渡米中におけるストック品の出荷に関して

先日ブログでお伝えした様に、12日夜から20日までカリフォルニアへ行ってまいります!
そのため、当店のストック品については12日15時決済確定分までが即日発送可能となります。

なお、渡米時のアリゾナ滞在中はストック品の出荷をお休みさせて頂く事になりましたので、
日本時間の14-16日までのご注文分は火曜日から順次発送となります。
※その際も時差の関係で1-2日ほど遅れが出る可能性もございます。

例外としてAmazon経由でご注文頂いた商品は通常通り発送致しますが、
販売価格が割高になっていますので、お急ぎでなければ当店のサイトからご注文下さい。

また、その他のお問い合わせや見積り等も時間が掛かる事が考えられますので、
ご迷惑をお掛けしますが、帰国後の20日以降にお願い出来れば助かります。


あと、ご案内ついでにもうひとつ。

この派手なGhost Bandit Revolt、400個限定で数日前にリリースされたばかりなのですが、
明日にも各サイズ何個か当店に入荷する見込みです。

出国準備もあり、入荷してからでは時間が無いため、今夜中にはサイトに掲載しますので、
興味があれば是非ご検討下さい。※前述の通り発送は週明け以降となります。

限定という事で少し値段も上げようかと思いましたが、
米国での定価は同じなので他グラフィックと同じ価格でご提供します!

限定品ゆえサイズ交換・返品不可ですが、フィット感も国内ブランドと大差ありませんので、
ゴールデンウィークに目立ちたい方におススメの一品です(笑)


20180411_1.jpg

スポンサーサイト
お知らせ | 2018/04/11 10:34

Big Al's Cycles Dyna Saddle Bag Kit

このワイルドなサドルバッグ、昨年秋に訪問したBig Al's Cycleの商品なのですが、
恐らく国内で扱っているところは少ないのでは無いでしょうか?

え?もちろん当店では取り扱い可能です!

20180407_6.jpg


ツウな方は見ただけでお判りかと思いますが、バッグ自体はPelicanのハードケースを使用しています。
Pelicanのバッグなどは当店でも何点か販売していますが、これもまたコンスタントにご注文を頂く人気ブランド。

ハードケースに似た質感で塗装されたフレームに収まり、良い雰囲気を醸し出しています。

20180407_7.jpg


そのサドルバッグ、目敏いお客様から早速ご注文を頂きました!
例の如く数週間ほど待ち続け、Pelicanの段ボールに少々強引な形で入れられ到着。

高額商品ですので、慎重に検品開始・・・。
付属品が妙に少ない気がしましたが、最終的にはこれで問題ありませんでした(笑)

20180407_1.jpg


車体側の取付部分はこんな感じです。

20180407_2.jpg


Pelicanのバッグは1430 Protector Top Loader Caseというモデルで、
詳細はコチラから確認して頂けます。

内寸は約340x140x290(mm)といったところですが、見た目より容量は少ないとの事でした。
このバッグ自体は単体で安く手に入りますので、破損した場合でも心配無用です。

20180407_3.jpg


取説も一応ついてはいますが・・・コピーし過ぎで辛うじて判読出来るレベル(笑)

20180407_4.jpg


あとはハーレー純正のステー2本とトルクススクリューが4本ほど。
意外なところでMade in U.S.A.をアピールしてますが、基本的に全てアメリカ製です。

20180407_5.jpg


こちらのバッグ、早速何件かのオファーがあり、某ディーラー様からもご注文を頂きました。
ただ、納期が非常に流動的(手造りなのが理由だとか・・・)なので、
ご希望の際は最低でも4週間、場合によってはその倍ほど見て貰えれば助かります。

納期が異常に長い商品などは、僕がオーダーを忘れているんじゃないのと思われがちですが、
本当に信じられないくらい適当なので、この手の商品に関しては当分胃薬が手放せそうにありません・・・

パーツとか | 2018/04/08 19:24

ちょっとアリゾナへ行ってきます

もう3月も終わりですね・・・事務所の前でも桜が綺麗に咲いています。
ところで4月12日から1週間ほど渡米するのですが、
今回はアリゾナで開催される、その名も『アリゾナバイクウィーク』へ行ってこようと思います!

もちろんマシンはハーレーダビッドソンのロードグライド!当然レンタル(笑)
だいたいロサンゼルスから400マイル、延々走って6時間くらいだそうで・・・
密かに人生初ハーレーなのに、到着翌日から時差ボケでアリゾナ行きとか大丈夫なの?

それはそうと、アメリカのバイク(ハーレー)イベントと言えば、
似非ハーレー乗りの僕でも知ってるスタージスですよね!

さすがにサウスダコタまでの1300マイルは死んでしまいそうですが、
少し調べてみたところ、東だとデイトナ、西なら今回のアリゾナという感じらしいので、
今回のイベント、ペーペーの僕にはちょうどイイ苦行になると思います(笑)

取り敢えず月曜にはカリフォルニアへ戻ってくる予定なのですが、
もしかしたらアリゾナ滞在中の4日は在庫品の発送や問い合わせをストップするかも知れません。
※ハーレーにPC積んで行ったら壊れそうなので・・・^^;

実際イベントで何する訳でも無いんですけど、昨年の秋も小さなハーレーイベントを2箇所ほど回ったので、
それとはまた違った雰囲気を味わい、僕のアメリカ感を増幅させたいと思ってます。
アリゾナ通の方、お勧めの場所とかお土産あったら教えて下さい!

そういえば先日、死ぬまでに一度やってみたかったパンチパーマに挑戦したのですが、
思ってた以上に似合ってしまい(メキシカン風)、逆に恥ずかしいシチュエーションに陥っています・・・
※幼稚園のママ達からもネガディブな意見ゼロで、園長先生には褒められてしまいました(笑)

またアリゾナでロードグライドとパンチパーマのコラボ写真を撮って来ますので、
ささやかな楽しみにしてて下さいね!全然興味無いと思いますけど。

お知らせ | 2018/03/29 22:19

Westcoast Tbarなんて如何でしょ?

去年の秋、サンフランシスコ界隈のハーレー系ショップを回った話は以前ブログでもお知らせしましたが、
その際に時間の都合で行けなかったハンドルバー屋が、今回ご紹介するWestcoast Tbarです。

また機会があればSHOPへ行こうと思っていたのですが、たまたま先日お客様からオーダーを頂いたので、
せっかくのタイミングだという事で当店でも2本だけオーダーしてみました。

どちらもWestcoast Tbarがお勧めしてくれた商品で・・・

上に見える、脚が曲がったタイプが2015年以降のRoad Grideに合う12インチのMX TBar。
WCB1232 Westcoast Tbar 12 inch MX-Tbars Powdercoat Black (RG15)
43500円(送料・消費税込)

で、下のストレートタイプがDyna等に合う汎用性のある10インチのMX Tbarです。
WC222 Westcoast Tbar 10 inch MX-Tbars Powdercoat Black
40000円(送料・消費税込)

商品の詳細は商品名をクリックして頂ければ公式サイトで確認出来るのですが、
書いてる事が良く判らないという方はメールにてお問い合わせを。

この2本は近日中にヤフオクへ出品予定ですが、その際は上記価格に手数料分を上乗せしますので、
出来るだけ安くゲットしたいという方はお早めにご連絡下さい。

20180321_1.jpg

20180321_2.jpg

20180321_3.jpg

20180321_4.jpg


ちなみにWCB1232のRoad Gride用は12インチまでならストックのワイヤー類が使える様です。
お客様から教えて貰いました(笑)




もちろん公式サイトに掲載されている商品は全てオーダー可能です。
今回の場合で約4週間ほど掛かりましたが、例によって納期には余裕を持ってご注文下さい。

パーツとか | 2018/03/21 21:13

All-New ICON Airflite Quicksilver

久しぶりの新作ヘルメット、ICON Airfliteが届いたのでご紹介します!
Airmadaと同じポリカーボネイト製シェル、だけどデザインは上位のAirframe Pro風、
そしてインナーシールド内蔵、何だか位置づけが難しいモデルです(笑)

今のところグラフィックも4パターン全6色、ソリッドが全3色と少な目のラインナップですが、
今回届いたのはAirframe ProやVariantでも追加されたQuicksilverというカラーです。
カタログ等ではマットに見えますが、実際は傷が入ったメタリック調で斬新ですよ!

またAirfliteで目を惹くのはシールド形状で、尖った先端がチンバー下まで回り込んでいます。
クリアシールドだと判り難いのですが、正面から見るとバイザーを外したオフメットっぽいかな?

20180316_1.jpg


でも横からはエッジの効いた精悍なシルエットなのです。

20180316_2.jpg


インナーシールドの開閉レバー周りはサイドカバーと一体感を持たせたデザイン。
スモーク調リアスポイラーの位置が低い事からも、どちらかと言えば前傾姿勢向きなのかな。

20180316_3.jpg


シールド上部の開閉式ベンチレーションも縦長で、正面から見ても幅を感じさせません。
個人的にはAirframe Proの『麻呂眉』っぽいベンチレーションより全然イイと思います^^;

そこから入ったエアは2本のダクトを通ってリアに排出されます。
いわゆるツインチャンネルってやつ。

20180316_4.jpg


大きく凹ませたネックロール後端のデザインはAirframe Proと通じるものがあります。

20180316_5.jpg


また、チンバー先端のベンチレーションは内側から2段階に開閉可能で、
1段でシールド内側にエアを送り、2段開けると口元にも風が入る様に見えます。

下の写真だと、ICONロゴ下にある細長い穴が2段目で開く部分、
レバーはチンカーテンに隠れて見えませんが、下側の穴をスライドする感じで取り付けられてます。

20180316_7.jpg


前述した変わった形のシールドは最近増えつつあるセンターでロックするタイプ。
これだと開ける際にシールドがたわむ事も無く、今後は主流になる様な気がします。

ロック部分はシールド内側の小さな爪がダクト部分に噛む簡単な構造で、
細かい性格の僕は、そのうちロック部分が緩んできそうで落ち着かないかな(笑)

20180316_8.jpg


そのシールドの着脱方法ですが・・・

まず上下2か所で止まっているサイドプレートを引っ張って外します。
ヘルメット側の受けは金属で、固すぎず柔らかすぎずイイ感触で取り外せるのがGood!

そうするとシールドが更に一段上がるので、そのまま最後まで引き上げ、
ベースプレートの凸部とシールドの切り欠けを合わせて外側に広げると簡単に外れます。

写真でも判る通り、サイドプレート裏に細いピンが打ってあり、
プレートを付けている時はシールドのストッパーになっています。
良く考えられてますが、サイドプレートを外して使う事は出来ませんね。(僕は外してしまうタイプ)

20180316_6.jpg


なお、今回入荷した個体はXLサイズでしたが、各部の計測値と重量は以下の通りでした。
Airflite Size:XL 奥行381mm 幅271mm 高さ275mm 重量1750g

比較対象として他の3モデルも・・・
Airframe Pro Size:XL 奥行370mm 幅265mm 高さ280mm 重量1630g
Airmada Size:XL 奥行351mm 幅267mm 高さ274mm 重量1758g
Alliance GT Size:XL 奥行346mm 幅274mm 高さ276mm 重量1736g

Airfliteの奥行きが長めなのはリアウイングが20mmくらい飛び出るためで、
実質的にはAirmadaと殆ど同じスペックだとお考え下さい。

僕も新しいヘルメットを来月のアリゾナ行きに合わせて探していたところで、
箱から出した瞬間はAirfliteで決まりだなと密かに盛り上がっていたのですが・・・
デザイン以外はAirmadaと似てるし、だったら麻呂眉のAirframe Proのほうがいいかな?


ご注文はこちらから → ICON Helmet


ICON | 2018/03/16 19:48
 | ホーム | Next »