手作りのオリジナルフレームに、堅牢性と気密性の高さで一目置かれるペリカンバッグがセット!
もちろんペリカンバッグもMade in USA、逆トルクス型のスクリューでフレームにガッチリ固定されています。

20181130_4.jpg


こちらも当店を贔屓にして頂いているお客様の許可を得て装着画像をアップ!
マシンは17年式のDyna Lowrider S、ワイルドなスタイルで俳優さんかと見間違うばかりの渋さ!(笑)

こちらは基本的にポン付け可能な商品ですが、
日本国内では中々入手困難だと思いますので、興味がある方は是非!

20181130_5.jpg



で、最後が南カリフォルニアにあるLucky Davesのオリジナルシート。
上から06-17のDyna、82-00のFXR、04以降のSportster用で、3点全て当店のストックアイテムです。

Lucky Davesのシートはカリフォルニアでの装着率が半端無く(場所によっては3台に1台くらい)、
質感もLDのご近所にある超有名シートメーカー製なので間違いない出来なのです。
前述したBig Al'sがサポートするUNKNOWN Industriesのシートも同じメーカー製の筈ですね。

Lucky Davesも先月の渡米時に訪問したかったのですが、ここは無店舗営業で会う事は叶わず。
電話の声はかなり男前な雰囲気でしたけど(笑)

20181130_6.jpg

20181130_7.jpg

20181130_8.jpg


とまぁ、これからの寒い季節、ガレージのマシンを見ながら色々妄想するのに最適なパーツをご紹介してみました。
当店も気温の低下と共に懐がオサムイ感じになりますので、暖かいご注文を心よりお待ちしております(笑)

パーツとか | 2018/11/30 11:34

帰国前日は濃い1日でした。

今回の渡米は本当に時間が経つのが早かったです。
時差ボケもいつ解消されたのか気がつかないし・・・。

と言う事で金曜の朝、ここ数年お気に入りのオネエが沢山働くパンケーキ屋で朝食。
あまりご飯ネタは載せないのですが、ここは本当に美味しいのでロサンゼルスへ行った際は是非!

20181122_1.jpg


これは金曜の朝に食べたオネエ一押しの杏ソースのパンケーキ。
お尻をプリプリ振りながらサーブしてくれます(笑)

20181122_2.jpg


最近は店も増えて夜までやってるらしく、翌日のフライト前にも駆け込みで晩ご飯食べて帰りました!
でも夜はオネエが居なくて少し寂しい・・・なんてね^^;

20181122_3.jpg


朝はどこのフリーウェイも大渋滞なので、パパっと食べ終えてTRACに向かいます。
オーナー兼エンジニアのデイブには普段からかなり無理を聞いて貰っているので、
今回はホテルの近くにあった和菓子屋でワイロのどら焼きセットを買って渡しておきました(笑)

写真にチラッと写っているスイングアームはDynaの直近モデル用、ブラックパウダーコート仕様です。
当店のストック品にする予定でしたが、丁度渡米前に関東のショップさんから電話があり、
『他でオーダーした個体が全然届かないのでどうにかなりませんか・・・』との事。

今回のは希望とは少し異なり、タンデムステップペグのステーが付いていましたが、
タイミングもバッチリだったので、僕が手荷物で持ち帰り、無事に引き渡し完了!
TRACのスイングアームは最近ショップさんからの注文が続いていますが、
僅かながら業販価格も設定していますので、納期でお困りのオーナー様は遠慮なくお問い合わせ下さい。

今もお客さんのDyna用ポリッシュが1本、当店のストック用にDyna用のブラックパウダーコートを2本手配しています。
ストック分はタンデムステップペグのステー有りと無しにしていますので、興味がある方はご予約も承ります。

20181122_4.jpg


さて、TRACの次は普段から当店を贔屓にして頂いているお客様一押しのTrashin Supplyへ!
お店の前には早速新しいソフテイルがデデーンと置いてあります。

20181122_5.jpg


こちらオーナーのランス・コーリー。ナイスガイなフリースタイルMXライダー!
是非日本まで行ってスノーボードをしてみたいとの事だったので、
群馬のUさん、近い将来に彼のアテンドなんて如何ですか?(笑)

20181122_6.jpg


20181122_7.jpg





Thrashinのアイテムは日本でもかなり流通していると思いますが、
パイプはお安く提供出来そうなので、こちらも気になるモデルがあれば是非お問い合わせを!

20181122_8.jpg


お店の中は自由に見てイイよとの事だったので、出荷作業の邪魔にならない様にウロウロと・・・
このマシンはランス用だとか。シンプルな仕上がりですが、やる事が派手なのでプラマイゼロ?

20181122_9.jpg


アパレル類にも力を入れている感じで、この日もかなりの数を梱包中でした。
僕もTシャツ数枚とハンドルバー用の小さいバッグを買ってきたので、後ほどご案内します。

20181122_10.jpg


出荷用の段ボールには全部手作業でロゴが吹きつけられている懲り様。
数量的に印刷したほうが・・・と思いつつ、こういうスタイルがカリフォルニアっぽくてカッコいい!

20181122_11.jpg


オフィス兼休憩室?のようなところにはランスの使ってきたヘルメットがズラリ。

20181122_12.jpg


お店のど真ん中にはレアなDAXの輸出モデルTC70が2台?!
ガンガン乗っている雰囲気ですがどちらか1台欲しい(笑)

20181122_13.jpg


それはそうと、つい最近Thrashin近くのマリブなどで大規模な山火事が発生しましたね・・・。
去年KRAUSへ寄った後にも同じような事が起きてすごくショックだったのを覚えているのですが、
今回の火事でも数年前に行った事のあるお店が燃えてしまったりと、残念としか言い様がありません。

ランスもインスタで惨状をアップしていましたが、ただそれを見てるだけというのも歯痒いので、
せめて今回買って帰って来たTシャツをボランティア価格で提供しようと思います。

手土産代わりのつもりだったので、バッグは1点、Tシャツは各サイズ2枚(合計8枚)しかありません。
何れも送料・消費税込で確実に最安値だと思いますが、完売の際はご容赦下さい。
※決済方法はお振込のみでお願いします。

Thrashin Supply HandleBar Bag 6000円
Thrashin Supply Wheelie Pocket Tee- Black Size: M, L 各2500円
Thrashin Supply Burnout Pocket Tee - Navy Size: M, L 各2500円


お店の中をウロウロしている時、帽子に付ける様なThrashinのワッペンが無造作に置かれているのを見て、
ランスに1枚貰えない?と聞いたのですが、流石にやんわりと断られてしまいました。

突然来たアジア人に非売品のワッペンを渡すなんて、速攻でコピー品作られそうで嫌ですよね(笑)
でも店を出て車に乗った時、ランスが駆け寄って来て、さっきのワッペンを2枚僕に手渡してくれました。
こういう笑顔が素敵な優しい人たちだから、クリエイティブな商品が出来上がるんでしょうね!
ワッペンは早速近所の刺繍屋に・・・じゃ無くて、これは僕の娘達用で大切に使おうと思います。




余談ですが、近くに面白そうな店無い?という質問にランスが教えてくれたショップがこちら
看板も無く、ジャンクヤードみたいなところに強面の男が二人・・・勇気を出して入りました。

ハーレー系のパーツを作っている様で、僕が日本から来た事を伝えると、
『おうおう、それなら俺にも日本のカスタマーが居るぜ!』とインスタのページをパラパラ・・・

『エーケーエムって知ってるか?』と強面の彼。
エーケーエム・・・聞いた事あるな・・・何?横浜??

それってウチで少しサポートさせて貰ってる横浜のAKMバイクコレクションさんでは?(笑)

どうやら彼が考案したダイナ用のセパレーター付きオイルタンクをAKMの暮石氏が使ってるとか。
確かにダイナのスタントマシンについて、彼と電話で話した時そんな事言ってたなと^^;

ワールドイズスモール!!ってな感じで強面の鬼も一気に笑顔。
新しいオイルパン作ったから買ってくれと写真を撮らされましたので暮石氏いかがでしょ?

20181122_14.jpg


カリフォルニアの話 | 2018/11/22 12:56

セマショーが終わり・・・

ラスベガスから戻って来た翌日、知人の送迎役を兼ね、パームデールまでDynoのセッティングへ行きました。
前回のブログで予告したTRAC訪問はこの翌日ですね。朝から晩まで走り回って頭が混乱している様です(笑)

パームデールへはロサンゼルスからフリーウェイの405から14号と走り約1.5時間ほど。
途中、ビューポイントなる休憩場所(フリーウェイはこういう所が非常に少ないのです)で撮影。

別になんて事ない景色ですけど、水気が少ない土地だから湖とか見ると癒されるのかな?

20181117_1.jpg


お店の名前はすっかり忘れてしまいましたが、遠くアリゾナからもマシンが持ち込まれていたりと、
『知る人ぞ知る』的なショップらしいです。周囲にオフィスが多く、爆音を考慮し完全予約制。

20181117_2.jpg


店の前で開店待ちをしている時、白人のダイナ乗りがセッティングのためにやって来ました。
数日前のスワップミートやハーレーのイベントでも良く見かける定番スタイルがコレですね!

ヘルメットはUS SIMPSONのOutlawかGhost Bandit、BELL Starが圧倒的に多い気がします。
このお兄さんもヘルメットはBELL Star。マシンもThrashinのTバーとパイプに、
Lucky Davesのシート、OHLINSのサス、Lyndallのブレーキなんて感じでした。

20181117_4.jpg


それほど急いでいる訳でも無かったので、先に順番を譲り、お兄さんのセッティング見学。

エンジン自体は調子良さそうでしたけど、何やらステムベアリングがおかしいとか言われて、
急遽お隣の整備工場でメンテとなり、さっきまでとは天と地ほど、もう漫画級に落ち込むお兄さん^^;

20181117_3.jpg


そうそう、ダイナで思い出しましたが、丁度この日の夜、日本にBig Al'sのダイナ用サドルバッグが3セット到着。
これは全て予約分で完売でしたが、最も長くお待ち頂いたお客さんで6ヶ月待ち(T_T)

20181117_5.jpg

ただ、このバッグ、色んな意味で入手困難な一品ゆえ、みなさんひたすらお待ち頂きました。
申し訳ないの一言でしたが、Big Al'sのオリジナル商品なので待つ以外に方法が無いのです。。。

そして完全に偶然ですが、渡米中にオーダーしていた残り5セットも近日中に出荷との連絡が!
色々とコストが掛かり値上げせざるを得ない状況ですが、興味がある方はお早めにご連絡下さい。

手に入れるのが難しいのと、仮に手配出来ても在庫が無いとひたすら待たされます!

20181117_6.jpg


とまぁ、この日は時間に追われる事も無く、カリフォルニアっぽいスローな動きで1日が終わりました。
翌日は間違いなくTRACへ引き取り、そして今日もチラッと登場したThrashin Supplyへ向かいます!

つづく

カリフォルニアの話 | 2018/11/17 20:56

初めてのSEMA Show

ロングビーチのスワップミート、Cook's Cornerへのプチツーリングを終えた翌日、
一度は行って見るかとセマショーを見にラスベガスへ向かいました。
さすがに今回は車ですが、アリゾナへ行ってから300マイルくらいは何も感じない体に(笑)

昼過ぎにロサンゼルスを出て、チョコチョコ寄り道しつつ夕方にホテルへチェックイン。
ショーは翌日からなので、いつもの様にカジノで安いレートのスロットマシンを・・・
今回も差し引き100ドルくらいの勝ちで満足してしまう貧乏性の僕なのでした^^;

時差ボケも残るなか、翌日は早起きしてモノレールでコンベンションセンターへ向かいます!
渡米前にも書きましたが、セマショーは基本的に業者向けの展示会なので、
日本のモーターショーの様に、一般の方が普通に行って入れる感じではありません。

ただ、展示されているマシンなどは見応えがあるものなので、
今回は画像から何となく雰囲気だけでも感じて貰えれば幸いです。

20181113_1.jpg

20181113_2.jpg

20181113_3.jpg


新しいラングラー、僕も欲しいです(笑)

20181113_4.jpg

20181113_5.jpg

20181113_6.jpg

20181113_7.jpg

20181113_8.jpg


もちろん日本のタイヤメーカーや有名どころのパーツ屋さんも出展しているのですが、
目を引いたのは台湾や韓国、中国などの小さなファクトリーが沢山ブースを出していた事です。

見た限り目新しいデザインや商品といった感じでは無かったですが、
同じアジア圏として勢いで負けてる感があるのは正直残念でした・・・。

20181113_9.jpg


PPGやHouse of Kolorといったペイント関係も人気のブース。
SchultzdesignzもBELLヘルメットにペイントの実演をしてた様ですが、全然気づきませんでした。
なにせ会場が広すぎて、とにかく1日で雰囲気を味わおうと時速7kmくらいで歩いてたせいでしょう(笑)

20181113_10.jpg

20181113_11.jpg

20181113_12.jpg


屋外スペースにもズラリとカスタムマシンが並んでいて、
フォードF-150のHarley-Davidson仕様なんかは日本でも欲しい人居るはずですよね。

20181113_13.jpg

20181113_14.jpg


個人的に目を惹いたのが、日本のペイント職人さんがエングレービングで仕上げたインパラ。
これには外国人もサインの列にズラッと並ぶ盛況ぶりで、同じ日本人として嬉しい限り!

20181113_15.jpg


会場では多くのブースで写真の様なエコバッグとランヤードが貰えます。
良く見るとメーカー毎でコストの掛け方が違って資金力の差が垣間見えます(笑)
ステッカーやちょっとした小物を配りまくる太っ腹なところもチラホラ。

まだ画像は沢山あるのですが、4輪メインの見学半分だったのでこの程度にしておきます。

20181113_16.jpg


おまけの画像はホテル内のモールにある、妙にリアルな青空の天井。
夜なのに昼間に感じる気持ち悪さ。時間の感覚も狂ったままなのでホントに酔いそうでした。

20181113_17.jpg


翌日は朝チェックアウトをしてご飯を食べ、そのまま駆け足でロサンゼルスへ戻りました。
なぜなら・・・折角なので本場のハロウィンを見学したかったから(笑)

薄暗い時間でイイ写真が少ないですが、殆どの家(地区によります)で写真の様な飾り付けをしていて、
お化け屋敷風の大層なセットを組んでいる家もあったり、行事としての重要度はかなりのものだと感じます。


20181113_18.jpg


当然大人が騒ぐなんて事は一切なく・・・日本でもシッカリ勉強してから真似して欲しいですね(笑)

20181113_19.jpg


なんて感じでアッと言う間に4日間が過ぎ去ってしまいました。
翌日はTRACへの再訪と商品の引き取りに向かいます!

つづく

カリフォルニアの話 | 2018/11/13 13:25
 | ホーム | Next »